はっきり別れを言わずフェードアウトしようとする彼の心理とは

最終更新日:2017年4月4日

「別れよう」という言葉がないまま、フェードアウトしてしまおうとしている彼。

別れること以上に、どうしてきちんと言ってくれないのか、彼の気持ちが気になることがありますよね。

はっきり別れを言わずにフェードアウトしていこうとする彼の心理を探ってみましょう。

1.別れを惜しんでいる

「別れよう」という言葉を使ってしまえば、後々「やっぱり取り消し」と撤回が難しくなってしまいます。

二人の関係に終止符を打つことに、彼は戸惑っているのかもしれません。

別れることをしっかりと言葉にしてしまうと、それを機に彼女との関係が完全に終わってしまうかもしれない。

これまで一緒にいた相手に対して、情に近い感情を抱いていることが考えられます。

別れようとは思っているけど、いざ言葉にして伝えると、その境界線がはっきりしてしまうために、惜しんでいる状態。

フェードアウトすることで、自分の中での彼女への情も、少しずつ消し去ろうとしているのかもしれないのです。

付き合いが長ければ長いほど、そこには情が混じってしまうもの。

いざ別れて離れ離れになると考えた途端、急に惜しくなる男性もいるでしょう。

情に厚い人は特に、このような心理からフェードアウトを選択することが多いのです。

2.もめたくない

彼氏が一方的に別れたいという思いでいる場合、もし彼女に「別れよう」と言ったら、そこでケンカや言い争い、または彼女が泣きじゃくる状況になってしまうかもしれません。

別れたいという彼氏と別れたくない彼女という状況になってしまえば、多少もめてしまうことが目に見えている。

ケンカや言い争いといったことが嫌いな彼氏、または今まで付き合ってきた彼女と最後の最後にケンカしたくないという彼氏であれば、フェードアウトを選択することもあるでしょう。

もめたくないと感じている彼氏は、嫌な別れ方をしたくないという思いが強く、彼女の思い出を悪いものに変えたくない心理が読み取れます。

はっきりと別れを告げてしまえば、その後の状況が悪くなってしまう可能性があり、簡単に別れられなかったり、ケンカ別れになってしまい、キレイな別れ方とは言えなくなってしまいます。

温厚な性格の人でもめごとが嫌いなタイプの彼氏であれば、ケンカ別れなどの悪い別れ方を避けたいと思い、フェードアウトしている可能性が高いでしょう。

3.彼女自身に別れを意識してもらいたい

中には「悪者になりたくない」という思いの彼氏もいるでしょう。

自分から別れをはっきり言ってしまえば、振る側となり、罪悪感を抱く人も多いです。

自分が悪者になるのが嫌、逆に彼女から言ってもらえたら楽なのに、と感じている彼氏であれば、わざとフェードアウトして、彼女に別れを意識させようとしていることも考えられます。

彼女が「最近あまり会っていないな」「距離ができたような気がするな」と感じ、彼氏がいてもいなくても変わりない、会わなくても寂しいと感じなくなってきたと思うことで、彼女自身に「別れよう」と言わせようとしている可能性もあります。

わざと冷たい彼氏、かまってあげない彼氏を演じて、別れを彼女から言わせようとしているのは、自分が悪者にならないため。

こうしたタイプは、彼女から別れを切り出さないうちは、フェードアウトをし続けるでしょう。

4.彼女の傷を最小限にしたい

「別れたい」という言葉は、仮に相手に気持ちが少なくなってきていても、それまでの思い出や経緯があるために、辛く感じる人がほとんどです。

彼女に別れをはっきりと言わずフェードアウトしていく彼氏は、もしかしたら最後の彼女への気遣いや優しさである可能性もあります。

「別れよう」と言葉にしてしまえば、現実味が出てしまい、彼女を傷つけるかもしれない。

もしそこで彼女に別れる意志がなければ、さらに追い打ちをかけることになるかもしれない。

そんな彼女への思いが、フェードアウトという形を取らせていることも考えられます。

別れようとしている彼女であっても、それまで好きで付き合っていた関係。

人として嫌いになったとか、生理的に受け付けなくなったという状況ではない限り、一緒にいた時間や思い出がよぎってしまうことで、傷つけたくないという思いを抱くことがあります。

彼氏にとっての優しさであり、彼女に与える傷を最小限に抑えたいという思いからフェードアウトをしているとしたら、彼氏に悪気はないと言えます。

彼の思いを理解してあげること、そして自分も彼に対して最後の優しさを見せることも一つの方法でしょう。

別れようという言葉がない理由を知ろう

はっきりと「別れよう」という言葉があれば、それなりに時間はかかるものの、納得して次に進むことができるもの。

逆にこの言葉がなくただフェードアウトされてしまうだけの別れ方になると「私たちは付き合っているのか、それとも別れているのか」という関係について悩むことにもなります。

彼がどうしてフェードアウトしようとしているのか、反応や態度を見てみると、その心理を読むことができるかもしれません。

もしそれが彼の優しさであると気付いた場合、彼女自ら別れを告げるという選択もできるでしょう。