復縁に失敗してしまう女性の特徴5つ

最終更新日:2017年3月6日

別れてしまった彼氏ともう一度やり直したいそう願うことは、きっと誰にでもあります。

しかし、中には元恋人とは決して復縁することができない女性もいるのです。

復縁に失敗してしまう女性の特徴を知ることで、自分自身が同じ過ちを繰り返さずにすむでしょう。

1.相手を責めてばかりいる女性

復縁に失敗してしまう女性は、相手を責めてばかりいるという特徴を持っています。

二人が別れてしまったのは、どちらかだけが悪いということは少なく、お互い何かしらの原因があったからです。

そのことに気が付かず、別れてしまったのは相手のせいだと言わんばかりに責めてしまう女性は、どんな男性でも、決して復縁したいという気持ちにならないでしょう。

一度別れる決心をしたというのは、決して小さなことではありません。

その決意を覆すためには、もう一度お互い反省して、歩み寄りを見せなくてはならないのです。

それなのに、相手ばかりを責めてしまうようなら、そんな女性とは「やっぱり別れてよかった」と元彼氏は思うことでしょう。

復縁を果たせないどころか、彼の気持ちをますます遠ざけてしまいます。

2.未練がましすぎる女性

復縁に失敗してしまう女性の特徴にあるのが、未練がましすぎるというものです。

あまりにもしつこく元彼に復縁を迫る女性に対しては、男性は逃げ出したいと思ってしまうからです。

好きだった彼と別れてしまったら、悲しいし何とかやり直せないだろうか…と、そればかり考えてしまうことでしょう。

ただ、その気持ちをダイレクトに元彼にぶつけるのはよくありません。

その気持ちを「何だか重い」と思われてしまい、ますます離れて行ってしまうことでしょう。

未練たらたらな気持ちをあからさまに出してしまう女性は、復縁どころか、相手の気持ちを完全に離れさせてしまうことになります。

彼に泣いて縋りつきたいと思っても、その本音をストレートにぶつけないようにしましょう。

未練がましすぎる女性は、残念ながら復縁しにくい女性でもあります。

3.相手の意思を尊重しない女性

復縁に失敗してしまう女性にある特徴、それは相手の意思を尊重しないという事です。

相手の気持ちを慮ることができず、自分中心になってしまう女性は、元彼だけでなく、どのような男性からも、敬遠されてしまうことでしょう。

「もう一度やり直したい」と、元彼女から言われた時に、たいていの男性は少なからず動揺します。

その言葉を受け入れて、再び彼女と向き合うか、それともやっぱりやめておこうか、頭の中で色々なことを考えているはずです。

そんな時、こちらの言うことに耳を傾けてくれず、一方的に自分のことばかり主張するようなことをされては、復縁しようという気持ちも萎えてしまいます。

「もういいや」という風に感じて、復縁しようという申し出を断ってしまうことでしょう。

「相手の意思を尊重する」それを実践するということは、決して簡単なことではありません。

しかし、せっかく復縁しても、こちらの言いたいことをまるきり聞いてくれないなら、もう一度やり直す意味などないと思われてしまうことでしょう。

4.せっかちすぎる女性

復縁に失敗してしまう女性というのは、どこかせっかちすぎるという特徴を持っていたりします。

相手に無理やり復縁を迫って、ともかく急いで答えを聞き出そうとすると、かえって失敗してしまうことが多いのです。

一度別れた相手ともう一度やり直そうとするような時、いつも以上に慎重にならざるを得ません。

「何のために別れたんだろう」とか「やり直して、本当に良い結果になるのだろうか」と、あれこれ考えてしまうからです。

そういう時は、しばらく相手にも考える時間を用意してあげるべきです。

それなのに、急いで答えを出そうとする女性は、結局相手から復縁を断られてしまうことでしょう。

復縁をする時には、意外と時間がかかることがあります。

そういう時は、あえてしばらく距離をおいて、彼に考える時間を上げるようにしましょう。

復縁をせかしてしまうと、まとまるものもまとまらなくなってしまいます。

せっかちすぎる女性は、自らチャンスを潰しているともいえるのです。

5.彼のことを本気で取り戻したいと思っていない女性

復縁に失敗してしまう女性が持っている特徴に、本気で彼のことを取り戻したいと思っていないというものがあります。

一人でいるのが寂しいからというような、余計な思いがある女性は、復縁をしようと思っても難しいでしょう。

別れてしまった理由というのは、カップルによって様々です。

そして復縁をしたいと思う女性の胸にも、色々な思いが渦巻いていることでしょう。

「彼氏にフラれたのが悔しいから」とか「シングルになるのは寂しいから」というような気持ちを持っていることもあり、本当に愛情があるとは言えない場合もあります。

彼のことが好きで取り戻したいという真摯な気持ちがないのです。

元彼はそういう思いを察して、いくら復縁を促されても「YES」とは言わないでしょう。

いくらしつこく復縁をしたいと言っても、どうしても元彼が「うん」とは言わない時、どうして自分がそこまでしてやり直したいのか、それを考えてみましょう。

もしかしたら「好き」とは別の気持ちがあるから、復縁に固執していることが分かるかもしれないのです。

復縁に失敗する理由を知っておこう

復縁に失敗してしまう女性の特徴は、色々なところにちらほらと見えています。

元彼は、そういう部分が分かっていたので、一度は別れを決意したのです。

もう一度やり直すためには、自分自身を見つめなおしてみることが大切です。

彼にとってNGな部分をなくせれば、もう一度彼と復縁するきっかけを作ることができるでしょう。