デカ目に見えるアイメイク術4選!小さい目でも大きく見せよう

アイメイク最終更新日:2016年2月23日

多くの女性はぱっちりしたデカ目に憧れるものです。メイクで頑張ってみたり、アイテープで目を大きくしてみたり様々な方法がありますよね。しかし、自分に合わないメイクをしてしまっては努力が無駄になってしまいます。それに、張り切ってガッツリメイクをしてしまうのも今の流行りではありません。

ナチュラルなデカ目になるにはどのようなメイクをすれば良いのかいくつかご紹介します。

1.マツゲをしっかりと上げる

一重の人も奥二重の人も二重の人もデカ目メイクの方法として、全てに共通して言えることは、マツゲをビューラーでしっかりと上げる事です。これをするだけでだいぶ印象が変わってきます。メイクの方法としては、まずマスカラを塗る前にビューラーでマツゲを上げます。そして、マスカラを重くならないようにマツゲを伸ばすイメージで塗ります。その後マスカラが乾きましたら再びビューラーで上げてください。

マスカラを塗る前だけにビューラーを使う方もいますが、マスカラ後に上げるのもマツゲが上がった状態を維持する為にはとても大切です。

もし、マツゲがあまり無い、短い人はマツゲ専用美容液で日頃からマツゲを伸ばすよう心掛けて下さい。

2.カラコン、付けマツゲ

最近良く売られているカラコンですが、デカ目効果を出すためにはとても大切なものです。しかし、直径の大きすぎるものやあまり派手な色のカラコンを選んでしまうと浮いてしまい逆におかしな事になってしまいますので注意をしてください。

カラコンでオススメなのは、濃いブラウンか、ブラックでナチュラルなものを選びましょう。

そして、今日はいつもより少し濃いメイクにしようと思った時には、簡単にデカ目になれるものとして付けマツゲが良いでしょう。付けマツゲの種類もとてもたくさん有るのですが、バサバサしたものはまぶたが重くなり余計に目が小さく見えてしまいますので、ナチュラルで長いマツゲの物を選びます。毛が太かったり濃いものは選ばないで下さい。
そして、自分の目の大きさにカットしてマツゲの少し上に付けましょう。

そしてブラシで自マツゲと付けマツゲを馴染ませてください。そうすることで、自然なデカ目が出来ます。

3.ブラウンのアイシャドウを使う

デカ目に見えるオススメのアイシャドウは、ブラウン系の物がオススメです。アイシャドウは、簡単にグラデーションが作れるように一つで何種類の色が入っていますよね。一番明るいものをまぶた全体にしっかりと塗り、その次に明るいものを目を開けたときに色が見える位の位置に塗ります。

そして最後にブラウンの濃いアイシャドウを塗るのですが、目を閉じた時にしっかりと分かるくらい塗ってください。
簡単にグラデーションが出来、ブラウン系はピンク等とは違い腫れぼったく見えないためグラデーションを効かせてクールに見せる事でデカ目に見えるでしょう。

4.アイライナーを効果的に使う

アイライナーは、リキッドタイプの極細を使うと細いところも自由自在に書けてとても良いです。まずマツゲの隙間を埋めるようにしっかりとアイラインを引いてください。そしてその後に黒目のところの上下にアイラインを強調させて引きます。そうすることで黒目が強調されてデカ目に見えるのです。

下のマツゲの所に引くアイラインはあまりガッツリ引いてしまうと、お化粧失敗したのかなと思われてしまいますので、アイラインを引いた後に綿棒でぼかしてください。マツゲの隙間をしっかりと埋めるように丁寧なアイラインを引ければデカ目に見えます。

少しの気遣いでデカ目は演出できる

どれも、少し気を使えばデカ目を演出することが出来るのです。ファッションや髪型によって今日は遊びだから付けマツゲを付けてみよう、今日はキレイ目な格好だからナチュラルメイクでデカ目にしてみようと自分なりにシーンによって変えてみるのもとても楽しいでしょう。お化粧はすればするほど上達して上手くなりますので日々自分の目に合ったメイク方法を研究してみるのも良いのではないでしょうか。

 

    「デカ目に見えるアイメイク術4選!小さい目でも大きく見せよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。