赤リップに合うアイメイクとは。ナチュラルからブロンズ系までアイメイクで赤リップを映えさせよう

アイメイク最終更新日:2019年7月12日

赤リップに合うアイメイクはどのようなものでしょうか。

最近女性の間では「赤リップ」が流行っていますよね。

キリッとしていて、セクシーな赤リップには誰もが憧れてしまうはずです。

そんな赤リップは、主張が強いので合わせるメイクには迷ってしまうこともありますよね。

そこで今回は「赤リップに合うアイメイク」についてご紹介します。

1.赤リップにはあえてナチュラルなアイメイクを合わせる

赤リップに合わせるアイメイクは、あえてナチュラルにしてみるのがポイントです。

「赤」という強い印象の口元と、ナチュラルで弱めの印象の目元との間に、あえてギャップを出してみるという方法なのですが、それがなかなかマッチします。

ただしナチュラルなアイメイクとはいえ、アイラインだけはしっかりと濃い目に引くのがポイントです。

こうしておけば赤リップとの統一感が生まれ、メイクがちぐはぐに見えてしまうのを防ぐことができます。

アイラインは上のまぶたのきわに少し濃い目に入れて、まつげの量を多く見せましょう。

目尻を少しだけ跳ね上げるようなイメージでアイライナーを動かして引いていき、目もとをクールに引き締めてみましょう。

そして次に、濃いブラウンのアイシャドウでそのアイラインの輪郭をぼかしていきます。

アイラインをぼかすことで、少しだけ優しい目元を作ることができます。

これでこのアイメイクのポイントになるアイラインは完成です。

アイラインが完成したら、その後にアイホール全体にパール系のアイシャドウをのせていきます。

ベージュ系やピンク系のアイシャドウを、アイホール全体にのせていくことで、アイメイク全体を馴染ませていきましょう。

それから、ビューラーを使ってまつげをしっかりとカールしていきます。

しっかりとカールさせることができたら、今度はまつげにマスカラを塗っていきましょう。

なるべく薄めにマスカラを塗ります。

カラーは、濃いブラックなどではなく、ナチュラルなブラウン系にするとより良いでしょう。

そうすることで、目力を出しながらもピュアな印象の目元になりますので、赤リップとの相性もバツグンになります。

ピュアな目元とキリっとセクシーなくちびるという組み合わせは「少しだけ背伸びをした愛らしい女の子」を演出してくれます。

2.囲み目でスモーキーなアイメイク

囲み目でスモーキーなアイメイクも赤リップにはオススメです。

囲み目のような、少しだけパンキッシュな雰囲気のアイメイクも赤リップには非常によく合うのです。

目元も口元もキリッとさせて、とびきりセクシーにしてみるのもなかなか素敵に映えます。

パンキッシュな囲み目に仕上げるためには、アイラインを上瞼にも下瞼にもしっかりと引くということがポイントとなってきます。

まず、上まぶたのアイラインは少しつり目気味に見えるように、目尻側をスッと跳ね上げずに平行気味に引きましょう。

そして、下まぶたには目の粘膜のギリギリのところに、少し太めにアイラインを引いていくのがコツです。

特に目尻と目頭の部分をハッキリとさせるために、その部分をしっかりと囲むようにアイラインを引くと、よりキリッとした印象の目元になりますのでぜひチャレンジしてみてください。

アイシャドウは、パールやラメの入っていないものを使ってください。

濃いブラウンか濃いベージュ系のアイシャドウを薄めにとり、アイホール全体にぼかします。

また、よりパンキッシュなイメージの目元に仕上げたい場合には、ブラックのアイシャドウで最初に引いたアイラインの部分を細くなぞるようにして塗るのも良いでしょう。

この場合「細く入れる」ということがとても大切ですので、ブラシではなくアイシャドウチップなどを使うことをオススメします。

まつげは少しだけカールさせてください。

そして、マスカラはしっかりと塗りましょう。

ブラック系のボリュームタイプマスカラなどがオススメです。

そうすることで、強い印象の赤リップともぴったりとマッチするようなカッコイイ目元を作ることができます。

3.ブロンズカラー系のアイシャドウ

ブロンズカラー系のアイシャドウは、赤リップと色味的にもよく合います。

それに加えて、ブロンズ系のアイシャドウは、華やかでちょっぴりレトロな印象の目元を演出してくれます。

ブロンズ系のアイシャドウを使ってアイメイクをする場合には、アイラインは上まぶたの目尻と目頭を中心に濃い目に引きましょう。

目尻側は大きく跳ね上げるようにして、アイラインを引きます。

下まぶたには目尻の側のみ、目の3分の1くらいのところにアイラインを引いて行きましょう。

アイラインを引き終わったら、パールが入ったブラウン系のアイシャドウを使って、上下のアイラインをぼかしていきます。

アイラインをぼかし終わったらその後に、アイホール全体にブロンズ系のアイシャドウを重ねていきます。

このとき、アイシャドウをまぶたの中心部分から少しずつ広げるようにしながらぼかしていくと良いでしょう。

その後で、目尻用のつけまつげを利用して、目尻に長さを出しましょう。

「つけまつげは使いたくない」という方は、ビューラーで目尻側のまつげを中心にカールしてから、目尻部分を中心にマスカラをしっかりと塗るという方法もあります。

そうすることで、華やかでレトロなイメージの目元を演出することができ、赤リップがバツグンに映えるのです。

4.ネイビーのマスカラやつけまつげ

意外にも赤リップとマッチするのが、ネイビー系のカラーです。

しかし、アイシャドウにネイビーを取り入れてしまうと少しキツイ印象になってしまったり、ややケバイ印象にもなりかねません。

ネイビーを取り入れる場合にオススメなのが、カラーマスカラやカラーのつけまつげです。

ネイビーのカラーマスカラやつけまつげを使う場合には、アイラインはブラックのものを細めに引きます。

アイシャドウはあえてほとんど色味のないようなパール系を目元全体に塗り、カラーマスカラを引き立たせてみましょう。

そして、まつげをビューラーでしっかりと根元からカールさせたあとに、ネイビーのマスカラをたっぷりと塗っていきます。

つけまつげを利用する場合は、ある程度長さのあるフルタイプのものがオススメです。

赤リップがネイビーの色味に中和されて、クラシカルで上品な印象のメイクに仕上がります。

5.いさぎよくノーカラーメイクもあり

赤リップを使う場合には、あえて目元はまるでなにもお化粧をしていないようなノーカラーメイクに仕上げるという方法もオススメです。

赤リップを主役にしたい場合には、このメイク方法が最も良いでしょう。

アイライナーはブラウンのものを使い、まつげのすき間を埋めるような感じでナチュラルに引きます。

アイシャドウはカラーレスのパールのものをさっと塗るだけにし、マスカラは透明タイプのものにしましょう。

こうすることで、赤リップの美しさがより際立ち、かえってセクシーな印象に仕上げることができますよ。

赤リップは意外と色々なアイメイクに合う

赤リップに合うアイメイクやアイシャドウをご紹介しました。

赤リップはあなたが思っている以上に、キレイにマッチするアイメイクがたくさんあります。

ご紹介したアイメイクを少しだけ自己流にアレンジしてみても、赤リップを際立たせてくれるステキなメイクができるはずですよ。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

    「赤リップに合うアイメイクとは。ナチュラルからブロンズ系までアイメイクで赤リップを映えさせよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く