彼氏にイライラしてしまう時の対処法。冷静になって原因を探ろう

最終更新日:2016年4月12日

好きで付き合った彼氏だけれど、なんか一緒にいてイライラしてしまう。という経験ありますよね。
そんな時に自分のイライラ心に任せて、彼にイライラをぶつけてしまっては、もしあなたに何か理由があったとしても彼は八つ当たりをされたように感じてしまうでしょう。
そうなるとケンカになったり、ぎくしゃくしたりして良いことはありません。
そうならない為に、彼にイライラしてしまう時の対処法を心に留めておきましょう。

1.冷静になる

何よりも一番にすべきことは、冷静になることです。
イライラというのは押さえなければ募る一方なので、まず冷静にならなければなりません。

冷静になることで、イライラの原因とその対策を打つことができるようになります。

2.イライラの原因を考える

冷静になれたら、今、自分がイライラしていた原因を考えましょう。
原因はイライラする直前の彼の発言でしょうか。彼の態度でしょうか、その日以前から彼に感じていたことの積み重ねでしょうか、
その原因を考えてみましょう。

彼の発言や態度がすごく感じが悪いものでイライラしても仕方無いものなのか、それとも冷静になれば、そこまで怒るような事じゃなかったな。と思うようなことなのか、少し考えてみましょう。
あなたがイライラしても仕方無いような、発言や態度だったなら、彼が憶えているうちに彼に伝えましょう。

怒りをぶつけるという事ではなく、出来るだけ冷静に、あなたが嫌だと感じた事を伝えましょう。

原因がはっきりしているなら、彼が忘れた頃に振り返って言い出すよりも、その時に伝えるほうが彼にあなたの気持ちが伝わりやすいはずです。

もしも、その嫌だったことを彼に話せない為にイライラしてしまうのなら、それはずっとあなたが我慢していくのか、それとも勇気を出して話してみるのか、あなた自身が決めないことにはイライラは解消されないでしょう。

3.自分の気持ちの状態を振り返る

もしも、イライラの原因が、実際はそこまでイライラするような内容ではないと感じた時は、自分自身の状態に目を向けましょう。
イライラする前のあなたの状態はどんな感じでしたか?

なんだか調子が悪かったりしませんでしたか?女性は生理周期などでも気持ちがイライラしやすい状態になる時があります。

もしも、自分が確かに今はイライラしやすい時期だな。と感じたら、深呼吸をしてできる限りイライラを沈めましょう。それでもイライラを出してしまいそうだったら彼に「今日は私、イライラしやすいかも。ごめんね」と伝えてみましょう。

彼からしても、なんだか不機嫌で、嫌な態度をとられているよりずっといいし、彼も穏やかに接してくれるはずです。
そんな時もある。という事を彼に分かってもらうというのも大切なことです。

4.自分と相手の態度を振り返る

自分がイライラしている時に、自分はイライラを抑えているつもりでも、実際には態度や口調に出てしまっていることがあります。
その態度や口調を相手も感じ、お互いがあまり気持ちが良くない状態で一緒にいる事で、あなたがイライラを募らせている場合もあるので、その場合はもしかしたらお互いにイライラしているのかもしれません。

振り返ってみて、あなたはイライラを態度に出してしまっていたけど、彼はあなたのイライラを抑えようとしてくれていたり、いつも通りに接してくれていたとしたら、彼の優しさを感じませんか。

そう思うと、少し穏やかな気持ちになりませんか。

5.自分がどうしたいのか考える

冷静になり、イライラの原因を考えて、自分の状態も悪くなくて、相手と自分の態度を振り返って、それでもやっぱりまだイライラしていたら、自分はどうしたいのか考えましょう。
彼に何かを言いたいのか、話合いたいのか、今日は一緒にいたくないのか、イライラしてても一緒にいたいのか。
それを考えて、行動に移しましょう。

ただイライラして、それを相手のせいにして、自分が我慢しているようなつもりでいても、相手には何も伝わらないからです。
それならば、伝えたいことを伝えるなり、一緒にいたくないなら帰るなりしたほうがお互いの為にはいいはずです。それであなたのイライラが鎮まるならばその為に行動に移したほうがいいと思います。

その行動をとることがあなたのイライラ対処法になるはずです。

イライラを解消して2人で楽しい時間を過ごそう

イライラしている気持ちは確かでも、彼と一緒にいる以上は2人の時間です。
出来るだけ楽しいものにするために、イライラしてしまった時は自分で、もしくは2人で対処ができるといいですね。