女性が可愛い目を作るメイク術

最終更新日:2016年2月23日

女性の強みはなんていっても「メイク」ですよね。メイク一つでかっこよくも可愛くもなれる魔法のアイテム。
せっかく女性に生まれたのだから、生かさない手はないですよね。わかっていても奥が深いメイク。
本を見たり研究したりしてるのに、なんだかうまくいかないなぁと思ったことはないですか?
そこで、メイクの最大なポイントでもある「アイメイク」でとっても可愛い目を作る簡単な5つのコツとポイントをご紹介します。

1.王道のたれ目メイク

たれ目はキツイ顔を柔らかく見せてくれたり、優しそうな印象を与えます。また、たれ目は男子がかなり好きなので
このメイクのコツを覚えておくとモテ度はかなりUPしますよ。

ポイントは、アイラインを目頭から細く書く事、太く描くとキツく見えてしまいます。目じりに来た時は
自分の本当の目のラインより下に下がって書きます。心持ち長めに描くとわかりやすいですね。

その後、目尻に影をつけるようにくの字にこげ茶などの眉墨などで色をつけます。
そうすることで、パンダのように少し目に陰影がつき、たれ目に見えます。

2.かわいいネコ目メイク

ねこちゃんのようにクリッとした目と、少しだけ上がった目がとてもかわいくてキュ-トに見えるメイク方法です。
目が細い人は、なるべくアイラインを太めに描きます。目頭から目じりに向けて、なるべくア-チになるように

真ん中センタ-の黒目の部分は少し上にオ-バ-ラインで太めに描くと黒目が大きく見えます。
目じりは少し上に上がり目にはねた感じに描きます。その時に控えめな感じなら細めに。

はっきり見せたい時は太めに跳ね上げるところがポイントです。
目の周りをアイラインで囲んでしまうと、エジプトメイクに見えてしまうので、あくまでも上のラインだけにすることがコツです。目頭の下のラインに白で半分ほどラインをひくとさらに目が大きく見えます。

3.ロリ-タドールメイク

とにかく甘いメイクにしたい時は、アイラインというよりかは、アイシャドウなどを使います。
まず、まぶたに薄いピンクを引きます。眉の下はパ-ルのはいったホワイトなどを使うと目元が明るくなります。

二重のラインや、目のラインに2ト-ン濃いピンクのシャドウを乗せます。指でぼかして塗るとグラデ-ションに見えます。
目の下のふくらみ(俗にホルモンタンクと言われている場所)にオレンジで目のラインに乗せます。

この2種類の色使いをするだけで一気に女性らしい印象に早変わりします。
あとは、目の上のラインを細く描き、まつ毛を少し長めにするとお人形さんのようなド-ルメイクの出来上がりです。

ほっぺのピンクチ-クをほんわり乗せることを忘れないでくださいね。

4.小悪魔メイク

少しいたずら可愛い目元にしたい時は、小悪魔風のメイクがオススメです。
アイラインは目頭は細めに描き、目じりに向けて少し太めに描き、かつ長めにラインを伸ばします。

最大のポイントは、自分の目のサイズより人周り大きめにラインを引きます。そうすることで
目が大きく見えるメイクに仕上がります。大きめに描いたラインの上に付けまつげを大きめに乗せます。

下も同じように、少し大きめにラインを描き、目じりの半分を濃い目にラインを引き付けまつげをつけます。
まつげはバサバサした感じが小悪魔感がでます。

このままでは、ビジュアルメイクになってしまうのでほっぺたのチークもしてくださいね。

5.ナチュラルビュ-ティ-メイク

印象強いメイクに飽きてきた人にオススメなのは、すっぴんのようなナチュラルメイクです。
ただの薄化粧ではないので、顔のパ-ツがはっきりしてとてもナチュラルな可愛さが際立ちます。

まず、ベ-スメイクをしっかりします。化粧水・乳液を終えたら、顔のくすみや隠したいシミ・ほくろなどを
なるべく丁寧に消します。まぶたの上も影があるので消します。

消したら、ファンデ-ション、おしろいを薄めにつけて、手のひらで顔を覆い馴染ませます。
ベ-スが終ったら、アイラインをなるべく細く描きます。なるべく自分の目の大きさのままにします。

まつ毛の間の隙間もしっかりラインで消します。まつ毛は付けまつげか、マスカラでしっかりまつ毛を強調します。
アイシャドウはヌ-ディな色を選びます。ベビ-ピンクか、淡いパ-ルなどで抑えます。

あとはチ-クも薄めに塗り、口紅は唇の血色に近い色か抑えたカラ-を塗ったら出来上がりです。

コツを覚えてかわいいメイクをしよう

かわいいメイクとは、基本は女性らしいメイクです。
目のカ-ブを丸く見せたり、少し目を大きく見せたり顔色を綺麗に見せることで
印象が軟らかくて女性らしく見えてきます。

テクニックではなく、少しのコツで簡単に可愛いメイクができるので
そんなに難しいアイテムは入らないので、今すぐにでも出来そうですよね。

コツを覚えておくと、目的に合わせてメイクを変えられるので
同じ可愛いメイクでも印象を変えられるので使えます。