テーマパークの行列中にできる暇つぶし方法。スマホ以外でも盛り上がれる

最終更新日:2016年1月29日

楽しみにしていた人気のテーマパーク。

思いきり楽しむ気できたのに、長い順番待ちで台無し、なんてことにしたくありませんよね。

スマートフォンの電池はできるだけ確保したいし、友達や恋人と来ているのであれば相手のことも気になります。

そんな時に使える時間つぶしをご紹介します。

1.定番のしりとり

しりとりのルールは誰でも知っていますよね。

前の人の言った単語の語尾を語頭にして、単語を繋げていくゲームです。

(例.りんご→ごりら→ラッパ)「子供じゃないんだし、つまらない」と思うかもしれませんが、これが結構盛り上がるのです。

更に「縛り」をつけて遊ぶと、ついつい時間を忘れてのめりこんでしまうかもしれません。

テーマを決めて、それに則った単語でしりとりをします。

一緒にいる友達が共通の趣味をもっているのなら、その趣味をテーマにしてみると、お互いに盛りあがれますよ。

言葉はその人の性格や生活を如実に表わします。

相手の知らなかった一面を知ることができるかもしれません。


2.パンフレットでこれからの予定をたてる

テーマパーク内のパンフレットが手元にあるなら、それを見て時間を潰すのはいかがでしょうか。

一緒に遊びに来ている友達と「次はどこ行く?」「お昼は何食べる?」等、今後の予定を組んでみましょう。

だからって、そこでたてた予定に忠実に一日を過ごすことはありません。

このときたてる予定は、いいかげんであればあるほどその時の時間つぶしにはちょうど良いでしょう。

その流れで話が脱線してしまうことは大歓迎ですよね。

徒然なるままに、会話を楽しんでしまいましょう。

お化け屋敷が苦手…など、相手の知らなかった一面が見られるチャンスです。


3.以外に盛り上がる人間観察

順番待ちをしているからには、観察する対象に困ることはありません。

趣味にする人も多い人間観察を、これを機に遊びの感覚でやってみましょう。

まさに議題である、順番待ちの人間は何をしているのか、を見るのも楽しいかもしれません。

カップルの話に耳を傾けて友達と勝手な憶測を並べてみたり、泣いている子がいたら、なぜその子は泣いているのかを考えてみたりと、始めてしまうと深みにはまってしまうかもしれません。

日ごろ何気なく見ていて景色の一部のように思っていた他人が、急に生き生きと色味を持ち始め、自分にとって何か大きな存在になるかもしれません。


4.「もしも」の話で盛り上がる

「もしも」という過程の話をして会話をしてみましょう。

最初はなんだか無理やりゲームをしている感覚で気まずいかもしれませんが、流れができてくると相手のことを考えたり自分のことを考えるのが楽しくなってきます。

「もしもAくんが犬だったら」等、突飛でありえないことを想定すればするほど、話は明るい方向へ進んでいくでしょう。

また、自分には見えていなかった自分のことを教えてもらえるかもしれません。

自覚している自分と、人から見る自分は大きく違うことがあります。

あまり重大にとらえずに、気に入らないことには相手のことを言い返したり、思わず日ごろ言えなかったことを言ってしまうかもしれません。

ケンカにならないように気をつけましょう。


5.写真を撮る

テーマパークに来ると、アクティビティが楽しくてつい写真を撮るのを忘れてしまいませんか。

カメラを持ってきていなくても、携帯のカメラ機能を使えば、簡単に思い出を写真に残すことができます。

また、無料通話サイト等を使えば簡単に友達と共有することができます。

順番待ちの間は、スナップ写真のように何気ない瞬間を捕えるもよし、カメラを向けているのを見せておきながら「自然な写真が撮りたいから、自然な演技して」等、後で見て皆で笑えるような写真が撮れるかもしれません。

今まで写真を残してこなかった人も、新たな楽しみを発掘することができるでしょう。


6.頭を使うゲーム

頭を使うことが好きな人には考えるゲームがオススメです。

「ウミガメのスープ」というゲームは、1、出題者がストーリー仕立ての問題を出題する。
例.レストランでウミガメのスープを飲んだ船乗りが死んでしまったのは何故

2、その他の回答者が、問題についてイエスかノーかで出題者が答えられる質問を投げかける。
例.船乗りは自殺ですか

3、出題者が質問に答え、質問と回答を繰り返していく内に真相が明らかにされていく

というゲームです。

出題者も頭を使うので時間がかかるかもしれませんが、スマホで調べれば例題はいくつも出てきますし、自分の体験から話すこともできます。

今回はなるべくスマートフォンを使わない暇つぶしを紹介しましたが、電池があるのであれば順番待ちの時間のつぶし方を検索することを暇つぶしにすることもできますよね。

テーマパークの行列を楽しもう

電子機器無しででできる単純で奥深いゲームはたくさんあります。

これを機に、お互いの深層心理が暴かれるような、思い出に残るドキドキの暇つぶしゲームを楽しんでみましょう。