記念日に彼氏へ送ると喜ばれるLINEメッセージ6つ

LINE 記念日・誕生日最終更新日:2019年8月7日

カップルの記念日では、男性よりも女性のほうが記念日を忘れることなく感謝の気持ちを表現したいと思いますよね。

今回はLINEで彼氏が喜ぶメッセージ6つをご紹介します。

彼氏に対して言葉を添えて感謝の気持ちを伝えることで、これからよりよい付き合いになっていくはずです。

1.「いつもありがとう」と簡潔に伝える

付き合った日が浅いか、長いかに問わず、相手の存在に感謝する気持ちは忘れないでおきたいものです。

かといって、毎日言うのは照れくさいですし、そんなときに記念日というのは日々の感謝の気持ちを言うのに絶好の機会です。

さりげなくいかに相手に伝えるかに注力しましょう。

LINEでは「○○君、今日も一日お疲れさまでした。今日は二人が付き合い始めた日だね。毎日、疲れているのにいつも私の愚痴を聞いてくれてありがとう。いっぱい感謝してます」

このようにメッセージを送ってみましょう。

最後に愛情が伝わるスタンプを添えましょう。

彼氏がいつも愚痴を聞いてくれる感じでないなら、そこは「会っているときはいつも愚痴を聞いてくれてありがとう」などの言葉に変えてみても良いです。

日頃の感謝の言葉というのは彼氏にとても響きます。

特にこの様な場合は、彼氏の不意をつくこともできるので、彼氏も嬉しさで一杯になるはずです。

2.出会った場所などを含め記念日をお祝いしたい気持ちを具体的に伝える

彼氏が記念日自体を忘れていて、いきなり感謝の気持ちを送られたことで戸惑うかもしれません。

そんなときは彼氏に当時のことを思い出してもらうべく、具体的に記念日たりうる情報を少し加味してメッセージを送りましょう。

「○○君、突然だけど今日は何の日が覚えていますかー?実は○○公園で私が○○君に告白した日です。何事もなく二人して過ごせていることに感謝してます。これからもよろしくね」

まるっきり真似する必要性はありませんが「あっ、そういえばあの頃、あいつは顔を真っ赤にして告白してきたっけ」などと彼氏も微笑みながら返信をしてくれるはずです。

このメッセージでは昔を思い出させてくれて、更に彼氏との距離を縮めることもできます。

思い出話をしながら一緒に話すというのも悪くはありませんし、その話しで盛り上がり、もう1度その場所に行こうという話しにもなるかもしれません。

そうなった場合は何か記念のプレゼントなども添えると、彼氏もきっと喜ぶことでしょう。

3.「これからもずっと好きです」とはっきりと伝える

記念日は一年に一回です。

大げさかもしれませんが彼氏によろしくと改めて言う機会です。

決して重くならずに、それでいてストレートに彼氏に伝えてみましょう。

まわりくどい話よりも直球で言ってくれるほうが時には彼氏にすんなり伝わります。

「今日で付き合って○○年だね。実をいうと今でも付き合い始めた当初と同じくらい好きです。これからも二人で歩いていこうね」

「付き合い始めた当初と同じくらい」を「付き合い始めた当初よりも」と変えても良いでしょう。

改めて彼氏に告白するようなメッセージがじーんとくるはずです。

そうすることで彼の今の気持ちも知ることができます。

彼氏の方から「こちらこそ、付き合い始めた当初よりも好きです」とくるかもしれませんし「ありがとう」とクールな彼氏であれば感謝をされることは間違いないでしょう。

4.「思い出をたくさん作ろうね」と伝える

女性は記念日などを大切にもしますが、同時に思い出も大切にすることが多いです。

これは男性にも同じことが言えます。

写真をたくさん撮って保存をしたり、一緒にいた記録を残すというのはとてもカップルらしい行動ですよね。

そんな記念日の日に「今日は〇〇の日だね。たくさん思い出作ろうね」と言うと、これから先ももっとたくさんの思い出を作るという、将来も一緒だよというような意味を込めることができます。

記念日は人によって様々ありますが、たくさんの思い出というのはその2人にしかない思い出になりますよね。

デートに行った思い出、泣いた思い出などたくさんあります。

それをこれからも一緒に作っていこうという意味があるので、彼氏の方も一緒にいようという気持ちが強くなることでしょう。

少し不安であったり重いかなと感じてしまう場合は「これからも、思い出をたくさん作ろうね」と「これから」という表現を入れることで、少し柔らかくなります。

ずっと、というような表現は少し重くなってしまうので、その様に感じさせないためにも「これからもよろしく」というような意味で入れると良いでしょう。

5.「いつもお疲れ様」と伝える

記念日であっても彼氏が仕事の可能性もあります。

学生であればアルバイトをしていることもあるでしょう。

ですがそんな時だからこそ「〇〇君、いつもお疲れ様。今日は記念日だね。仕事終わり楽しみにしてる」というようなLINEメッセージを送ることで彼氏の方も仕事やアルバイトだけれど乗り切れば彼女と会えると思うようになり、頑張ることができます。

特に男性は基本的に働いている場合は疲れていることが多いです。

普段の生活では言わないことでも「お疲れ様」というメッセージを送るだけでも彼氏としてはとても嬉しいのです。

そして仕事終わりに待ち合わせをして一緒に過ごすというような事もできますよね。

特にこのメッセージの特徴というのは、記念日前にも送ることができるという点です。

記念日の前日に仕事やアルバイトが入っているのであれば、その仕事を乗り切って明日は彼女と一緒に過ごせると思わせることができるのではないでしょうか。

後日デート中などに「あのメッセージありがとう」と言われること間違いないでしょう。

言われなくても、彼氏は照れ隠しをしていることも多いので、内心はとても喜んでいることでしょう。

6.「特別に甘えてもいいんだよ」と伝える

記念日というのはお互いが甘えたりしても良い日でもありますよね。

特に付き合った日であったり、誕生日というようなことになるとより一層、特別感を出すような日常になるのではないでしょうか。

そんな時に「〇〇君、今日は〇〇の日だから特別に甘えてもいいんだよ」と伝えることで、彼氏も「そっちも甘えていいんだよ」というようなラブラブなやり取りができるはずです。

彼氏というのは基本的に見栄を張ってしまいがちなので、どうしても男らしさを出そうとカッコつけたりすることが多くなります。

ですがこんな記念日だからこそ、甘えて欲しいと思うことも多いですよね。

その時にこのメッセージを伝えることで、彼氏も普段とは違った一面を見せたり、素の態度で接してくることが多くなります。

それは喜んでいるということに繋がります。

そんな態度をしっかりとこちらも受け止めるように心がけましょう。

記念日の時は彼氏が喜ぶLINEメッセージを送ろう

記念日の時に彼氏が喜ぶメッセージをご紹介しました。

皆さんは日頃メッセージを送れていますか?

もし送れていないということであれば、これを機にメッセージを送ってみましょう。

そうすることで、彼氏とも長続きするようになることでしょう。

 

    「記念日に彼氏へ送ると喜ばれるLINEメッセージ6つ」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く