目元を明るくするメイクをする女性
   

目元を明るく見せるアイメイク術!ポイントはまつ毛とアイシャドウ

アイメイク最終更新日:2016年2月23日

お化粧をキチンとしたのになんだか重く暗く見えてしまうなんてこと無いでしょうか。

メイクはただやれば良いというだけでは有りません。
濃くやればやるほど重く思われがちです。

ナチュラルでパッと明るく見えるようなメイク術が有れば試してみたいですよね。
そのメイク術のポイントになるのは目です。

目元が明るければ華やかになります。
メイクのポイントをつかんで自分の技にしましょう。

1.まつ毛をキチンと上げる

これは基本中の基本です。

どんなに明るいメイクをしても、まつ毛が上がっていなければ明るい印象を与えることは出来ません。
ビューラーを使ってキチンとまつ毛を上げましょう。

やり方としては、マスカラを塗る前にビューラーでまつ毛を上げます。
そしてマスカラを塗ります。

ここで重要なのは、沢山塗らないことです。

濃くより長くをイメージして2~3回程度で良いでしょう。
最後にマスカラが乾いてからビューラーで上げます。

よくマスカラを濃くやる方が居ますがすぐにまつ毛が下がって来てしまうので、ナチュラルを心掛けて下さい。
もし、まつ毛があまり無い、短いようでしたらまつ毛美容液でまつ毛を生やしてください。

まつ毛が上がっていると、とても目元が明るく見えます。

2.明るいアイシャドウを使う

よくブラウンなど暗い色をを使いがちですが、
明るいアイシャドウを使うと明るく見えます。

しかし注意点として明るい色を使うのはまぶた全体を塗る時に使うということです。

アイシャドウには明るいものから暗い色まで有りますよね。
それの一番明るい色をまぶた全体に塗ってください。

ラメが細かくてツヤツヤに見えるような物を選ぶと良いでしょう。
自然にツヤツヤ光って見えるのでナチュラルに明るく見えるでしょう。

そして、その後に色の有るアイシャドウを塗るのですが、
ブラウン系は、大人っぽく見える反面老けて見えてしまいますので、
明るいゴールドかクールなイメージのブルー系の物が良いです。

ブルー系はとても使うのに勇気がいる方も少なくないでしょうが、
もし勇気が無いのであればペンシル型のブルー系の物を使ってまつ毛の上辺りに引いてください。

そうすることで、目をつむった時にブルーが見えるので、目元が明るく見えます。
ずっと目を開けているわけでなくまばたきをするのを想定することも大切です。

3.シミ、くすみを消す

明るく見せる為には、シミ、くすみを消すことはとても重要です。

ベースメイクをするときに、コンシーラーを使って確実に消してください。
しかし、その前に重要なことがあります。それは、うぶ毛をキチンと処理することです。

お化粧やコンシーラーを塗るときに毛が有ればその分ムラが出てしまい、
全く意味の無いものになってしまいますから、キチンと処理した上で効果的にコンシーラーを使いましょう。

あまり隠れないようなシミなどは重点的に濃く塗ってから、ファンデーションを塗ると良いでしょう。

コンシーラーを濃く塗ると浮いてきてしまう場合が有りますから、ファンデーションをするときはキチンと抑えながら叩きましょう。

やり方次第では、あまり華やかなお顔じゃなくても、
お化粧をしてパッと明るく見せることが出来ます。

自分のシミやくすみなどの状態を知り、自分なりの目元を明るく見せるメイクを心掛けて下さい。
アイメイクで明るくキレイに見せられると良いですね。

, ,  

    「目元を明るく見せるアイメイク術!ポイントはまつ毛とアイシャドウ」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。