彼氏が大切な話に向き合ってくれない時の対処法。ちゃんと真面目に話をできるようにしよう

最終更新日:2016年4月12日

付き合っている彼氏に大事な話をしたいのに、彼がまじめに取り合ってくれない…。
なんてことありますよね。

こちらは真剣に話をしたいのに、はぐらかされたり時間をくれなかったりしてモヤモヤするものです。

そこで、彼氏が大切な話にちゃんと向き合ってくれない時の対処法をご紹介します。

1.話す場所を変える

大切な話を聞いてもらうには、相手にもそれなりの緊張感が必要です。

こっちが「大事な話」と思って話をしているのに、彼はそこまで重要にとらえないことも…。

そんな緊張感の相違をさけるためにお勧めなのが、「緊張感を持たざるを得ない場所へ行って話すこと」です。

おうちや近所のレストランなど、自分たちが慣れ親しんだ環境から一歩出て
普段いかない少し大人びたカフェや、ホテルのラウンジなどはどうでしょうか。

特にホテルのラウンジやカフェなどは展望も素晴らしいところがおおく、スタッフの対応もホテルマンならではの丁寧さが際立つものです。

しかも喫茶価格も街のコーヒーショップよりちょっと高い程度なのでさほど負担にもなりません。

いつもとは違う上品な緊張感の中、しっかりと話を聞いてもらえる場所にはぴったりです。

例としては彼と自分にとって良い話をする際使うと良いかもしれませんね。


2.彼のお母さん・女兄弟を味方に

付き合い方にもよりますが、彼ママや彼の女兄弟は強力な敵にも味方にもなるすごい存在です。

もしもあなたが彼ママ・姉妹と良好な関係性をもっているならば、大変心強いサポーターになることでしょう。

誰よりも彼を長く見ている彼ママを味方にしていれば、友達よりも的確な助言がもらえるはず。

彼が大切な話を流したり、聞いてくれない。
そんな不安があるなら彼ママに相談して、同席してもらうなりタイミングを相談してみましょう。

特に「彼と結婚したいけれど、なかなか結婚しようと言い出してくれない」なんて将来の2人の事に関しての事ならなおさら
彼ママに相談してみるのも良いかもしれません。

また、女兄弟(特に姉)は男兄弟から見るとかなりのご意見番。
特に彼が家族仲が良ければなおさらです。

タイミングや彼の言動を教えてくれたり、助言をくれるかもしれませんので、ぜひとも彼女たちと友好関係を気づいておきたいところです。

しかし、間違っても自分のママと二人がかりで追い込まない様に。
彼は息苦しくて余計に逃げてしまうこともあるので、どうぞ気を付けてくださいね。


3.友達と包囲網を作る

正面からの正攻法で行っても彼は大切な話を聞いてくれない…。

それなら周りから投網を放って、地引網方式で行きましょう。

彼(獲物)が自分の話へ意識を持ってくれるよう、周りの友人に協力してもらうというのも手です。

友人たちに「彼女が元気がない」「彼に話があるけれどなかなか聞いてもらえなくて悩んでいる」と彼に連絡をしてもらいましょう。
「SNSで公の場で」いうことではなく、あくまで心配している…と言う感じで直接連絡をしてもらいましょうね。
事が重大に思えます。

この時、決して話の内容を言わない事。

なんの話だろう?と不安にさせる事も大事なキーポイントです。

自分の友達からは「悩んでいる」、彼の友達からは「悩んでいるみたいだった」と
彼と自分の友達との差をつけて相談すると良いでしょう。

彼の友達に彼抜きで接触するのもあまり彼からすると気持ちいいものではありませんし、男性はプライベートの話をされるのを嫌いますので要注意です。

やはり彼ママと同じですが、この先方も自分たちの周りの人とどれだけコミュニケーションが取れているかがポイントとなりますので、友好的な関係を気づいていくことが大事ですね。


4.最終的には泣く

もうこれは本当に最終の手です。

場所を変えても、周りに協力してもらっても全く彼が取り付く島がない。

そんな場合にはもう感情的になってしまえばいいのです。

「え?泣くなんて…」と思いがちですが、女の涙はある意味もろ刃の剣です。

大抵の男性は女性に泣かれると戦意をなくしたり、あわてたりします。

その時に、自分が伝えたいことを語ればいいのです。

実際に、駅などでケンカしたのかわかりませんが彼女が泣いているカップルがたまにいませんか?

その時の彼の顔を見てみましょう。
ほとんどの彼氏が「参ったなあ、どうしよう」という表情になっているはずです。

言葉は悪いですが女性の感情的な涙は男性からすると「面倒事」です。

早く片付けたいと思う男性が多いので、話をきちんと聞いてくれることでしょう。

卑怯かもしれませんが、これは効果絶大です。
最終手段でお試しください。

そして、もろ刃の剣と書きましたが、もしこの手が通用せずどんなに自分が頑張ってもダメなときは、彼はこれからもあなたの話を聞いてくれることはないでしょう。

あなたの事を軽視している状況を目の当たりにすることとなりますので、よく考えてから行動してください。

とにかく彼氏を本気にさせよう

話す場所を変えて環境変化に頼るか、
彼の家族や友人たち、周りに協力してもらうか、
自分の力技で彼の耳を傾けさせるか…。

共通するのは、いつもの二人だけの場所や環境から少しはみ出してみることです。