彼氏と友達に戻る別れ方。恋人から友人へと戻ろう

最終更新日:2015年5月3日

恋人としての関係はもう続けていけないけれど、できたら彼氏と友達として付き合いたいと願い、別れ話の切り出し方について悩んでいる女性は少なくありません。
お互いに傷つけ合う別れ方をしたり、角が立つような別れ話を切り出したりすると、友達どころか、その彼氏との縁は完全に切れてしまいます。

では、どのようにして別れれば彼氏と友達に戻れるのか、その方法についてご紹介します。

1.「恋人同士ではなく、友達に戻りたい」ということを誠実に話す

彼氏と本当に友達としてこれから付き合いたいのであれば、男女関係というものは抜きにして、「人間としての信頼関係」だけは失ってはいけません。
なので、「恋人同士としてはもう付き合う自信がないけれど、友達としては付き合いたい」という気持ちを、彼氏に対して誠実に伝えましょう。

この時、遠回しな言い方はせず、単刀直入に伝えることがポイントです。

「友達に戻りたい」という気持ちを、「都合の良いことを言って、本当は俺のことをただキープしておきたいだけなんじゃないか」と彼氏に誤解される危険もあります。
なので、その彼氏に対して、「このような所が人間的に素晴らしいと感じて尊敬している。
だから、今後も友達でいたい」ということを、きちんと説明する必要があるでしょう。

そのような点から考えると、別れ話を切り出す前に、「恋人同士としては付き合えないのに、どうして友達に戻りたいのか」という自分の気持ちを、きちんと整理しておく必要があります。


2.気持ちを伝えるときは、メールや電話ではなく、直接話す

「彼氏と友達に戻りたい」という願いは、彼氏からしてみたら「彼女の勝手な都合」です。
そのことを踏まえた上で、自分の気持ちを彼氏にどうしても理解して聞き入れてもらいたいのであれば、女性側もそれなりの誠意を示す必要があります。

「恋人としての関係は終わりにしたいけれど、あなたは大切な存在だから友達でいたい」という素直な気持ちは、彼氏に会って直接伝えましょう。
間違ってもメールや電話で気軽に済ませようとしてはいけません。

直接伝えるのがプレッシャーだからと言ってラクな方法に逃げてしまうと、誠意が伝わらなくなります。
どんなにつらくても、たとえ気持ちを打ち明ける時に泣いてしまったとしても、必ず直接会って伝えましょう。

3.彼氏が「友達なんか嫌だ」と言ったら、ひとまず彼氏の言い分も最後まで聞く

別れ話を切り出した時、彼氏側が「友達なんか嫌だ」と言い出す可能性もあります。
この場合、彼氏はまだあなたに対して「女性」「恋人」という意識を持っているため、同性同士のような友達に戻るということは、彼氏にとっては非常につらいことです。

そんな彼氏の気持ちを、ひとまず理解しましょう。

「友達に戻る」ということを拒否して、彼氏が感情的になることも考えられます。
この場合も、まずは冷静になり、彼氏の言い分をひとまず全て聞いてあげてください。

「私は友達に戻りたいのに!」と焦った態度を見せてはいけません。
彼氏が感情をぶつけてきたとしても、まずは彼氏側の話を最後まで聞きましょう。


4.彼氏に対して、結論を焦らせてはいけない

早く恋人関係を解消し、友達に戻りたいと焦る気持ちも出てくるかもしれませんが、彼氏に対して、結論を焦らせることだけはやめましょう。
真剣に交際していた期間が長ければ長いほど、彼氏側も心の整理が必要です。

その時間を十分に考慮してあげてください。
焦って結果を求めてしまうと彼氏も混乱してしまい、「じゃあ面倒だから、もうきれいさっぱり別れて、完全に縁を切ろう」と言い出してくる可能性が大きくなります。

そうなってしまうと、もう友達に戻ることはできなくなります。

なので、1~2ヶ月くらいは待つ覚悟で、話を切り出してください。

5.仮に失敗したとしても、こちらから縁を切らずにおく

どれだけ誠意をもって「友達に戻ってほしい」と彼氏に頼んでも、「それなら完全に別れたい」と彼氏が譲らないこともあります。
この場合は、一切ごねずに、一旦引き下がりましょう。

そして、彼氏の連絡先だけは絶対に削除せず、ささやかでも良いから縁をつないでおくのです。

別れ話が出た当初は雰囲気が悪くなって、一旦は彼と遠ざかってしまったとしても、本当に縁がある2人であれば、時間が経ってから再会し、良い友達に戻っている人たちもたくさんいます。
それを信じ、心に余裕を持って、長い目で見ながら過ごしてみましょう。

「今は縁が遠くなってしまったけれど、連絡先だけは残っているし、また出会い直しすることだってできる」という安心感が、次に彼氏と再会した時、より良い友達関係を築くことへと繋がっていくのです。

時間を書けてでも彼氏から友達に変化させていこう

異性の恋人として付き合っていた人同士が、ある日突然「異性を意識しない友達」に戻るということは、思った以上に大変なことでもあります。
だからこそ、本当に良い友達に戻りたいのであれば、彼氏に対して誠意を持って気持ちを伝えるのと同時に、彼氏の気持ちも大切にする必要があります。

「大人の人間同士の信頼関係」がとても大切になります。

結論が出るまでに時間がかかりますが、焦らず、誠実に冷静に向き合いましょう。

彼氏を、1人の人間として本当に大切に思っていれば、時間がかかったとしても、必ずそれは伝わり、良い関係を作り直すことができます。