彼が思わずキスしたくなる魅惑の唇の作り方!彼がチューをせがむ様な唇になろう

自分磨き最終更新日:2019年1月7日
女性の唇

唇は女性のチャームポイントになる部分です。

男性が思わずキスしたくなる唇があれば、それだけでモテてしまうことも多いでしょう。

しかし顔の肌の手入れは、必要以上にする人はいても唇のケアを手抜きで済ます女性が多くいます。

もしこの唇のケアをしないままでいると、単にキスをされなくなるだけではありません。

唇の血流自体が良く無いので唇の色がピンクから黒っぽい斑点のような唇のシミのような状態に陥る事があるので注意しましょう。

そんな大切な唇に潤いをもたせて、思わず彼がチューしたくなる様にする方法をご紹介します。

彼がキスしたくなる唇の作り方1:唇専用の美容クリームでぷるんぷるんの唇に

一般的に唇のケアと言えば唇が冬の寒さや乾燥によって荒れている事に気づいた時にリップを塗ると言った程度の女性が多いです。

就寝前のお肌のケア時に唇も唇専用のスチック状のクリームが販売されているので、日中のリップとは別に夜用として使いましょう。

これにより唇が保湿され、ぷるんぷるんになることができます。

もしそれらが入手できない時は、顔のスキンケア用の乳液でもかまいません。

唇の上下を、優しく○を描く要領で、マッサージして、日中用のリップをつけて就寝する習慣をつける事です。

メイクで思わずチューをしたくなる唇を演出

男性がキスしたくなるような好む唇は特に下唇がふっくらとして、温かみを感じる形です。

そのような唇では無いからとあきらめる事よりも、
メイクで石原さとみさんの様な魅惑の唇を造る事にチャレンジしてみましょう。

ます自分の唇の形を観てから、
口自体が大き目の女性は上唇を自分の唇よりも内に入った所に、
どちらかというと丸みの無い山形をリップペンシルで描きます。

次に下唇もそれに合わせた逆△の形を唇の内に、
今度は少し丸みを持ったふっくら感を出すように描きます。

その中を濃い赤では無く淡いピンクの口紅で塗り、
最後に輝きをプラスして、よりふっくら感を出す為のシャインリップを、
下唇の中央部分に塗ります。

ここで注意としてはシャイン感が強すぎると口だけが浮き出て、
顔のお化粧としてのバランスが悪く、わざとらしくなりかねないので、
下唇の中央だけという原則を守りましょう。

また、唇自体が小さかったり、
上下ともに横に薄い唇の女性は、
それはそれですごく綺麗に見せる事も出きます。

そのため前述の方法と同じようなメイクの方法で、
今度はまず、自分の唇よりも外に唇をペンシルで描く事からスタートすれば、
男性の心を捉える唇となる事、請け合いです。

 

    「彼が思わずキスしたくなる魅惑の唇の作り方!彼がチューをせがむ様な唇になろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。