ケチと思われる女性の特徴。倹約がいきすぎない様に注意しよう

最終更新日:2016年2月21日

誰にとってもお金の問題は頭が痛いもの。

できれば無駄遣いや無駄な出費は抑えたいというのは誰もが思っていることです。

ですが、倹約精神が行きすぎると、周囲に「ケチ」だと思われてしまうことも…

今回はそんな周囲に「ケチ」だと思われてしまいやすい女性の特徴をご紹介します。

1.他人のおごりで食べるときにいつもより高級なものを頼む

誰かと連れだって食事に行ったとき、相手が「おごってあげるよ」と言ってくれたとしてもぐっと我慢しなければなりません。

他人がそんな風に厚意を見せてくれたときに限っていつもは食べないような高い料理を食べたとしたら厚かましいと思われてひんしゅくを買ってしまうことでしょう。

そんなときは、いつも食べているのと同じくらいの値段の料理を頼むか、できれば「お気持ちだけいただきます」と辞退すれば、きっぱりとした女性として周囲から見られることでしょう。

もちろん、仮に相手におごってもらうにしても「おごってもらって当然」というような態度を取ることは厳禁です。

常に感謝の心を忘れないように心がけたいものです。


2.時間に厳しい

「時は金なり」ということわざもありますが、倹約精神に富んだ女性は時間にも非常に神経を使うものです。

もっとも、時間に厳しいということそれ自体は長所なのですが、いつもせわしなく時計を確認していて時間に厳しそうに見える女性は、もしかしたら周囲にお金にも厳しいのかも……と、「ケチ」だと思われる可能性があります。

たまには肩の力を抜いてゆっくりと休憩するのがいいでしょう。


3.偽物のブランド品を使っている

財布や鞄に衣服、ブランド品を身につけていると何だかとても女性として魅力的に見えることがあります。

ですが、高価なブランド品を買う代わりにブランド品の偽物を使っていて、さらにそれが見抜かれると「この人はケチなんだな」と思われてしまい、逆効果になってしまいます。

格好良く見られたいと見栄を張って、それで「ケチ」と思われてしまうのでは本末転倒です。

手の届かないような値段のブランド品の代わりに偽のブランド品を身につけるくらいなら、ブランド品ではない普通の鞄や財布を使った方がまだ無難かもしれません。


4.会社のコンセントで個人用のスマホを充電する

これは「このくらいならやっていいだろう」と思われるかもしれませんが、単に「ケチ」だと思われるだけでなく、公私混同をして会社の電力を使うということで常識のないずぼらな人だと思われてしまう危険性があります。
そして場合によっては盗電と見なされる可能性のある行為です。

たとえ会社のルールで禁止されていなかったとしても、「会社で充電してもかまわない」と明示的に決められているのでない限りスマホの充電は家で行っておくのがいいでしょう。


5.趣味がない

「ケチ」な女性はお金を貯めることばかりを楽しみに考えていて、特に他に趣味を持っていないというイメージがあります。

もちろん、無趣味だけどケチではない女性は多くいるのですが、たとえ本当はケチじゃなくても、無趣味というだけで「もしかしたらケチなのかもしれない」と誤解されてしまうこともあります。

ケチだと思われないためにお金の浪費をするというのは両極端ですが、ブログや料理など、あまりお金のかからない趣味もあります。

何か一つでも趣味を持っていれば、お金ばかりが楽しみの「ケチ」な女性だと誤解されてしまうことは少なくなるでしょう。


6.飲み会などへの付き合いが悪い

飲み会の出費はなかなかバカにならないもので、行きたくもない飲み会に出るのは無駄なことだと考える人は多いでしょう。

ですが、飲み会などの集まりにまったく出席しないというのは、「ケチ」だと思われてしまうこともあります。

適度に付き合いに参加するのも、ケチだと思われないためには必要なことです。

たまにはお金の節約を忘れて、仕事仲間や友人と交流することも大切なことです。


7.他人に対して壁を作る

本当にケチな人というのは、自分の利益にならない面倒なことは一切したがらないものです。

たとえばそれは、他の人のことにまったく興味を持たず、必要最低限のこと以外は話さずに壁を作ったように接するというような行動に表れることでしょう。

他人とのコミュニケーションに積極的でないと、ケチだと思われるだけでなく、「近寄りがたい人」というようなネガティブなイメージを抱かれてしまう原因にもなります。

倹約がいきすぎてケチにならないように気をつけよう

以上「ケチ」だと思われやすい女性の特徴をご紹介しました。

これらの特徴の中には少し程度を抑えさえすれば長所になるものもあります。

お金を節約するというそのこと自体は何ら悪いことではありませんし、むしろ美徳として扱われるべきものでしょう。

ただ、「倹約」がいきすぎて「ケチ」にならないように抑えることが重要なのです。