目が腫れぼったい人が似合うメイクとは。寒色系の立体感がポイント

最終更新日:2016年2月23日

毎日のメイクで欠かせないのがアイメイクです。

顔の中でも目の印象は大きく、優しい雰囲気、キリッとした雰囲気などアイメイク次第で人に与えるイメージも変わります。

目が腫れぼったい印象の人は目をスッキリ見せることで涼しげフェイスを演出することもできます。

今回は目が腫れぼったい人に似合うメイクをご紹介します。

1.ベースづくりで引き締め

アイシャドウをいきなり塗ってしまう人も意外と多いのですが、ファンデーションの下地のようにまずはベースを整えてあげると目の腫れぼったさは改善されアイシャドウのノリも良くなります。

目はデリケートな場所なので、アイメイク専用の下地やアイクリームなどを使うと良いでしょう。

アイジェルでマッサージをしてあげると寝起きで特に腫れぼったくなってしまった目もパッチリとしてくれるのでオススメですよ。

目はデリケートな場所ですので、特にアレルギーがある人などは自分に合ったものを選ぶようにしてください。

目を引き締めてあげることで余計な腫れぼったさを解消し、まずはベースづくりから始めてみましょう。


2.アイメイクは寒色系でまとめる

目が腫れぼったい人が暖色系のアイメイクをすると余計に腫れぼったく見えてしまうので注意しましょう。

アイシャドウは寒色系を選ぶことをオススメします。

ベースを整えたら、アイホール全体にハイライトカラーを入れます。

ハイライトを入れることで目にメリハリをつけていきます。

フラットにしてしまうとのっぺりした印象になり腫れぼったさを強調してしまいますので注意してください。

ハイライトを入れたら瞼に中心となるカラーをのせます。

寒色系のカラーでオススメなのはブルー、ネイビー、グリーンです。

そして目のキワにいけばいくほど濃い色をのせていきます。

アイラインも黒ではなくネイビーやモスグリーンのものなどを選んでみても良いかもしれませんね。

そして目尻のキワだけにメタリックカラーをさりげなくひくとポイントになります。


3.立体感のある明るい肌づくりを

アイメイクを寒色系にしたら、お肌は明るく血色良くすることがポイントです。

お肌もクールでまとめると冷たい印象を与えてしまいますのでアイメイクはスッキリ、お肌は温かみのある優しさを演出していきましょう。

ただ、ポイントはアイメイクに置きたいので、色味は抑えることをオススメします。

チークの色は目立たないものが良いですね。

顔全体に立体感を出すだめにシェーディングやハイライトは使いましょう。

アイメイクとのバランスを見ながら顔に奥行きを出すことで腫れぼったい目がカバーされます。

目を引き締めてポイントを置くことで腫れぼったさは目立たなくなりますので、明るい肌づくりを心がけましょう。


4.オフの日はキラキラメイク

目が腫れぼったい人にオススメのメイクのポイントは「寒色系」と「立体感」です。

オフィスでは3.のような基本的なメイクをオススメしますが、オフの日はアイメイクにラメやグリッターなどを追加してよりキラキラを演出してみては如何でしょうか?キラキラメイクは光に反射して肌が明るく見えるだけでなく華やかなイメージを与え、メリハリもつきます。

ただし、全体にラメを散りばめるのではなくポイント使いをしましょう。

置く場所は眉尻の下と目尻、下瞼のアイラインの部分です。

そして、涙袋はガッツリとキラキラさせるのではなく細かいラメでほんのりキラキラさせる程度が良いです。

それにより顔の立体感が増します。


5.ヌーディカラーつやめきリップ

これまでご紹介したように、目が腫れぼったい人はアイメイクにポイントを置きたいのでチークやリップは色味を抑えます。

リップもヌーディーなカラーをチョイスしましょう。

ベージュやクールベージュなどの色味を抑えたカラーがオススメです。

ここでもつやめきは忘れないようにしましょう。

リップカラーをのせたあとは中央だけにラメグロスを重ねてつめやき感をアップさせます。

全体にグロスをのせてしまうと油物食べた?とも言われかねませんので、中央だけにのせるのがポイントです。

ほどよいつやめきが可愛さを増し、アイメイクを引き立ててくれます。

ここまでのポイントを押さえれば、もう目の腫れぼったさなんてもはや気にならないはずです。

目が腫れぼったい人のメイクは寒色系と立体感

今回は目が腫れぼったい人に似合うメイクをご紹介しましたが如何でしたか?

メイクのポイントは「寒色系」と「立体感」です。

寒色アイと明るい肌のコントラストで立体感をつくり、ラメやグリッターのポイントづかいで顔に奥行きを出しましょう。

腫れぼったい目がコンプレックスだという人も似合うメイクを施せば気にならなくなります。

そしてそのメイクを実現するためにはベースづくりも大切です。

マッサージをしてあげることでむくみも解消してパッチリアイがかないます。

きちんと下地からつくって涼しげフェイスを完成させましょう。