彼氏が優しすぎて辛い時の対処法。仙人の様な寛容さが逆にキツい

最終更新日:2016年4月12日

彼氏が自分に優しいというのはとても嬉しいことです。

しかしその優しさが行き過ぎていたり、過剰である場合は、正直優しさがきついと感じることもあるでしょう。

良い面であるはずのやさしさをきついと感じてしまったら、どう対処すれば良いのでしょうか。

1.自分の理想を彼氏に伝えてみる

あまりに優しすぎてきつい、辛いと感じる時は、優しさの基準を変えてもらうことも大切です。

自分の理想がどんな人なのか、またこんな場面ではこうして欲しいという思いを彼氏に伝えるだけでも、彼氏の態度が変わるかもしれません。

彼氏にとっては優しいこと=良い事と思っている為、それが彼女に対して悪いこととはまず思っていないでしょう。

しかし「私はこう思っている」という思いをぶつけることで、自分の優しさがずれていると感じることもあります。

男らしく引っ張って欲しいと感じている、男らしく感情を強く持ってほしいなど、自分の理想となるタイプをあげてみましょう。

優しいだけが彼氏としての務めではないということを知ると、成長しようと方法を変えてくれるかもしれません。

優しいだけではつまらないことを知らずに、彼氏は良いこととして認識している場合、意識的に変えてもらうこともアリです。


2.自分の性格を見直すことで考えを変える

彼氏があまりにも優しい、優しいと思う行動が多すぎると感じる場合、もしかしたらあなた自身の優しさが欠けていることもあります。

自分のとって「優しすぎる」と思うことであっても、彼氏からすると当たり前のこと。

ということは、優しさの基準が異なり、価値観が違っている可能性が考えられます。

自分が優しく出来ないこと、自分には足りないこと、それを彼氏は持っていると捉えるのです。

自分の性格を一度見直し、彼氏に対しての気持ちを改めることで、関係を保つことが出来るのです。

彼氏や周りの人にとってその優しさはごく自然のものであったり、当たり前の可能性もあり、その場合は自身の性格に足りないものがあるという結果に至ります。

逆に捉えると、自分には彼氏並みの優しさが足りないのだということに気付けた瞬間でもあります。

これを機会に、彼氏と同じような価値観を持てるよう、優しさをもっと強くもつ努力を、自身がしても良いのではないでしょうか。


3.一度距離を置いて彼氏を客観的に見る

優しすぎてきついという時、一度彼氏と距離を置いてみるのも良い対処法です。

彼氏を客観的に見ることで、どうしてその優しさがきついと感じたのかを考えると共に、彼氏の良い部分である優しさに改めて深く考えることが出来ます。

優しくない男性は多く、優しい男性と出会えることの方が難しい中、その優しさがきついと感じていることが贅沢な悩みであると感じるかもしれません。

他の異性を関わってみたり、周りの意見を聞いてみると、余計に彼氏の事を見直せる機会となることもあります。

距離が近すぎる為にその優しさの良さに気づけなかったり、当たり前のことだと思ってしまっていることできついと感じている可能性があり、この場合は彼氏が悪いというより、自身が客観的な見方が出来なくなっていることが原因です。

彼氏の良さを改めて確認するためにも、一度距離を持つことも良い方法。

その際彼氏との連絡や接点も絶ってみるとより一層気付くことが多いでしょう。


4.正直に彼氏に伝えてみるのもアリ

正直に「優しすぎてきつい」という思いを彼氏にぶつけるのも良いでしょう。

彼氏は恐らく良かれと思って優しくしているに違いありません。

彼女の立場からはそれがきついと感じられているということは、彼氏は気付いていない状態。

中には無理して優しくしている彼氏もいるものです。

彼女に嫌われたくないから、彼女にもっと好きになってもらいたいからという理由で、普段以上に優しくしている彼氏にとっては、かえって良い一言となります。

恋愛経験が少なかったり女性との接し方が分からない男性の場合、必要以上に優しくしてしまっていることもあります。

「優しすぎてきつい」と言うことで、彼氏自身も自然体になれたり、期待に応えなければならないといった気持ちから解放されることも。

彼氏が犠牲になることが多かったり、無理していることが多く見られた場合には、直接言ってあげた方が彼氏にとっても良い方法と言えるでしょう。


5.その優しさに自分が甘えるという手段も

優しさがきついと感じる人の多くは「なんだか悪い気がする」「優しすぎて申し訳なく感じてしまう」といった意見が多いです。

こういった気持ちを抱くということは、あなた自身も優しさを持っているからでしょう。

ただ恋愛においては男性がリードするという形が理想的であり、女性としてもそうであってほしいと思う人が多いのが現実です。

いっそのこと、その優しさに甘えてしまって、どこまで優しくしてくれるのかわがままになってみても良いでしょう。

女性は多少なりともわがままを言いたいという気持ちを持っていながら、彼氏に嫌われたくないという思いで我慢していることもあるはず。

でもそこまで優しい彼氏であれば、あえてわがままを言いたい放題してみたり、どこまで優しさをキープできるか実験してみるのも良い方法。

彼氏の中で限界がきた場合は、その時に「優しさがきつかった」と理由を言っても良いでしょう。

それでも尚、優しいという場合には、人として優しさを十分に持っている偉大な人という捉え方をしてみるのも大事。

優しさを無限大に持っている人はそんなにいないもの。

数少ない人と出会えたことに感謝し、その優しさを大事に思えるように自分も考え方を変えてみる努力をしましょう。

優しすぎる彼氏を素晴らしいと感じよう

彼氏が優しすぎてきついという問題は、ある意味贅沢な悩みでもあります。

ただ、今は厳しくあって欲しい、今は叱って欲しいと思うタイミングでも、ひたすら優しくされてしまっては、正直辛いと感じることもなくはないでしょう。

そんな時はこれらの方法で対処してみてください。

その優しさがとても素晴らしいものだったと気付くこともあります。