LINEのやりとりで分かる脈ありサイン。男性からの好意を見逃さない様にLINEを使おう

最終更新日:2015年5月4日

気になる男性のLINEをゲット、ちょっとやりとりできるようになったけどこれって脈ありなの?どうなの?となる状況は結構あると思います。
そこで、LINEのやりとりで脈ありか脈なしか探る方法をご紹介します。

1.会話が続く

男性は、あまりメールや電話が好きではありません。
そんな男性とLINEで会話が続くようならそれは好意のあるサインです。

何も好意を持っていなかったらそんなに会話が続きません。
必要最低限だけで終わるのが普通なので、会話が続くということは脈ありと思ってもいいです。

しかも、何でもないようなやりとりがずっと続くのであればさらに脈ありと考えてもいいです。
そういう何でもないようなやりとりをあまり男性は好まないので、自分に合わせて会話をしてくれるなら「ひょっとして好意ありかも」と期待できます。


2.彼から返信がすぐに返ってくる

返信がすぐに返ってくるのも脈ありのサインです。
必要な話題でも男性はLINE等を面倒だと思って返信を返してくれない場合があります。

しかも、趣味や仕事を優先しがちな男性からすぐに返信が返ってくるようなら脈ありだと思っていいです。
さらに、返信が遅くても構わないような会話で返信が早かったらおそらくその男性はあなたに好意を持っているはずです。

そういうきちんとマメに対応してくれる男性は付き合ってからも気配り上手ですので是非ゲットしたいです。


3.男性からLINEが来る

男性からLINEが来る場合はこれは大いに脈ありです。
男性は女子に必要最低限の事でもLINEをするときに自分の代わりにその女性と仲の良い人に代わりにLINEしてくれないか頼む人もいます。

これは、男性が女子に対して「どんなに重要な事でもLINEをしたら色々誤解されたら嫌だ」と思うからです。

そんな男性からLINEが来るということは好意があるということです。
少なくとも嫌われてはいませんのでその点は安心して下さい。

まだあまりそんなに深いやりとりをするような仲ではないのなら、ここからゆっくり時間をかけて少しずつ自分が好意を持っていることに気づいてもらうLINEで会話をしていきましょう。


4.自分を優先してくれてる

間違いなく自分に脈ありのLINEのやりとりがこれです。
趣味や学校のグループがあってそのLINEで会話ができるのに、自分だけにLINEをしてくれる場合はこれはもうほぼ間違いなく好意を持っています。

ですので、こちらからもちょっと積極的になっても構いません。
1週間に一度のLINEなのを5日に1度、3日に1度と少しずつLINEする回数を増やしていきましょう。

ただし、男性は上記の通りメールや電話を好まない人も多いですので、まだ付き合っていない時はどんなに仲が良くても3日~5日に1度がいいでしょう。
それ以外は男性からのLINEを待つべきです。

あまりに頻繁にLINEをすると、せっかく男性が好意を持っていても「ちょっと鬱陶しいかも」と思われてしまいます。


5.趣味の話題をたくさんする

男性の中にはあまり自分のことを話したがらない人が多いです。
そんな男性が趣味の話題をたくさんLINEで話すなら好意を持っているサインです。

共通の趣味ならさらにラッキーです。
二人でその趣味を通して一緒に遊びに行こうと誘ったりできますし、趣味の内容ならLINEしやすいです。

さらに「これがわからないから教えて」と言われたら脈ありの可能性が高いです。
インターネットでいつでも必要な事を調べることができる現代社会でわざわざ自分に教えて欲しいと言われるということは、もっと二人でLINEをしたいと思ってくれている証拠です。


6.LINEやりとりの内容が楽しい

好意のない女性に対して楽しいLINEをする男性はいません。
大体は事務的です。

中には「喋るのは好きだけどLINEはどうすればいいのかわからない」という男性は多いです。
そんな男性からLINEスタンプで会話を盛り上げてくれようとしたり、楽しい会話をしようとしてくれているのならそれは脈ありの証拠です。

こうした会話のしやすいLINEを返してくれる男性は付き合うようになっても楽しいですので、きっと幸せな二人になることができます。


7.遊びに誘ってくる

こういうストレートなLINEを送ってくる男性は好意を持っていることを隠そうとしません。
ですので男性を好きな女子からしたら一番嬉しいLINEです。

ただ、こういうストレートな男性は遠回しな事を嫌いますので、男性をためすようなマネをすることは絶対にやめましょう。
何度も遊びに行くうちに自分も好意を持っているということをちょっとずつストレートに出すのが一番です。

LINEを積極的に活用する男性は脈ありの可能性が高い

LINEのやりとりで脈ありか脈なしか探る方法は以上です。
女子とLINEを積極的にしようとしたり、会いたがったりするのが脈ありのサインになります。

今はまだその脈が無い方でも、しつこくない程度にLINEをすることで自分の存在をアピールして好意を持ってもらうことができます。
せっかくの便利なツールですので、最大限活用して下さい。