おちょぼ口女性に似合うメイク6つ

最終更新日:2016年2月23日

ちょっと小さめの唇「おちょぼ口さん」。

周りから見るととっても可愛いらしい唇ですよね。

でも、本人的にはリップメイクが上手くいかなかったりして、あんまり好きじゃないって思ったり悩みを抱えてしまう方が結構いたりします。

そこで今回はおちょぼ口さんにオススメのリップメイク術をご紹介します。

1.グロスでぽってり唇

おちょぼ口女性のリップメイクに1番合うアイテムはグロスです。

グロスは、今や色々なタイプの物が存在します。

サラッと付けられる物から、少しこってりとした物、ティントのように色がしっかり付くもの、自分の唇に合わせて色が変わるもの。

大体グロスであればどんなタイプでも似合いますが、オススメの物はこってりとしていてボリュームの出る色付きタイプのグロスです。

パールやラメの入っている物もいいでしょう。

それを、少し多めにあまり唇のラインを気にせずのせます。

それだけでぽてっとした可愛い唇が出来上がります。


2.赤リップで立体的に

お口が小さいと赤リップを使うとどうしても唇にだけ浮いてしまいがちですが、塗り方によってはとっても素敵に仕上がります。

まず、唇用の下地を使ってしっかり唇を潤します。

乾燥してシワシワのままですと上手く仕上がらないので下地をしっかり作ってください。

そして、筆を使わず赤リップを人差し指に付けます。

その指で下唇の中央にちょんちょんと叩くように色をのせます。

更にそのままの指で叩きながら口角に向かって唇に赤リップを広げていきます。

この時、指先を滑らせながら伸ばしてしまうと上手くグラデーションにならないので気を付けて下さい。

上唇も同じように色をのせます。

そうすると自然に血色が良くなったような可愛い赤リップに仕上がります。

上から透明なグロスをのせて出来上がりです。


3.ベージュはパールやラメを効かせて

おちょぼ口さんの唇は顔のパーツの中でも存在感をあまり出さないのでベージュのリップを付ける時にはパールやラメを効かせてあげましょう。

また、ベージュの中でもイエローですと馴染みが良すぎてしまうので、唇の存在感を出すためにも少しピンクよりの物を選ぶのをオススメします。

まず、筆を使ってキレイにベージュのリップを塗ります。

そして、その上からアウトライン気味にパールやラメの入ったグロスを付けます。

グロス自体は色味があまりなくても大丈夫です。

パールやラメの入ったグロスをアウトライン気味にのせることによって、唇が立体的になりベージュでも華やかなリップメイクが出来ます。


4.ピンクはコーラル系でナチュラルに

ピンクリップを選ぶ時は青みがかったピンクよりもコーラル系やもも色っぽい黄みがかった色を選びます。

青みがかったピンクですと浮きやすく唇が小さい事をより主張してしまいます。

もし、青みがかったピンクを使用したい時は同じ色のグロスも重ねてあげましょう。

コーラル系のピンクリップは、筆を使ってキレイにぬったら最後にパールかラメの入ったグロスを唇の中央だけにのせます。

全体にのせてしまうと少しやりすぎた感じになってしまうので気を付けて下さい。

中央だけにのせる事で立体的で自然な雰囲気に仕上がります。


5.明るめオレンジでフレッシュ

夏のメイクにピッタリなオレンジを選ぶ時は明るめのキレイなオレンジを選びましょう。

マットタイプよりはパールやラメの入ったキラキラした物がオススメです。

同じ色のグロスもあると良いです。

筆を使って唇に色をのせ、グロスも筆を使ってのせます。

ぽってり仕上げるより、口紅とグロスを一体化させ元気で明るい雰囲気にしてあげます。

あまり塗り方にこだわらなくてもキレイに仕上がるので初心者さんにもオススメです。


6.ダークカラーはラインで補正

小さくて可愛いイメージになりがちなおちょぼ口さん。

ボルドーやプラム色などのダークカラーの使いこなしって難しくてなかなか挑戦できなかったりします。

でも、大丈夫です。

コンシーラーとリップペンシルを使えば流行りのダークカラーだって使いこなせちゃいます。

まず、コンシーラーを使い下唇の中央部分の丸みを少し消します。

丸みが出てしまうと可愛い雰囲気になりやすいので注意します。

ダークカラーはかっこ良く仕上げてみましょう。

次にリップペンシルを使い口角から中央部分までは少しアウトライン気味に、中央は丸みを消した部分をはみ出さないように少しインサイド気味に囲みます。

上唇も少し丸みをコンシーラーで消してストレート気味にラインを引きます。

ダークカラーのリップはラインをしっかり作るとよりキレイな仕上がりになるので一手間加えるのがオススメです。

そして、筆を使ってキレイにリップをのせます。

グロスを使わず仕上げても大丈夫です。

もし少し艶っぽくしたいのであれば透明なグロスを取り筆でのせてください。

秋・冬服に合うかっこ良いリップメイクの完成です。

おちょぼ口を活かしたメイクをしよう

おちょぼ口を気にする方はリップメイクが苦手だったり、使う色が偏ってしまったりしますが、実はどんな色でも使い方次第で活用出来てしまいます。

それどころか、とってもリップメイクを楽しめる唇の形なんです。

今はプチプラからハイブランドまで沢山の色やアイテムがあります。

是非自分の好きなカラーを諦めず、素敵に仕上げてみてください。