待合時間にすると良い暇つぶし方法。銀行や病院の待ち時間を楽しく過ごそう

最終更新日:2016年1月2日

病院や銀行などが混んでいると一時間~四時間待ちは当たり前…といったこともありますよね。

病院も銀行も多くの人が集まる場所なので基本的には静かにしていなければなりませんし、長時間待たなければならないとなるとかなり退屈になってしまいますよね。

そこで今回は病院や銀行等の待合時間にできる暇つぶしをご紹介します。

1.スマホでゲーム

病院によってはスマホ禁止のところもありますが、スマホや携帯電話の「通話」は禁止であってメールやネットなどはOKのところも存在するでしょう。

銀行の場合はスマホは基本的にOKなはずですので気兼ねなく使うことができます。

ただし、スマホでゲームをすると言っても「音の出るもの」は基本的にやめておきましょう。

大きな音を出してしまっては周りの迷惑になってしまうでしょうし、イヤホンをしてしまうと病院や銀行での自分の順番を聞き逃してしまう恐れもあります。

スマホでできるゲームやアプリの中でも音を行かなくても楽しめるものを選ぶと良いでしょう。

また、スマホはアプリやゲームを使うと充電の消費が激しくなってしまうので携帯用・電池式の充電器などを持っていくと気にせず使用できるので便利です。

一時間ほどの待ち時間であればスマホのアプリやゲームをしているだけで過ぎてしまうので、常に持っているスマホで暇つぶしできるので荷物がなくてうれしいところかもしれませんね。


2.読書

待ち時間の暇つぶしで一番の定番と言えば「読書」でしょう。

待ち時間に合わせて分厚い本を持っていくことによって椅子さえ確保できれば楽しい待ち時間になります。

家にある読みかけの小説や物語を持ち出して読んでみてはいかがでしょうか。

病院内や銀行の中では基本的に静かにしなくてはなりません。

そのため、読書は周りに迷惑をかけませんのでもってこいです。

さらに、活字の本だけでなく漫画や雑誌も読書に入るようなので、活字の本が苦手と言う方にもうれしいですよね。

病院などは待ち時間が多いことを見通して、新聞や雑誌などを常備してくれているところもあり、重たい雑誌や本などを用意しなくても良いところがうれしいですよね。

小説と言っても、しっかり読み込めば単行本一冊でも2時間くらいはかかってしまうはずですので、持参したとしても大した重さではありませんし、バッグの中で邪魔をしないでしょう。

また、値段も新書で350円~700円ほど、古本では1円~とそこまで高くはないので、病院の待ち時間を「本を読む時間」にしてみてはいかがでしょうか。

読む本によっては知識を深めてくれたり、教養を伸ばしてくれたりして充実した時間になるでしょう。

3.クロスワードパズル・ナンプレ

新聞の端っこに乗っていることが多い、クロスワードパズルやナンプレだけを書籍化したものが多く販売されているのをご存知でしょうか。

スマホや辞書を使わずにクロスワードパズルをするのはかなり面白いですし、ナンプレもかなり頭を使うゲームです。

必要なものはペンだけなので、うれしいですね。

さらに、スマホの充電も使わないですし、音も出なくて静かなので周りに迷惑をかけません。

しかも、このクロスワードパズルやナンプレの書籍と言うのはポケットに入るくらいの小さなものが多く、単行本よりも軽くて場所を取らないのがうれしいですよね。

文系の人はクロスワードを、理系の人はナンプレをやってみると自分の得意分野なので楽しいのではないでしょうか。

バッグの中に余裕があれば常に入れておくと、病院や銀行の待ち時間だけでなくちょっとした空き時間にも楽しむことができるのでオススメです。


4.病院であれば外へ行く

病院で待ち時間が多い場所は「外へ出る」という選択が可能になっているところも多いものです。

というのも、検診や薬の処方だけにきているのに、長時間の待ち時間で病院内にいては他の伝染病をもらったりしてしまう可能性も高いからです。

そのため、院内で待ち時間を過ごすのではなく、外で暇つぶしをするという方法もあります。

受付の係員に「外に出ていてもいいですか?」と聞いて自分の待ち時間がどのくらいかを予想してもらい、どのくらいで戻ってくるべきなのかを聞くことができます。

そしたら近くのカフェにいって食事を取ったり、ウィンドウショッピングなどをして自分のペースで時間をつぶすことができます。

上級者になるとカラオケに行ったり、漫画喫茶などを利用する人もいるそうです。

熱などで具合が悪い場合は外に出ることはオススメできませんが、検診や予防接種など外に出ても問題ないような場合は外での暇つぶしもいいのかもしれませんね。

待ち時間の暇つぶしをしよう

病院や銀行の待ち時間における暇つぶしはスマホ一つあればできるのかもしれませんが、その暇つぶしでさえ自分を高めるような読書や勉強をできれば、そのほうが良いでしょう。

つまらない時間をいかに楽しく過ごすかも人生で重要なスキルとなってきます。