友達以上恋人未満になってしまう女性の特徴。男性と恋にと関係になろう

最終更新日:2016年2月21日

友達や人間関係は人並みに築けるのに恋人が出来ないという方は少なくないと思います。

「何がいけなかったのだろう?」と思うかも知れませんが、意外なところで女性として不利な選択をしているからなのかも知れません。
友達以上恋人未満と言われてしまうあなたも特徴に当てはまっていないかチェックしてみてはいかがでしょうか。

1.中途半端に心を開いている

友達として過ごす時間が長かったせいか、女性と男性の異性としての境界線を「まぁいいか」「大丈夫だ」などと中途半端にしてしまいます。
お互いが異性の相手だと意識していなくとも女性の方が「自分たちは異性の仲だ」という気持ちを保てば友達として会う機会もデートという感覚を持って過ごす事が出来ます。

自分が女性としての意識を持たず勘違いした心の開き方をすると相手の意識も下げ、自然と雰囲気が「友達」になっています。

曖昧なまま時間を過ごしていくうちに友情以上の出来事が起きても男性の方が「でも親友みたいなものだから」と思われてしまいます。

いつでも会ってしまったり、遅くまで一緒にいてしまったり結果的には都合の良いようにされてしまいます。


2.男ノリになっている

これは人によって様々ですが、清楚な一面を全く感じない(下品な発言が多い)、ついつい笑いをとろうとしてしまう、さらけ出して話してしまうなど「女だからこれは恥ずかしい」という気持ちが見えないようなまさに男友達と一緒にいるような感覚にさせてしまう女性です。

こういう女性は男性は一緒にいると楽しいと感じるので友達として好まれます。
しかし男友達が増えるほど男ノリが強くなってしまいますから友達以上恋人未満の男性ばかり増えていきます。

好きになっていない時は自分を女性として見てもらいたいという想いより、一緒に楽しく過ごしたいという想いが大きいのでしょう。
そうしているうちに相手の好意が友情として定着していきます。


3.表現が少ない、新鮮さに欠ける

奥手とも言えますが、気になる男性にアピールが少ない人の事です。

モテる女性は自然に男性にスキンシップが出来たり、自分で出来る事も相手に頼んでみたりします。
あざといのではなく、自分が求めている事や相手を必要としている事を些細な日常の中でも上手く伝えているという事です。

こういう機会があると自分の事を知ってもらう事が出来ますね。
よく話す人こそ手が触れたりすると記憶に残って後から思い出したりします。

新鮮さというのは単純にドキッとするかどうかです。

ドキドキすると友達の関係でも異性である事を意識し直す事が出来ます。
服装や髪型も表現の一つで、いつも私服で会う男友達がスーツ姿で働いている姿を見ると新鮮で少しドキッとするように、見た目に変化をつけるといつもとは違う姿が新しい印象を与えてくれます。

友達としては上手くいっていたのに恋には全く発展しない場合は友達から恋愛対象へとイメージを変える機会を普段から逃しています。


4.しっかりし過ぎている

友達以上恋人未満と言われてしまう女性に最も多い特徴ではないでしょうか。

具体的に言うと「仕事が出来る」「面倒見が良い」「リーダーシップがある」というような方です。

男性は基本的に女性の前ではかっこよくいたいものですし、頼られたいと思っています。
なので女性のいつもは見せない弱い部分を見た時や、わからなくても一生懸命自分のために努力している姿を見た時に「かわいい」「気になる」と心が動いてしまうのではないでしょうか。

しっかりしている女性は男性から見ると隙が無い=自分が入る余地が無いという印象に感じられ、恋愛に発展する感情を感じにくいのかもしれません。


5.相談される事が多い

相談される機会が多いという事は言いかえると自分の悩みを話す機会を逃している事にもなります。

相談を受けているうちに「この人はいつも自分の悩みを聞いてくれる、解決してくれる」と思われ、何でも話す関係になれる分友達以上の中にはなれるでしょう。

しかし男性が異性の前で考える「かっこつけたい理想自分」を見せる相手では無くなってしまいます。
つまり異性という目で見られなくなってしまいます。

それに加えて自分の悩みを相談する機会が少ないとなると、女性の繊細な一面や心の弱い部分を伝える事も出来ないので非常にマイナスです。
相談してくれる気持ちに答えようとする誠意や愛情が自分が素直になる機会を遠ざけてしまっています