LINEで告白する時のポイント

最終更新日:2015年7月12日

今、気軽にできるということでLINEを使って告白をする人が増えています。

直接言うと恥ずかしいという人でもLINEなら文章を色々考えてから告白できるので後悔しなくてすむという女性は多いです。

そこで、LINEで告白する際のポイントについてご紹介します。

1.会話の流れを一度止める

よくこの会話の勢いで告白してしまおうと会話の後すぐに告白のLINEを送る人がいますが、この方法では相手は冗談だと思ってしまい本気にされず失敗してしまう可能性が高くなります。

そこで、会話の流れを一度止めて本気だという事を伝えましょう。

会話の止め方は直接「ごめん、一旦この会話終わるね」とLINEで伝える方法や時間を15~30分以上置く方法があります。

1時間以上時間をあけてしまうと相手に用事ができてLINEができなくなる可能性があるので注意しましょう。

会話の流れを一度止めると相手にこれは本気の告白だということが伝わりますので、冗談と受け止めずに本気で考えてくれます。


2.相手のスケジュールを把握しておく

相手が忙しい時間帯に告白という重要なLINEを送ってしまうと「この忙しいのに」と好きな人にOKをもらうどころか悪印象を与えかねません。

ですので相手のスケジュールはしっかりと把握して大丈夫そうな時間帯に告白のLINEを送りましょう。

相手とすでにそこそこ親しいなら直接聞くことでスケジュールはある程度予測できると思いますが、そんなに親しくない場合は共通の知り合いや友人から相手のスケジュールを聞いてLINEを送っても大丈夫そうな時間帯を探しましょう。

3.曖昧な文章は書かない

男性は直接的な文章を好みます。

曖昧な文章は好みません。

ですので告白をしたい時はストレートに好きだと伝えましょう。

好きだと伝えるのが恥ずかしいからと遠回しな文章のLINEをしてしまうと相手は告白された事に気づかずに「一体何が言いたいの?」とイライラしてしまい、告白どころでは無くなってしまいます。

また、男性は長文のLINEも好みません。

ですので三行以内に相手に好きだと言うことを伝えましょう。

男性は言葉が短ければ短いほど、ストレートであればあるほど思いが伝わってキュンとするという人が多いので、告白をすると決めたら勇気を出して短くストレートなLINEを送りましょう。


4.画像を使う

ハートマークに「好き」と書いた紙を写メで取って画像を使って告白する方法も効果的です。

できれば自分の字で書いたものを送りましょう。

自分の字で書いたものなら相手は「それほど自分に本気なんだな」と受け取ってくれますし思いがけない告白の方法に相手は喜んでくれます。

画像ですので文章よりもより効果的に相手に好きだと伝えることができるのでこの画像を使った告白はオススメです。

また、相手が好きな風景や動物等と一緒に一言「好きです。

よかったら付き合って下さい」というシンプルな告白も相手は「自分の好みをしっかりと把握してくれてるんだ」とキュンしてOKしてくれる確率が上がります。

5.今から電話してもいい?とLINEをする

もしLINEで告白をした時に相手からのリアクションが「本当?本気?」等冗談だと思っていて本気で受け取っていないか微妙な反応なら「今から電話をしてもいい?」と聞いてみましょう。

そうすると電話をするほどの想いだと言うことを相手に伝えることができます。

また、男性は告白は直接言葉で聞きたいという人が多いので、告白LINEと一緒に電話をしてもいい時間帯を聞いてみるとより本気度が伝わり効果的です。


6.返事はゆっくりと待つ

告白する側からすると返事は早くもらいたいですが、ここで相手に返事を急がせてしまうと「そんな急に言われても」と気の使えない人だと思われてしまいます。

相手にもすぐにOKを出せない事情が色々あるかもしれないので、ここは焦らずにゆっくりと待つことを伝えましょう。

そうすると既読スルーの場合でも自分も「ゆっくり考えているんだな」と心の余裕が生まれます。

7.告白の前の下準備は大事

いきなりそんなに親しくない人からLINEで告白をされても相手は戸惑ってどうすればいいか分からなくなってしまいます。

ですので告白する前に相手とある程度親しくなっておきましょう。

まだ気軽にLINEができないような仲だったら共通の友人等に飲み会を計画してもらってそこから仲良くなり、二人でLINEをするのが自然になったら告白をしましょう。

この段階に鳴ったら相手もある程度は好意を持ってくれているのでOKをもらいやすくなります。

LINEを使って告白する際にはまずは落ち着こう

LINEを使って告白をする方は、いきなり電話や直接会って告白をすると緊張して上手く伝えることができないと思っている人が多いです。

そこで、まずはLINEで自分の気持ちを落ち着いて伝え、そこから電話か直接会って改めて気持ちを直接言うという人が多いです。

LINEだと文章を考えてから送ることができるので失敗がありません。

ですので上手に使って是非好きな人に気持ちをしっかりと伝えて下さいね。