LINEで彼氏とする話題5つ。毎日する話題がない時に使えるネタとは

LINE 恋愛最終更新日:2019年5月16日
LINEを送る女性

やっぱり彼氏とは会っていない時でも毎日メールやLINEで繋がっていたいですよね。

でもわざわざ送るほどの話題もないし、いきなり占いや心理テストのURLを出して一緒にやろうと提案するのもあざとい気がしてしまいます。

そもそも彼氏は忙しいかもしれないし、自分からのメールやLINEなんて望んでないのかもしれないと考えてしまう女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は毎日LINEを送る話題がないという時に使える話題をご紹介します。

1.鉄板のLINEは天気の話題

定番かもしれませんが会話を始めるにはもってこいの話題です。

「今日はいい天気だね」とか「雨だね」などから切り出して「今度会う日も晴れるといいな」とか「傘もった?」などなど繋げてみましょう。

さらに「今日は暑いから熱中症に気をつけてね」や「今日から気温が下がるからあったかくしてね」など、彼氏にさりげなく身体を気遣うアピールができるのも天気の話題のメリットです。

また天気は毎日変わるものですので、テレビやスマホのアプリの天気予報をチェックするだけで彼氏にLINEを送る内容が見つかります。

天気のような他愛もない内容のLINEでさえも、彼氏にとっては「自分とLINEしたいんだな」と微笑ましい気持ちになります。

うまく会話が繋がると「今度天気がいい日に●●にいこうか」と彼氏からのデートのお誘いが来るかもしれません。

2.ヒマなことをアピール

「ヒマ」は何とも無粋な感じですが、とくに話題がないけど構ってほしいということを的確に現した言葉です。

もしもそのとき彼氏が忙しいなら忙しいとか仕事だとか言ってくれるでしょうし、ヒマなら何らかの形で構ってくれるでしょう。

かわいいスタンプなどといっしょに「今なにしてるの?」とかわいく送るのがポイントです。

暇な時に真っ先に連絡をとりたいのが彼氏だということをさりげなくアピールできるといいですね。

ただしこの「ヒマ」アピールは送りすぎるのは禁物です。

何度も送るとかまってちゃんだと思われて彼氏に飽きられちゃうかもしれません。

たまに送ることで効果絶大なので、頻度にだけは気をつけてください。

3.絵文字やスタンプだけを唐突に送る

話題がないのなら会話を送る必要はありません。

あなたが望んでいるのは彼氏と毎日メールやLINEで繋がっていることのはずなので、話すことがなければ絵文字やスタンプを送るだけでも連絡を取り合うことができます。

絵文字にはハートマークや笑顔など感情をあらわすものが充実しているので、それだけでも充分に意思疎通ができるでしょう。

LINEのスタンプは多彩なのでスタンプだけでも様々なコミュニケーションをとることができるはずです。

投げキッスしているものやハグしているものなど、スタンプで愛を伝えることは十分可能です。

さらに彼氏が好きな漫画やアニメのキャラクターのスタンプを無言で送るのもオススメです。

彼氏の好みをきちんと把握しているアピールもできますし、彼氏の方からそのキャラクターにまつわる話題を提供してくれるかもしれません。

気になる人とのLINEでは疑問形で送ることが鉄則です。

しかし「彼氏」という片想いの時より一歩進んだ関係性であれば、絵文字やスタンプだけを送っても何の問題もありません。

彼氏にとってもお仕事中や少し時間がない時にでも返しやすいですよね。

また、彼氏自身も「返信の文章を考えなきゃ」というプレッシャーがないので、同じくスタンプで返してくれるかもしれません。

会っていなくてもかわいいスタンプを送ってきてくれるあなたに「俺のことが好きなんだな」と彼に思ってもらいましょう。

4.好きだということをLINEで改めて伝える

なんだかんだ言って、好きと言われると嬉しいですよね。

あなたがそんなことを言うキャラでない場合はともかく、話題が無いのならこの言葉からキャッチボールをはじめてみるのも良いでしょう。

「好き」から始めて延々とノロケ話を繰り広げるのも楽しいものです。

「あなたのこういうところが好き」と具体的に褒めてあげるのも効果があります。

最初は緊張するかと思いますが、お互いに「あなたのことが大好き」とやりとりしているうちに、会っていなくてもまるで会っているかのようなキュンとした気持ちを感じることができます。

彼氏に「突然そんなこと言ってきてどうしたの?」とびっくりされたら「直接だと照れてうまく伝えられないから」とアピールすれば、さらにかわいらしさアップですね。

5.応援のメッセージを送る

仕事に勉強に頑張る大好きな彼氏に「頑張って」と応援のメッセージを送りましょう。

ポイントは長々と送らず手短に送ることです。

もしも彼氏がお仕事が忙しい時期でも、ただ一言、あなたからの「頑張って」という言葉があれば、彼氏は元気をもらえるはずです。

しかしあなたの想いが強すぎるがゆえに長々と応援メッセージを送ってしまうと、彼氏も「どうやって返事を返そうか」と悩んでしまいます。

こちらから手短に送っていれば、返信も「ありがとう」と送るだけで大丈夫ですよね。

メールやLINEで心理テストの外部サイトを送ったり動画のURLを送信したりするのは、たまには良いですが連発は相手の気を悪くします。

何故ならこのような入力が必要なページや動画サイトへの誘導は、相手の自由な時間を拘束することになり、ストレスを与えかねないからです。

彼氏にとっては「この子は自分の都合しか考えていない子だな」と思われても仕方がありません。

カップルで行うと楽しい心理テストなどは、ふたりで直接会っている時に楽しみましょう。

「会えない時間がふたりを育てる」という言葉があるように、一緒にいない時のメールやLINEはカップルにとっては重要です。

大好きだからって連投しすぎはよくありませんが、寂しい時や構って欲しい時は素直に気持ちを伝えることも大切です。

彼氏に迷惑をかけないようにと、メールやLINEを我慢するのもよくありません。

会えない時間もお互いに繋がっている感覚を持っていることが大切です。

ただ男性は女性に比べてメッセージの文章を考えたり返信したりするのが苦手な人が多いのも事実です。

返事がすぐに返ってこないからといって、浮気を疑ったり彼を束縛してはいけません。

また、あなたが彼氏と末長くお付き合いしていくにあたって、メールやLINEのペースが合うかどうかはとても重要です。

例えばあなたが、5分以内に返信を返す人だったとしても、彼氏が必ずしも同じペースで返してくれるかどうかは分かりません。

お互いに自分のペースがあると思いますから、お互い譲れるところを探しながら、会えない時も素敵なメッセージをやりとりしていきましょう。

メールやLINEは電話と違って拘束性がないところに利点があります。

それを踏まえたうえで気軽に連絡をとってみましょう。

LINEで彼とつながっていこう

LINEを効果的に使いながら、彼氏にあなたと会っていない時でもあなたのことが頭から離れられないようにしてしまいましょう。

そうすることでより二人の距離は縮まりラブラブになっていくはずです。

 

    「LINEで彼氏とする話題5つ。毎日する話題がない時に使えるネタとは」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。