老け顔の特徴とは。若いのに年齢より老けて見られる顔

最終更新日:2016年3月14日

年齢を気にする女性にとって、老け顔に見られてしまうことは一番嫌なことでしょう。

しかし自分では気づかないうちに老け顔になっていたり、老け顔に見られる特徴を持っている場合もあります。

どんな女性の顔が老け顔に見られてしまうのかご紹介します。

1.シワやホウレイ線が目立っている

目尻のしわやホウレイ線が目立つのは、老け顔に見られてしまう特徴の一つ。

笑った時にだけ出るのではなくて、無表情の時にもそのシワやホウレイ線が目立っている場合には、改善が必要でしょう。

笑った時にこういった表情が見られるのはごく自然なことです。

ただ、老け顔に見える特徴は何もしていない時に現れてしまっていることです。

シワやホウレイ線が目立つ原因の多くは、肌の乾燥によるもの。

十分な保湿が出来ていなく、メイクが笑った時に崩れてしまったり、線が入ってしまったりと、老け顔を加速させてしまいます。

メイクをする前には十分な保湿をしてあげること、また日々顔のマッサージを行うことで、こうした問題は徐々に解決出来ます。

女性はメイクの為にこうしたしわ、ホウレイ線が目立つ傾向にある為、お昼時間には鏡をチェックしたり、メイク直しをするなどして気を付けるべきです。


2.シミそばかすが多い顔

シワやホウレイ線と同様、長年蓄積されたメラニンによって出来たシミやそばかすも老け顔に見られてしまう特徴の一つ。

日焼け止めをしなかったり、美白ケアをしてしなかった場合、ある程度の年齢になってから急に出てくることがあります。

濃くなってしまうとメイクだけではカバーできず、中には老人のような老け顔に見えてしまうことも。

シミやそばかすが増えてきたなと感じたら、美白化粧品を用いてみたり、食生活を見直したりと、根本的な改善が必要となるでしょう。

近年ではレーザーなどで除去しなくても、美白化粧品だけでもかなりケア出来るものです。

これによって老け顔に見られてしまっている人は、一度試してみるのも良いでしょう。


3.頬がこけていたり、くすんでいる

若々しい肌を演出しても、頬がこけてしまっていたり、くすんでいると老け顔のままです。

苦労している感じが表に出ていると感じられたり、疲れてもいないのにどこか疲れているように見えるのも、頬の状態が大きく関係しています。

頬がこけているだけで痩せた印象を与えますが、キレイに痩せたという印象ではなく、痩せこけてしまったという印象。

まるで栄養失調のようだったり、気力がなく感じてしまったりと、表情から若々しさが薄れてしまいます。

頬がこけているせいで、笑っても貧相に見えてしまうこともあり、女性の場合は少し頬がふっくらしているくらいが若々しく思われるでしょう。

骨格上、どうしてもこけて見える場合には、チークを上手く利用したり、頬にハリを出させるなどの工夫が必要です。

顔の大半を占める頬の印象は大きく、老け顔に見える人の多くは、この頬がこけている、もしくはくすんでいる場合が多いです。


4.メイクが昔のままの女性

昔流行ったメイクをいまだにしているという女性も、老け顔に見られてしまう女性の特徴。

その時のメイクを気に入っているケースや、それ以外のメイク法が分からないというケースがありますが、一昔前のメイクのままでは老け顔になって見えます。

例えば20代で流行ったメイクを30代になってもしている場合、時代遅れのような印象を与えてしまうと共に、年齢に差が生じている為違和感を感じさせてしまうことに。

年齢にあったメイクをすること、今どういったメイクが主流なのか情報を得るだけでも、かなり見た目の印象を変えることが出来るでしょう。


5.顔の一部として髪の毛にも目がいく

老け顔に見られる原因の一つに、顔の一部として見られる髪の状態の悪化もあります。

人は顔を見る時に無意識に髪の毛も視界に入っているもの。

髪の毛がパサついていたり痛んでいたり、薄くなってしまっていると、少し老けた印象を与えてしまいます。

いくら顔をメンテナンスしていても、髪がこの状態では台無しです。

パサついた髪の毛を手入れしてあげたり、きちんとまとめてあげるだけでもかなり印象は変わるものです。

また、根元の色と毛先の色では大きな違いがあるというパターンも老けて見えます。

顔だけではなく、顔を見る時に視界に入る髪の毛も大事なパーツです。


6.笑顔の少ない表情の乏しい顔

常に表情が乏しい場合や険しい顔をしていることが多いと、自ずとそれが表情に形成されていきます。

口角が下がっていったり、目が垂れてきてしまったりと、ハリがなくなることで老け顔になってしまいます。

笑ったり怒ったりと表情に変化がないことで顔に筋肉がない状態。

それによってだらしなくしまりのない顔に見えてしまいます。

出来るだけ生活の中で表情を豊かにすることや、鏡の前で顔をストレッチしてみるなど、顔の筋肉を動かしてあげることが大切でしょう。

老け顔の特徴を知って対策しよう

老け顔に見られてしまうのは、女性にとって大きなダメージです。

男性は年齢を重ねるたびそれが良い素材となり、若々しく見られることもありますが、女性はその逆。

シミやシワといった顔のトラブルを始め、表情によって作り出された顔のパーツやメイクによって老けて見られてしまいます。

ケアが必要な場合にはケアを、筋肉が必要な時は表情に気を付けて、老け顔から卒業しましょう。