デカ目に見えるアイメイク術とは!小さい目でも化粧で大きく見せられる

アイメイク最終更新日:2019年7月12日

多くの女性はぱっちりしたデカ目に憧れるものです。

メイクで頑張ってみたり、アイテープで目を大きくしてみたり様々な方法がありますよね。

しかし、自分に合わないメイクをしてしまっては努力が無駄になってしまいます。

それに、張り切ってガッツリメイクをしてしまうのも今の流行りではありません。

ナチュラルなデカ目になるにはどのようなメイクをすれば良いのかご紹介します。

1.マツゲをしっかりと上げる

一重の人も奥二重の人も二重の人もデカ目メイクの方法として、全てに共通して言えることは、マツゲをビューラーでしっかりと上げる事です。

これをするだけでだいぶ目全体の印象が変わってきます。

メイクの方法としては、まずマスカラを塗る前にビューラーでマツゲを上げます。

そして、マスカラを重くならないようにマツゲを伸ばすイメージで塗ります。

その後マスカラが乾きましたら再びビューラーで上げてください。

少しコツが必要になりますが、下マツゲもにもしっかりとビューラーをしてください。

下マツゲをしっかり下げることにより目の縦幅が強調されて大きな目に見えます。

マスカラを塗る前だけにビューラーを使う方もいますが、マスカラ後に上げるのもマツゲが上がった状態を維持する為にはとても大切です。

また、マスカラ下地を使うことも効果的です。

マツゲに長さが出るだけでなくカールキープもしてくれるので一日中キレイなマツゲで過ごせます。

パッチリとした印象の目にするためにはボリュームタイプよりもロングタイプがオススメです。

ボリュームタイプだとどうしても濃い目元になってしまいますが、ロングタイプだと自然に見える上に長さもありデカ目メイクとの相性もよく、より効果的に使用することが出来ます。

もし、マツゲがあまり無い、短い人はマツゲ専用美容液で日頃からマツゲを伸ばすよう心掛けて下さい。

2.カラコン、付けマツゲをつける

最近良く売られているカラコンですが、デカ目効果を出すためにはとても大切なものです。

しかし、直径の大きすぎるものや派手な色のカラコンを選んでしまうと浮いてしまい、逆におかしな見た目になってしまいますので注意してください。

デカ目になるためのカラコンでオススメなのは、濃いブラウンか、ブラックでナチュラルなものです。

そして、今日はいつもより少し濃いメイクにしようと思った時には、簡単にデカ目になるために付けマツゲが良いでしょう。

付けマツゲの種類もとてもたくさんあるのですが、バサバサしたものはまぶたが重くなり余計に目が小さく見えてしまいますので、ナチュラルで長いマツゲの物を選びます。

毛が太かったり濃いものは選ばないで下さい。

そして、自分の目の大きさにカットしてマツゲの少し上に付けましょう。

そしてブラシで自マツゲと付けマツゲを馴染ませてください。

そうすることで、自然なデカ目が出来ます。

3.ブラウンのアイシャドウを使う

デカ目に見えるオススメのアイシャドウは、ブラウン系の物がオススメです。

アイシャドウは、簡単にグラデーションが作れるように一つで何種類の色が入っていますよね。

一番明るいものをまぶた全体にしっかりと塗り、その次に明るいものを目を開けたときに色が見える位の位置に塗ります。

そして最後にブラウンの濃いアイシャドウを塗るのですが、目を閉じた時にしっかりと分かるくらい塗ってください。

簡単にグラデーションが出来、ブラウン系はピンク等とは違い腫れぼったく見えないためグラデーションを効かせてクールに見せる事でデカ目に見えるでしょう。

上だけではなく下瞼にもこだわってください。

塗りすぎると逆に目が小さく見えたり厚化粧に見えてしまうので注意が必要ですが、濃いブラウンを細く目の外側3分の1に塗るとアイライン効果が出て自然なデカ目が作れます。

4.アイライナーを効果的に使う

アイライナーは、リキッドタイプの極細を使うと細いところも自由自在に書けてとても良いです。

まずマツゲの隙間を埋めるようにしっかりとアイラインを引いてください。

そしてその後に黒目のところの上下にアイラインを強調させて引きます。

そうすることで黒目が強調されてデカ目に見えるのです。

下のマツゲの所に引くアイラインはあまりガッツリ引いてしまうと、お化粧失敗したのかなと思われてしまいますので、アイラインを引いた後に綿棒でぼかしてください。

マツゲの隙間をしっかりと埋めるように丁寧なアイラインを引ければデカ目に見えます。

どうしても濃くなってしまう場合には茶色のアイラインがオススメです。

目のふちに添うようにハネ上げずそのまま数ミリはみ出すように書くと、ナチュラルに目が大きくなったように見えます。

5.二重用アイテムを使う

やはり目を大きく見せたいなら二重用アイテムは欠かせません。

まぶたをしっかりと押し上げて目の開きを大きくすることで大きな目を演出することが出来ます。

奥二重やもともとの二重が狭い方も、アイテムの使い方によって二重の幅を広げることが出来ます。

最近ではノリタイプ、片面、両面のアイテープ、ファイバータイプ、皮膜タイプなどさまざまなアイテムが販売されています。

自分のまぶたの分厚さや目の形に合わせてしっかりとまぶたを上げて目を開かせてくれる相性のいいものを見つけてください。

オススメは皮膜タイプです。

透明な膜を作ってくれるのでアイテープのように貼ってることがバレにくく、まぶた同士をくっつけることもないので目を閉じても自然です。

濃いアイシャドウでごまかす必要もないので薄いメイクにはぴったりのアイテムです。

6.二重ライン、涙袋を強調する

二重のラインを強調させる専用のアイラインがあるので、効果的に使用してください。

二重のラインをなぞるだけでより深い二重のラインに見せてくれます。

色も薄いのでくっきり線を書いているというよりはほんのり影がある程度に見えるので自然にでか目に見せてくれます。

また、涙袋の陰を書くのにも使用できます。

黒目の下あたりから目じりにかけて涙袋の陰をつけることによりぷっくりとした涙袋があるように見せることが出来ます。

涙袋のいちばん高いところに明るい色のラメのアイシャドウを塗ることにより、さらにぷっくり見える涙袋を作れます。

目の上と下を強調させることでより大きな目に見えるようになります。

7.コンシーラーを使う時は注意が必要

クマが気になるといってコンシーラーを目のふちぎりぎりまで使ってしまっては、目が小さく見えてしまう原因になります。

下瞼全部をコンシーラーでカバーしてしまうと目の陰影がなくなりのっぺりとした印象になってしまいます。

目頭側をすこし開けて、涙袋を覆ってしまわないよう注意しながらクマをカバーしてください。

伸ばすときもやさしく伸ばして全体が白くなりすぎないよう丁寧に指でとんとんと叩き込むようになじませてください。

こうすることにより目の陰影を残したままクマがカバーできるだけでなく、涙袋の強調にもつながってデカ目効果も得られます。

少しの気遣いでデカ目は演出できる

どれも、少し気を使えばデカ目を演出することが出来るのです。

ファッションや髪型によって今日は遊びだから付けマツゲを付けてみよう、今日はキレイ目な格好だからナチュラルメイクでデカ目にしてみようと自分なりにシーンによって変えてみるのもとても楽しいものです。

お化粧はすればするほど上達して上手くなりますので日々自分の目に合ったメイク方法を研究してみるのも良いのではないでしょうか。

 

    「デカ目に見えるアイメイク術とは!小さい目でも化粧で大きく見せられる」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く