記念日に彼氏へ送ると喜ばれるLINEメッセージとは

LINE 記念日・誕生日最終更新日:2018年5月2日

カップルの記念日といえば、いろいろあるかと思います。

男性よりも女性のほうが記念日を忘れることなく感謝の気持ちを表現したいという傾向が少なからずあるようです。

今カップルの意思疎通の仕方といえばLINEのようなメッセンジャーアプリが主流かと思われます。そんな中で彼氏が喜びそうなメッセージなど3点をピックアップしてみました。

毎日会話を交わしていたり、何かしらコミュニケーションをとっている彼氏に対してちょっとした言葉をそえて感謝の気持ちを伝えることでこれからよりよい付き合いになっていくのではないでしょうか。

1.いつもありがとうと簡潔に

付き合った日が浅いか、長いかに問わず、相手の存在に感謝する気持ちは忘れないでおきたいものです。かといって、毎日言うのは照れくさいですし、そんなときに記念日というのは日々の感謝の気持ちを言うのに絶好の機会です。

さりげなくいかに相手に伝えるか。LINEでは「○○君、今日も一日お疲れさまでした。今日は二人が付き合い始めた日だね。毎日、疲れているのにいつも私の愚痴を聞いてくれてありがとう。いっぱい感謝してます」

こんな感じでメッセージを送ってみてはどうでしょうか。最後に愛情が伝わるスタンプを添えるのがいいかもしれません。
彼氏がいつも愚痴を聞いてくれる感じでないなら、そこは「会っているときはいつも愚痴を聞いてくれてありがとう」などの言葉にかえてみてもいいでしょう。

2.出会った場所などを知らせて具体的に

記念日にメッセージを送るということに、ひょっとしたら彼氏は、嬉しい反面記念日自体を忘れていて、いきなり感謝の気持ちなんて何事かと思うかもしれません。
そんなときは彼氏に当時のことを思い出してもらうべく、具体的に記念日たりうる情報を少し加味してメッセージを送るのもいいでしょう。

「○○君、突然だけど今日は何の日が覚えていますかー?実は○○公園で私が○○君に告白した日なのです。何事もなく二人して過ごせていることに感謝してます。これからもよろしくね!」

まるっきり真似する必要性はありませんが、「あっ、そういえばあの頃、あいつは顔を真っ赤にして告白してきたっけ」などと彼氏も微笑みながら返信を返してくれるかもしれません。

3.これからもずっと好きですとはっきりと伝える

記念日は一年に一回。言ってみれば一年に一回、大げさかもしれませんが彼氏によろしくと改めて言う機会なのかもしれません。決して重くならずに、それでいてストレートに彼氏に伝えるという方法もあります。まわりくどい話よりも直球で言ってくれるほうが時には彼氏にすんなり伝わるかもしれません。むしろ、そのほうが男性はよかったりします。
「今日で付き合って○○年だね。実をいうと今でも付き合い始めた当初と同じくらい好きです。これからも二人で歩いていこうね!」

「付き合い始めた当初と同じくらい」を「付き合い始めた当初よりも」と変えてもいいかもしれません。改めて彼氏に告白するようなメッセージがじーんとくるでしょう。

 

    「記念日に彼氏へ送ると喜ばれるLINEメッセージとは」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く