一重まぶたの女性に似合うアイメイクとは。一重でもアイシャドウが際立つ方法を知ろう

アイメイク最終更新日:2019年7月9日

一重まぶたの女性というのは、とてもクールでステキですよね。

日本人の男性からだけでなく、海外の男性からも人気が高い特徴です。

しかし二重まぶたの女性に比べ、一重まぶたの女性はどんな風にアイメイクをすればいいのか、悩んでしまうことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は「一重まぶたの女性に似合うアイメイク」についてご紹介します。

1.一重まぶたのアイラインは細く引く

一重まぶたの女性は、なるべくアイラインを細く引くようにしましょう。

なぜなら、アイラインを太くしてしまうとせっかくのキリッとしたクールな目元が、モッサリとして見えてしまうからです。

こういったことを避けるためにも、アイラインはできるだけ細めに引きましょう。

そして目尻はスッと切れ長に見えるように、あまりハネあげずに引くことも大切です。

一重まぶたの女性はクールで美しい目もとを、このようにして活かしてあげることがオススメです。

アイラインを引き終わったら、ブラックやブラウンなどの濃いカラーのアイシャドウで、アイラインをなぞってぼかすようにしていきます。

少しだけまぶたを引き上げながらアイシャドウをのせていけば、塗りやすい上にキレイにまつげの際までアイシャドウをのせることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

また、アイホールにはあまり目立った色のアイシャドウは塗らないようにしましょう。

なぜなら、アイホールの部分が目立ってしまうと、目の際にキレイに引いたアイラインが際立たなくなってしまうからです。

キレイに引いたアイラインを活かすために、ラメやパールの入ってないマットなカラーのアイシャドウを選ぶようにしましょう。

2.暖色系のアイシャドウは目尻にのせる

一重まぶたの女性が、オレンジ系のアイシャドウやゴールド系のアイシャドウなどの、暖色系のものを使う場合には、目尻にのせるということが大切です。

アイホール全体やまぶた全体にのせるのは、なるべく避けたほうが良いでしょう。

暖色系のアイシャドウをアイホールにのせてしまうと、腫れぼったい印象の目もとになってしまうという危険性があるからです。

「どうしても暖色系のアイシャドウが好き」という方は、目尻部分にのみに塗るようにしましょう。

目尻部分だけに暖色系のアイシャドウをのせることで、一重まぶたの女性はオリエンタルな雰囲気になることができます。

こういったメイクをする場合、アイラインはなるべく、リキッドアイライナーでキリッと引くようにしてください。

そうすることで、より凛とした目もとに仕上げることができます。

この場合には、リキッドアイライナーで引いたアイラインはぼかさずに、目尻のみ暖色系のアイシャドウをのせていきましょう。

ぼかしてしまうとぼんやりとした目もとになってしまいます。

3.ブラウン系のアイシャドウを使う

一重まぶたの女性には、ラメやパールの入ってないブラウン系のアイシャドウでグラデーションにしてみるということもオススメです。

まずは、ペンシルタイプのアイライナーでまつげの隙間を埋めていきましょう。

この場合、あまりキレイに引けなかったとしても、その場合はあとで綿棒でそのラインをぼかすことができますので、引き直さなくても大丈夫です。

アイホールには肌色に近いベージュ系のアイシャドウを指の腹を使ってのせていきます。

アイホール部分にのせ終わったら、それよりも少し狭めに薄いブラウンのアイシャドウをのせていきましょう。

そして、まつ毛の生え際の上に濃いブラウンのアイシャドウを少しだけ太めの幅でのせていきます。

最後にまぶた全体のアイシャドウを指の腹を使って優しく馴染ませていきます。

そうすることで、キレイなグラデーションのアイメイクに仕上げることができます。

こうすれば、ぼんやりしがちな一重まぶたにも、目力が出て、パッチリした目元になることができるでしょう。

最も濃いブラウンのアイシャドウの幅を調節するということが、ポイントとなります。

自分にベストな幅を探ってみてください。

4.寒色系のアイシャドウもオススメ

一重まぶたの女性にとっても良く似合うのが、ブルーやグリーン、パープルなどの寒色系のアイシャドウです。

二重まぶたの女性には、ブルーやグリーンなどの寒色系のアイシャドウはハードルが高いとも言われています。

二重まぶたの女性がそういった寒色系のカラーのアイシャドウを使ってしまうと、厚化粧をしている印象になってしまうのがその理由です。

しかし、一重まぶたの女性にはこういった寒色系のカラーがとても相性が良いでしょう。

一重まぶたの女性が、こうした寒色系のアイシャドウをつけることで、目もとに一気に華やかさを出すことができますので、ぜひ試してみてください。

この場合には、アイラインもブルーやグリーン系のアイライナーを使って引くと統一感が出て一層良いでしょう。

その代わりマスカラはブラックのものをスッと塗るくらいにとどめておきます。

とても涼し気な印象のアイメイクになりますので、春の終わりや夏の時期などには特にオススメのアイメイクです。

ちなみにこのアイメイクをする場合には、目もとにポイントをもっていきたいので、チークやリップメイクはあまり主張のないようなベージュ系でまとめてみるとバランスがとれて良いでしょう。

5.ビビットなカラーのカラーマスカラもオシャレ

レッドやピンク、ホワイトなどの珍しいカラーのカラーマスカラも一重の女性であればかっこよくつけこなすことができるでしょう。

一重まぶたの女性には、二重まぶたの女性がなかなかチャレンジできないような少し奇抜なアイメイクでもなんなく似合ってしまうというメリットがあります。

二重まぶたの女性は、すっぴんでも目がはっきりとしていますので、そこに派手なカラーのアイシャドウやカラーマスカラをつけてしまうと、かなり派手な印象になってしまいます。

厚化粧に見えたり、けばく見えてしまうという困った特徴があります。

しかし一重まぶたの女性は、すっぴんになるとあまり目もとがはっきりとはしていないという特徴があります。

その分、派手なカラーのアイシャドウや珍しい色味のカラーマスカラなどを重ねても、あまり派手すぎる印象になることがなく、とてもオシャレな印象になることができます。

コスメブランドのモデルなどに、一重まぶたの女性が起用されるのが多いのも、実はこういった理由があるからです。

せっかく一重まぶたに生まれたのでしたら、こういった少しだけ奇抜なアイメイクにもどんどんチャレンジしてみましょう。

中でも取り入れやすいのが、やはりカラーマスカラです。

最近では、昔からあったブルー系やブラウン系だけでなく、レッドやピンク、ホワイトなどもありますので、ぜひ気軽につけてみてください。

その場合、アイシャドウは使わず、アイラインもなるべく薄く引く方が良いでしょう。

とてもファッショナブルな目もとになりますので、オシャレも楽しくなるはずですよ。

一重まぶたのクールさを活かそう

一重まぶたの女性が似合うアイメイクについてご紹介しました。

一重まぶたには、マットなカラーのアイシャドウがよく映えます。

うまく色を選び、一重まぶたのクールさを活かしてみましょう。

 

    「一重まぶたの女性に似合うアイメイクとは。一重でもアイシャドウが際立つ方法を知ろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く