尽くす女性の特徴。尽くす女性の特性を知ろう

最終更新日:2016年2月21日

男性は昔から「尽くす女性」が大好き。

上手に尽くしてくれる彼女ができたら男性は離しません。

でも一体尽くす女性とはどういった人のことを言うのでしょうか?

今回は愛され必至の「尽くす女性」の特徴をご紹介します。

1.笑顔が可愛くて明るい

女の武器は、涙ではなく笑顔。

それを心得ているのが尽くす女性の特徴です。

いつもニコニコ微笑んで周りを受け入れている人は、もちろんみんなに好かれますよね。

それは恋人関係でも同じこと。

彼氏に会う時に不機嫌な女性は決して「この子、俺に尽くしてくれてるなあ」とは思ってもらえません。

もちろん、正確に激しい裏表があるのもNG。

優しくて、明るいことは「尽くす女性」の必須条件です。

疲れて帰ってきた恋人に「遅かったじゃない、どこいってたの」と責めるのではなく「お疲れさま」と微笑みかけられるのが尽くす女性です。


2.胃袋をしっかりつかめる「お料理上手」

仕事から疲れて帰ってきて、美味しくて暖かい料理が待っている。

まさに誰もが持っている「尽くす女性」のイメージ通りの光景です。

男性だってそんな女性のためなら仕事も頑張れるというもの。

料理というのは毎日のことですから、納得できない食べ物は誰だって嫌ですよね。

結婚を考えるならなおさらのこと。

男性は意外と、女性の料理を見ていますから、食事への価値観の不一致が不仲や離婚につながることだって十分あり得ます。

だからこそ、お料理はとても大切です。

もちろん向き不向きはありますが、何か一つ、彼が大好きな料理を得意料理にしておくことは「上手に尽くす女性」への第一歩かもしれませんね。


3.体調管理が上手

尽くす女性は体調管理にも余念がありません。

もちろん、彼の体調管理にも、自分の体調管理にもいつも真剣です。

先ほどの「料理上手」にもつながりますが、美味しいご飯で体調管理をしたり、彼の細かい変化にも気付けるのがやはり尽くす女性。

男性は女性に体調管理をしてもらえたり、体調を気にしてもらえるのを案外喜びます。

強がりでなかなか体調を崩していることを言い出せない男性は結構多いものです。

それだけでなく、いつでもちゃんと動けるように自分の体調管理をしています。

つまり「体調を崩してでも彼に尽くす」のではなく「彼のためにいつでも動けるように、体を大切にしておこう」と考えるのが尽くす女性です。


4.「おはよう」から「ありがとう」まで感謝の言葉を言える

尽くす女性が何よりも大切にするのは言葉です。

朝や夜寝る前の挨拶はもちろん、感謝の言葉、謝る時の素直な言葉も絶対に忘れません。

付き合いが長くなってくると、どうしても挨拶や感謝をおろそかにしがちですが、言葉をおろそかにしないだけで男性とよりよい関係が築けるのを、尽くす女性たちは知っています。

「いつもありがとう」「今日も頑張ってるね」「お疲れ様、おやすみなさい。よく休んでね」

これらの言葉が、自分の恋人を癒すためにどれほど有用なのか、きちんと理解しています。

それに、挨拶や感謝は魔法の言葉です。

きちんと口に出すことで、いう方も言われた方も気分がいいのは誰もが知っていることです。

だからこそ難しい、けれど大切な当たり前のことを実行できるのが尽くす女性の特徴です。


5.常に相手のしてもらいことが出来る

「尽くす」ために最も難しく、しかし最も有用な方法は、相手がしてほしいことを正確に読み取ること。

なかなか難しいかもしれませんが、これは付き合いの長いカップルになればなるほど上手く行きやすいのです。

ゆっくり彼を観察して、なにをしてもらいたいと思っているか探ってみることが尽くす女性の原点。

きちんと相手のことを考えた行動をしていれば、その誠意はもちろん伝わります。

独りよがりで押し付けるような愛情は決して、尽くしているということにはならないのです。

尽くす女性の特徴を知ろう

人に尽くすというのは難しいものです。

人はどうしても尽くす時には見返りを求めがちです。

逆に言えば、見返りを求めずに尽くすことは、長い目で見たら不可能です。

尽くす女性たちは、自分の行動が恋人に勇気や元気を与え、それが自分に対する感謝や愛情に変わって返ってくることを知っています。

こうしたことを知り、尽くす女性を目指してみましょう。