一重まぶたの女性に似合うアイメイクとは。アイシャドウが際立つ方法

アイメイク最終更新日:2016年2月23日

二重まぶたの女性に比べ、一重まぶたの女性はどんなふうにアイメイクをすればいいか、悩むことがあるのではないでしょうか。

そんな、一重の女性が似合うアイメイクとはどんなものでしょう。

1.アイラインは細く

一重の女性はなるべくアイラインを細く引くようにしましょう。太くしてしまうと折角のキリッとした目元がモッサリとしてしまうのです。なのでアイラインは細めに引きましょう。そして目尻はスッと切れ長に見えるようにハネずに引きましょう。

そして、濃い色のアイシャドウでアイラインをぼかすようにします。少しまぶたを引き上げながらアイシャドウをのせていけば、塗りやすい上、綺麗にまつげの際までアイシャドウをのせることができるのです。

アイホールにはあまり目立った色のアイシャドウは塗らないようにしましょう、まぶたが目立ってしまうと目の際に綺麗に引いたアイラインが際立たなくなってしまいます。なので、ラメやパールの入ってないマットなカラーのものを選びましょう。

2.暖色系アイシャドウは目尻に

オレンジ系のアイシャドウやゴールド系のアイシャドウをアイホールにのそるのはなるべく避けましょう。暖色系をアイホールにのせてしまうと、腫れぼったい印象の目元になってしまいます。どうしても暖色系が好きという方は目尻のみに塗るようにしましょう。

目尻のみに暖色系のアイシャドウをのせることで、一重まぶたはオリエンタルな雰囲気になります。その時のアイラインはなるべく、リキッドアイライナーでキリッと引くようにしてください。そうすることで、より凛とした目元に仕上げることができます。

引いたアイラインはぼかさず、目尻のみ暖色系のアイシャドウをのせていきましょう。ぼかしてしまうとぼんやりした目元になってしまいます。

3.ブラウンのシャドウを使う

ラメやパールの入ってないブラウン系のアイシャドウでグラデーションにしてみましょう。ペンシルタイプのアイライナーでまつげの隙間を埋めましょう。綺麗に引けなくても綿棒でそのラインをぼかすので引き直さなくても大丈夫です。

アイホールには肌色に近いベージュのアイシャドウを指の腹でのせます。それより少し狭めに薄いブラウンのアイシャドウをのせます。そして、まつ毛の生え際の上に濃いブラウンのアイシャドウを少しだけ太めの幅でのせていきます。

最後にまぶた全体のアイシャドウを指の腹を使って優しく馴染ませていきます。そうすることで、綺麗にグラデーションになり、ぼんやりしがちな一重まぶたにも、目力が出てパッチリした目元になります。一番濃いブラウンのアイシャドウの幅の調節がポイントとなります。

自分にベストな幅を探ってみてください。

一重まぶたのクールさを活かそう

以上、一重まぶたな女性が似合うアイメイクについてのお話でした。一重まぶたには、マットなカラーのアイシャドウがよく映えます。うまく色を選び、一重まぶたのクールさを活かしてみましょう。

 

    「一重まぶたの女性に似合うアイメイクとは。アイシャドウが際立つ方法」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く