彼氏の嫉妬が「うざい」と感じる時の対処法5つ。嫉妬してくる理由を捉えて解決しよう

彼氏の悩み 恋愛最終更新日:2019年7月27日

付き合っていると、彼氏が嫉妬してきて面倒に感じる時がありますよね。

別にそんなに心配する必要もないのに、やけに嫉妬してくるような場合もあります。

そんな時、どうしたらよいのでしょうか。

今回は彼氏の嫉妬がうざい時の対処法をご紹介します。

彼氏の心配を取り除くため秘密を持たないようにする

彼氏の嫉妬がうざい時の対処法として、彼氏が嫉妬しないように安心させてあげる事がオススメです。

彼氏が嫉妬するのは、彼女であるあなたの行動が読めなくて不安になっていることが理由のことが多くなります。

自分の知らないところで浮気などにつながる行動があるのではないかという気持ちがあるのです。

そんな不安が彼氏を必要以上に嫉妬するという事に繋がります。

彼氏はあなたの行動パターンが分からず、それでますます不安になって嫉妬してしまいます。

メールしてもすぐ返事が来ないのは、もしかしたら誰かと出かけているのではないか、合コンに行っているのではないかと悪い方向に考えてしまいます。

冷静に考えればそのような可能性は低い事が分かるのですが、連絡がつかない事からイライラを募らせて、嫉妬しすぎてしまうのです。

彼女にうざいと思われても、何もしないとどんどん不安が膨らんでいってしまいます。

そんな彼氏の不安を取り除くには、彼女の方から彼氏に対して自分のスケジュールを教えておく事が有効な対処法です。

「明日は同僚の女性とご飯を食べにいくから」「今週は仕事が忙しいから残業が多くて電話に出にくいかも」などと、こちらの様子をちょっと伝えておくだけで、彼氏も安心する事ができます。

自分の方からいつ出かけているという事や、連絡が取りにくい時間帯などを彼氏に教えておけば、それによって彼氏はイライラして必要以上に嫉妬する事はなくなるでしょう。

そして彼氏の嫉妬が「うざい」と思う事も減るはずです。

愛情不足にならないようにすると彼氏の嫉妬は減る

彼氏が嫉妬して「うざい」と感じる時、もしかしたら彼氏はあなたの愛情を十分に感じる事が出来ていないのかもしれません。

彼女が本当に自分の事が好きなのか不安になり、そんな気持ちが彼氏を嫉妬しすぎるという行動に走らせているのかもしれないのです。

そういう時の彼氏の対処法として効果的なのは、彼氏が愛情不足にならないようにしっかりと愛情を示す事です。

彼氏が嫉妬してイライラしているようなら「そんなに嫉妬しなくても、あなたが一番大好きだから心配いらないよ」という風に、彼氏が聞きたい言葉を伝えてあげるようにしましょう。

また最近嫉妬深いなと感じたら、いつも以上に彼氏に対して愛情を示すようにしてあげましょう。

マメに連絡をとるようにしてみたり、たまには愛情いっぱいのメールを送ってみてもいいですね。

彼氏はそういうあなたの対応を見て、彼女の愛情が自分にあるという事が分かり安心する事ができます。

もし彼女の愛情をしっかりと感じているなら、彼氏は必要以上に嫉妬するという事はないでしょう。

普段からできるだけこまめに愛情を示す事で、彼氏はあなたの愛情を感じてあなたの事を信頼する事ができます。

はっきりと嫉妬するのは迷惑と伝える

彼女に対して嫉妬しすぎる彼氏は、とてもうざいものですよね。

そういう時は、はっきりとそういう嫉妬は良くないという風に伝えてみるのも一つの手です。

彼女の事が好き過ぎて、それで嫉妬してしまうという男性もいますが、そうではなく単に彼女を自分の所有物のように感じて、そのために必要以上に嫉妬してしまうという場合もあります。

そういった独占欲が強い彼氏に対しては、はっきりと嫉妬しすぎるのは良くないと伝えるのが効果的です。

「私はあなたの所有物じゃないから」と伝えてみましょう。

そして「だからと言って浮気とかするわけではないから安心して」と話してみるのです。

その時のポイントは、はっきりと伝えつつもあまり相手を追い詰めるような言い方をしないようにすることです。

嫉妬しすぎる事は決して良い事ではない、見苦しい、そういう事が彼氏も心の底では分かっているのです。

それなのに、彼女にも責められてしまったら、いわゆる「逆切れ」してしまう事もあります。

彼氏も引っ込みがつかなくなってしまい、気持ちのいき場がなくなってしまいます。

そういう風に彼氏を追い詰めないようにしながら、しかし言うべきことははっきり言うようにしましょう。

穏やかな調子で伝えれば、彼氏はその場では納得しなくても、後で一人になった時に、冷静に彼女の言葉を考え直してみるでしょう。

嫉妬された場面で、少し距離をとってみる

彼氏の嫉妬が原因でよくケンカになったり、既に「嫉妬がうざい」と伝えている場合でも続くようであれば、嫉妬された場面で少し彼氏と距離をとってみるという方法も良いでしょう。

あなたがなかなか返事してくれない、なかなか電話に出てくれない、会ってくれないという状況になれば「それだけ嫌なのか」ということが伝わることもあります。

嫉妬によってケンカになったとしても、今はあなたがそれに対応していたり相手にしてくれている状態です。

それによって安心を得ているとしたならば、このままずっと続いてしまう可能性もあります。

一度ここで、嫉妬がどれだけ自分にとって嫌なことなのかを、彼の嫌がることを通じて伝えてみるのも良い方法です。

嫉妬する彼氏であれば、きっと連絡が取れなくなること、会えなくなることは苦痛であり、そうなるくらいなら嫉妬しないように努力しようと改心してくれるかもしれません。

嫉妬されすぎて困る場合は、そのような状況になった時に、一度彼氏から距離をとってみるのも一つの方法になるでしょう。

嫉妬を彼氏の愛情表現の一つだと捉える

嫉妬深い彼氏を変えるのではなく、自分の考え方を変える方法もあります。

誰でも好きな人に対して嫉妬心を持つことは普通ですよね。

しかしそれが過剰になってくればそれは「うざい」と感じるようにもなってきます。

ただ、それが彼氏の愛情表現の一つだと捉えるようにしてみましょう。

それだけ自分のことを好きでいてくれている、心配してくれている、他の人に取られたくないと思ってくれていると捉えることで、誰よりも愛情を与えてくれると感じることもできるはずです。

確かに初めのうちは何もないのに疑われたり、嫉妬されることでうざいと感じてしまいます。

しかしそれが愛情だと変換していくと、それだけ彼の頭の中はあなたのことで一杯なんだと微笑ましく思うことができます。

それだけ好きでいてくれる人、愛してくれる人がいるという認識に変えてみると、愛おしくも思えてくるかもしれません。

人の愛情表現の形には色んな形がありますが、彼氏の愛情表現は嫉妬という形であると捉えてあげるのです。

あなたが母性本能が強い女性であれば、逆にその嫉妬が愛おしいものに変わってくることもあるでしょう。

直してほしいことを伝えたり、不安を取り除くなどの方法を試してもダメな場合は、こうした対処法もあることを頭に入れておきましょう。

彼氏が嫉妬する気持ちの中には色々な気持ちがある

彼氏の嫉妬がうざいと感じる時の対処法についてご紹介しました。

彼氏が嫉妬する理由には、いろいろな気持ちが隠されています。

彼氏が不安を感じているならまずその不安を取り除くようにし、彼氏の理不尽な言い分には、しっかりと対応するようにすれば必要以上の嫉妬が消えるはずです。

 

    「彼氏の嫉妬が「うざい」と感じる時の対処法5つ。嫉妬してくる理由を捉えて解決しよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く