メイクでふんわりカワイイ顔になる方法。チークやアイラインがポイント

最終更新日:2016年2月23日

女性にとってメイクは必須です。

メイク次第で大人かっこよくなったり、色っぽさが出たりと色々楽しめるのは女性の特権ですよね。

そんなメイクをもっと楽しみつつ、可愛らしさも出してみませんか?

今回はふんわりカワイイ顔になるためのメイクのポイントをご紹介します。

1.ファンデーションやベース

ファンデーションやベースには普通色で自然な肌色を選びましょう。

濃いめの色だと活発的なイメージになるので、ふんわりカワイイを求めるなら、美白が1番。

そしてパールの入った白粉パウダーも忘れずにのせましょう。

光にあたると細かいパールパウダーの粒子がキラキラとして肌を凄くキレイに魅せてくれます。

シミなどが気になるかたは1トーン明るめの色のコンシーラーを指で軽く叩き込んで消すと、肌全体がキレイにみえるのでふんわり感も増します。


2.眉毛

眉毛は少し太めに眉尻は少し下げぎみに書くのがポイントです。

眉尻の位置はとても重要で、上がりすぎると気の強いようなイメージになったりします。

また太さもポイントで、細すぎると顔全体がボケた感じになってしまいます。

目尻の少し手前くらいから下げぎみにして描くと良いでしょう。

また色は焦げ茶色が1番ふんわり感が出ます。


3.アイシャドーのカラー

アイシャドーの色で目元の印象が変わります。

今回はカワイイというのがポイントなので、ゴールドパールとピンク、オレンジパール、ブラウンなどの色が理想です。

まず瞼全体にオレンジパールをのせますが、あまり濃くなりすぎないようにしてください。

その後、ブラウンをアイラインを引くように二重瞼が折り重なる部分にのせます。

目尻の方までしっかりのせます。

そしてピンクを目尻辺りに重ねるようにぼかしながら薄めにのせましょう。

下瞼にはゴールドパールをのせて、下の目尻にはブラウンで上の目尻との際に逆三角形ができるようにのせます。

そして綿棒で軽くぼかします

ぼかしはふんわり感を出すには重要です。

綿棒でやるとうまくできます。


4.アイラインは長めで

アイラインは焦げ茶色のものを使用します。

真っ黒な色を使うと目元がきつくなってしまうので、今回のご紹介では焦げ茶色をオススメします。

目尻まで目の形に沿ってまつ毛とのキワキワに引いていき、目尻まできたらそのまま斜め下向きに、気持ち長めにひいてください。

目尻を跳ねあげるとふんわり感がなくなりますので、あくまでタレ目のようなイメージでひくのがポイントです。

ペンシルタイプのもので芯が細いものは、折れてしまったりして扱いにくいですが、リキッドに比べると失敗が少ないので、アイラインがうまく描けないというかたはペンシルタイプがオススメです。


5.チークはほんのり

チークはほんのりピンクかオレンジ色が合います。

頬骨少し上辺りにポンポンと斜め上に向かってのせていきます。

あまり濃いめの色やたっぷりのせるのはいけません。

チークぶらしでぼかしながらのせるとキレイにできますが、今はチークパウダーとパフが合体したものなどもあります。

パフが取り付けられたチークパウダーケースごとポンポンやるだけでふんわり軽くチークをのせる事ができるものも販売されています。

チークぶらしですと、少しムラができる時もあるので、初心者のかたは合体しているもののほうが扱いやすいでしょう。


6.グロスは必須アイテム

口元は女性らしさを出す重要部分です。

この時期、唇が乾燥してガサガサでも薬用リップ効果のあるグロスを使う事で、唇も保護できますし、色ツヤやぷっくり感が愛らしく見せます。

下唇は少しはみ出しぎみに塗ると、濡れてる感やぷっくり感が出てきます。

また色はグロスの場合、結構濃いめのものを買っても、透明感がある為、そこまで派手る事はないので、濃いめのピンクなどでも良いですし、オレンジや薄いピンクでさりげなくというのもカワイイ感じになりますよ。


7.まつ毛は濃く長く

今はアイラッシュをやられているかたも多いでしょう。

そういうかたはマスカラはあまり必要ないかと思いますが、下まつ毛までアイラッシュをしていないのであれば、下まつ毛にはマスカラを使うと、目元がパッチリします。

自分のまつ毛のみのかたは、繊維の入ったマスカラで長さとボリュームをつけましょう。

特に目尻のほうは念入りにやるとタレ目感が出て良いですよ。

つけまつ毛のかたは目尻が長めで多めのものと下まつ毛も部分的につけると良いでしょう。

ふんわりカワイイ顔にメイクでなろう

ふんわりカワイイ顔になるためには、美白に近づける事とあまり濃い色合いのものは使わない事です。

そしてタレ目ぎみにアイメイクをして、まつ毛はクッキリみせる事です。

基本カラーはピンク、オレンジ、ゴールドパールやピンクパールなどですが、目の形に合わせてキワにのせるものだけは濃いめのブラウンを使ったりぼかしたりする事で、目元がきつくならず、ふんわり感などがうまれます。

うまく色を使い分けてみてください。