嫉妬深い彼氏と程よい距離感を保つ方法とは?丁度良い関係性にしよう

彼氏の悩み 恋愛最終更新日:2016年4月12日

付き合い始めた頃は、彼氏にヤキモチを妬かれるのもうれしいなあ、なんて思っていたかもしれません。

愛情表現の一つとして、嫉妬をあらわにするということもありますから、「私、愛されてるな」と感じるかもしれません。

ですが、行き過ぎた嫉妬にはうざったさを感じざるを得ません。

あまりに嫉妬深い行動が続くと、だんだん彼氏のことが煩わしくなってしまうことでしょう。

やがては彼氏のことを好きだという気持ちも薄れてしまうかもしれません。

そうなってしまわないように、彼氏の嫉妬深さを感じた時の対処法にはどんなものがあるかご紹介していきましょう。

「あなたのことしか見ていない」ということを常に発信し続ける

嫉妬深い行動をとるということは、「ほかの男性に心が奪われているのではないか」と心配しているということです。

それならば、その思いを払拭できるくらいに愛情表現をして見せましょう。

男性は、女性の行動や言葉の端々から愛情を「察する」ということが苦手な人が多いです。

ですから、はっきりと「あなたのことが好きだから」「あなたのことだけを愛しているの」とストレートに表現してあげましょう。

なかなかこういうことをはっきりと言うのは恥ずかしいかもしれませんが、
こうしてしっかりとこちらが彼氏を愛しているのだ、という自信を持たせてあげることで、
彼氏の嫉妬心は抑えられるかもしれません。

ケータイやスマホ、PCを見られてもいい状態にしておく

猜疑心に駆られ、ほかの男性とどうにかなってしまうのではないかと焦って嫉妬する彼氏には、
恋人のケータイやスマホの中を確認したがる人もいます。

その中に、ほかの男性とのやりとりでもあろうものなら、そのやりとりが大したことでなくても嫉妬心はぐっと燃え上がってしまいます。

同様にPCなどで、SNSを介して男性と接触していた形跡などが見つかれば同様です。

別段やましいことをしているわけではないので、本来ならそんなにこそこそする必要もないのですが、
いざ「ケータイ見せてよ」と言い出すか、あるいはこっそり見られてしまうかわかりませんから、
彼氏が嫉妬心を燃え上がらせそうなメッセージ等は消してしまうか、ロックをかけるかして自衛をした方が無難でしょう。

彼氏にされた嫉妬深い行動を同じようにやり返す

嫉妬深い行動をしてしまう彼氏は、その行動によって相手をどんな気持ちにさせているかがわからない場合もあります。

しつこく予定を聞いたり、会社や部活の男性関係を調べるなど、「ちょっとほっといてよ!」と思うようなことを
敢えて彼氏と同じようにやり返してみるのも手です。

「もういいじゃん、そこまでしないでよ」「いくらヤキモチ妬いているからって、そんなこと言うか?」など
嫉妬深い行動に対してネガティブな発言が出たらしめたものです。

「私も同じように感じているのだから、お互いにやめましょう」という説得に入ることができます。

ただし、彼氏がこのような嫉妬深い行動を喜んでしまう場合は意味がないので、
彼氏がどんな反応をするかよく考えてから行動しましょう。

嫉妬深い行動をとらないように直接話し合う

一番ストレートな方法ですが、「こういうことはうれしくないからやめてもらいたい」と素直に彼氏に伝えましょう。

「だって心配なんだ」「もしかして、もうほかの男のことが好きなのか?」
など、話が飛んでしまいがちですが、そこはなるべく話の筋がずれないように留意しながら、
「こういう嫉妬深い行動がいやだ」と具体的に説明しましょう。

たとえば、メールの返事が遅いと、10分も経てば即電話してくることに対してやめてほしいと思っているなら、
「メールの返信はちゃんとする。
でも、必ず即時返信できるわけではないから、少し時間をおいてほしい」
というように「譲歩するところ」と「守ってほしいところ」を提示して話すようにしましょう。

何もかも嫌だ、やめてくれ、というとかえって意固地になられて話が進まなくなることもありますので、
うまく交渉するような気持ちで話し合ってみましょう。

嫉妬深さがあまりに行き過ぎていると思ったら

しつこく連絡をしてきたり、友達と遊びに行くことを嫌がったりするくらいなら、まだ常識の範囲内かもしれません。

嫉妬深くてうざったいなと感じる程度で、対処のしようもあるでしょう。

しかし、家や職場までついてきたり待ち伏せしたり、ほかの男性の影がちらついたからといって暴力をふるうような場合、
それは嫉妬心ではなく、すでに執着心へと変わっているかもしれません。

「嫉妬深い」という言葉では片づけられないほど歪んだ愛情表現になってきていると感じたら、
しかるべきところに相談したり、彼氏との今後の付き合いについて考え直したりすることも必要でしょう。

嫉妬深さは愛ゆえ

あまりに嫉妬深い行動をとられると、困惑したり悩んだり、彼氏のことを好きでいられなくなってしまうこともあるかもしれません。

しかし、これらの行動はすべて、愛ゆえに起きているということでもあります。

上手に、お互いのちょうど良い距離感をはかりつつ、関係を続けていくことができるといいですね。

 

    「嫉妬深い彼氏と程よい距離感を保つ方法とは?丁度良い関係性にしよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く