職場で上司ウケがいい女性の特徴

最終更新日:2016年2月21日

働く女性にとって人間関係はとても重要です。

特に上司からの評価は社会生活で動脈と言っても過言ではありません。

「なんであの子が上司ウケいいの?」という人あなたの周りにいると思います。

同じ仕事をしていても何の違いがあるのか分からない場合もあるでしょう。

ではどのようにしたら上司に好かれるようになるのでしょうか。

職場で上司ウケがいい女性とは一体どのような人でしょう。

1.女性ならば気配り

特に男性上司はこの「気配り」がある女性部下を好みます。

仕事もバリバリというわけではないけれど、なんだか上司ウケがいいっていう人いませんか?その答えは「気配り上手」が大きく関係しているのです。

自分の仕事を完璧にこなす事は確かに当たり前ですね。

しかし、それだけでは上司は満足しません。

気配りの例としてコピーの場面を思い出してみて下さい。

自分がコピーをしているときに、上司が資料をコピーしに来ました。

その時あなたはどう対応しますか?「終わりました、次どうぞ」では上司はガッカリするでしょう。

コピーをしている間でも、「一緒にコピーしておきますよ。何部必要ですか?」とちょっとした雑用を引き受けてみてください。

それだけで上司はあなたを見る目が変わってきます。

またオフィス内の整理整頓やデスクなどを拭いてみてください。

「自分の仕事だけしてたらいいじゃない」と思う人もいると思います。

ただ上司は日々仕事に追われている人です。

ちょっとした雑用でも手伝ってくれる人がいると助かります。

女性も男性並みに働くようになっている現代社会。

だからこそこの女性特有の「気配り」が魅力的に映るのです。


2.言葉遣いはソフトに優しく

実は言葉遣いで人柄が見えてくるものです。

上司が嫌がる女性部下の特徴のランキングで決まって入る事があります。

「言葉がキツイ部下」です。

例えばとても忙しいときに上司に雑用を言われました。

その時あなたはどう答えるか思い出してみてください。

もしそこで「忙しいので無理です」「自分でやってください」など言ったとします。

そうすれば上司はどのような印象を持つか、イメージがつきますよね。

断らなければいけないのであれば「申し訳ありませんが・・・」と言葉の最初につけてください。

それも優しくソフトに言う事が必要です。

何か仕事を頼む時も「お忙しいところすみません」などととソフトに頼んでみてください。

言葉の雰囲気を一つ一つソフトにすることだけで上司ウケは格段に上がるでしょう。

だれでもキツくいわれると、関わりたくないと思いますからね。


3.上司の性格を見極めた対応を心がける

上司の性格で部下の職場環境はかなり左右されます。

人事異動でどんな人が来るか3月4月はハラハラするのではないでしょうか。

ですので上司の性格をきちんと見極めることはとても重要ですのです。

オフィスで生き残る為の最も重要な術だと言っても過言ではありません。

例えば感情の起伏が激しい上司がいます。

そういう上司には機嫌が悪いときはなるべく仕事を頼まないなどです。

そっとしておきましょう。

ワンマンな性格の上司の場合は、「あなたを尊敬しています」という態度で接していきます。

仕事一つ一つも「勉強になります」と教わる姿勢を忘れずに。

ワンマン上司はプライドが高いので自分を立ててくれる部下を好みます。

優しすぎる上司の場合は、他の人に好かれます。

ただ逆に周囲が「まぁいいか」の状態になり、上司という存在が無くなる可能性も。

そういう上司だからこそ、気を配ってください。

グッと評価が上がる可能性大ですよ。


4.女性は愛嬌

やはり何よりも愛嬌があることが大切です。

仕事も勿論ですが、周りにも優しく接することができる女性は特に好かれます。

笑顔で挨拶、それだけで評価は上がります。

オフィスでピリピリした人に近づきたいと思いませんよね。

やはり愛嬌がある人や壁がない人が上司は勿論、周りからのウケがいいのです。

「男は度胸、女は愛嬌」と言われます。

仕事がバリバリできる女性は確かにカッコいいですし、評価も高いです。

しかしそれ以上に愛嬌があるだけで、上司ウケがもっと良くなります。

厳しい社会で生き残る為にはこの愛嬌はとても重要ですのです。

「上司に媚びてるようで嫌だ」という人もいるかもしれません。

しかし会社は周囲とのコミュニケーションがとても重要です。

例えば職場に一人ツンツンしている人がいたらどうでしょう?それだけで職場の雰囲気が悪くなりますよね。

ですので周りとの調和を大切にできる愛嬌のある女性が好かれるのです。

上司に好かれる女性は女性らしさがある

やはり上司ウケが良くなるには、女性特有の対応が求められます。

男も女も仕事となれば同じ土俵に立つ時代。

男並みに仕事をする女性も随分増えてきました。

ただその分、女性らしさがオフィスで見えたとき、魅力的に輝くに違い有りません。

女性の気配り、愛嬌は誰が見ても素敵なことですよ。

明日から実践してみることをオススメします。