木曜日が嫌いだという人の心理とは

最終更新日:2017年6月22日

人によって嫌いな曜日はそれぞれあるでしょう。

よく月曜日が憂鬱で嫌いという声は聴きますが、他の曜日はどうなのでしょうか。

人それぞれ生活スタイルは異なりますし、それによって嫌だと思う曜日も変わってくるものです。

今回は、中でも「木曜日」が嫌いな人の心理についてご紹介します。

1.火曜水曜が休日な人にとって、木曜日はいわゆる月曜日のようなものだから

世の中には土日が祝日である仕事が多いですが、業種によっては休日の曜日設定が全く異なってきます。

例えば、不動産関係や飲食店などは、皆が休みである土日こそ稼働しなければいけないため、火曜日水曜日と連続し公休日にしてあることが多いです。

また、病院なども土日の休診日とあわせて平日の中日である水曜日が休みであることがよく見受けられますよね。

そうなってくると、このような仕事に就いている人たちにとっては、木曜日は一週間の仕事始めの日、世の中的な月曜日と同じです。

休日楽に過ごしたあとで、翌日からの仕事の気が重くなるのは社会人になれば誰もが感じることでしょう。

これから5日間頑張らなければいけないことを思うと憂鬱な気持ちになり、毎週木曜日が嫌いになってしまうことは、このような職業の人たちにとっては自然なことですね。

2.月曜日から頑張って、疲れてきている頃にまだ休日が来ないという憂鬱さ

上では火曜日水曜日が休日である人について触れましたが、一般的なカレンダー通りの生活を送っている人はどうなのでしょうか。

土日を休んで、平日5日間働いている人たちでも木曜日が嫌いになってしまうことはあるのでしょうか。

木曜日というと、月曜日から仕事を頑張ってきて、4日目、疲れも結構溜まってきていることでしょう。

でも、これが金曜日なら5日目だったとしても「今日さえ乗り切れば休み」という高揚感で気持ちが非常に楽になるものです。

でも、木曜日は、その日を含めてあと二日頑張らなければ休みはまだ来てくれないのです。

疲れもピークに達して来ていて、休みを待つ高揚感もなければ「まだ来ない」という憂鬱さもあります。

土日を休日としていて、平日5日間働いている人にとって、木曜日の朝を迎えることは実は結構憂鬱なことです。

また、これを感じて木曜日が嫌だという人は自分自身だけではなく、周りも同じような気持ちになっている場合、会社の雰囲気というものは、木曜日あたりにとても落ち込むものです。

皆が疲れてきて、月曜日は「さあ頑張るぞ」と言った空気もたるみ始めます。

やはり同じように疲れがたまってきていても金曜日であれば、明日から休みという解放感で会社全体の空気は明るくなるものです。

でも、木曜日は皆が「まだ二日もある…」という憂鬱さで周囲の雰囲気が暗くなり、ミスも増えてくれば殺伐とした空気にもなりがちです。

そのような意味でも、木曜日が嫌いという意見はあります。

3.毎週木曜日にある特定のルーティーンが嫌い、苦手

例えば毎週木曜日に、接しにくくて苦手意識の強い取引先の人と会わなければいけない予定があったり、毎週木曜日は企画会議があってそれが本当に苦手、毎週木曜日に電車で乗り合わせる人が嫌いなど…毎週木曜日に決まって起きる何か特定のルーティーンがあったとき、それに苦手意識や嫌悪感を抱いていると、木曜日自体が来ることが本当に嫌になってしまいますよね。

木曜日は週の中日ですし、会議や会合など予定としては入りやすいでしょう。

自分にとって嫌なことが木曜日に設定されている場合は、木曜日が嫌いという思いにまで発展してしまいやすいですね。

4.サービス業の人にとっては木曜日という曜日はぱっとしないからところであなたは「木曜日」と聞いて、どんなイメージを持ちますか。

意外とはっきりとしたイメージがわいてこないものではないでしょうか。

月曜日というと「始まり」や「憂鬱」などのイメージがあるでしょう。

土日は「休み」、金曜日は「飲み会」など、わかりやすいイメージがつきやすい曜日に対して、木曜日はあまり世間的に印象的なことがないのが事実です。

そのため、サービス業の人にとって木曜日はあまりいい印象がないのです。

お店などでも火曜日水曜日木曜日にお客さんが比較的集まりにくいのはこのせいで、お店側もどんな謳い文句でこの曜日に人を集めればいいか分からないことが多いのです。

だからこそ、このあたりの曜日をお休みにしているお店も多いんですね。

売り上げも落ちやすいですし、あまりお客さんが入らず「暇疲れ」してしまう曜日の一つとして木曜日はあげられます。

そういった意味で、木曜日はサービス業の人にとって嫌われやすい傾向にあります。

ぱっとしない曜日なので、何とも扱いにくい印象です。

木曜日が嫌いだという人の心理を知ろう

週末や月曜日と比べて、あまり強い印象のない木曜日。

だからこそ、嫌う心理は人それぞれでいろいろな理由があげられます。

しかし木曜日も毎週のことではありますし、土日が休みの人にとっては、あと二日あるとはいえ休日まであと少しであることは確かです。

少しでも良い方に考えて、木曜日を乗り切るようにしていきたいですね。