つい嘘をついてしまう癖を直す方法とは

人の特徴最終更新日:2017年12月30日

自分が不利になるとすぐに言い逃れをする、人を騙して乗り切ろうとする、このような手段をとってしまうことは無いでしょうか。

その場しのぎの嘘は自分を助けてはくれるものの、先を見据えると失敗だといえます。

では、このように嘘をついてしまう人はどうすれば良いのでしょうか。

今回は、つい嘘をついてしまう癖を直す方法をご紹介します。

1.嘘がバレた時には罰を受ける

つい嘘をついてしまう癖を直す方法として、嘘がバレた時には罰を受けると良いでしょう。

何度も嘘をついてしまうのは、その嘘をつくことで自分が助かると考えているからです。

そのため、このようなタイプの多くは、嘘がバレても罰を受けていないことが多いのです。

怒られたとしても反省がない、罰を受けても何も感じていない、このような場合には、二度と立ち直れなくなるほど挫折しなければならないのです。

嘘だとわかっても嘘をついてしまう理由としては、嘘を付くことで助かると考えているためです。

そのため、嘘を付くのをやめさせるには、嘘をつくことで自分が苦しむことを理解させなければなりません。

このような理由から、つい嘘をついてしまう癖を直す方法は、嘘がバレた時には罰を受けるということであり、嘘を付くことが悪いことだと理解しなければ、同じことを何度も繰り返してしまうことでしょう。

2.嘘をついたならすぐに謝る

つい嘘をついてしまう癖を直す方法として、嘘をついたならすぐに謝ると良いでしょう。

嘘をつくひとは嘘がバレない事が多く、嘘をついても逃げ切ってしまいます。

そのため、味をしめて同じことを繰り返すのであり、バレなければいいやと考えています。

このような状況を改善するために必要なのは、嘘をついたならすぐに謝ることです。

嘘だとわかったのであれば相手の対応も変わり、そう簡単には許してくれないでしょう。

自分から怒られることはおかしいことかもしれませんが、嘘をつくのを直したいのであれば、怒られて二度としないと考えるようになることも大切です。

このように、つい嘘をついてしまう癖を直す方法としては、嘘をついたならすぐに謝ると良いでしょう。

3.自己中心的な考えをやめる

つい嘘をついてしまう癖を直す方法として、自己中心的な考えをやめるようにしましょう。

嘘をついてしまうのは、自分さえ良ければ良いやという考えがあるからであり、自分が助かれば他の人はどうなってもいいと思っているからです。

そのため、例え他の人がどんな損を被ろうとも、自分に害がなければ問題ないと考えているので、平気で嘘をついてしまうことができるといえます。

このような考え方を改善するために必要なのが、自己中心的な考えをやめることです。

自分が嘘をつくことでどれだけの人が損をするのか、迷惑を被るのかなど、様々なことを理解し、考え方を改める努力をすると良いでしょう。

このような自己中心的な考えがなくならければ嘘をつき続けてしまうことになり、自分さえ良ければそれでいいという精神が残ってしまいます。

そのため、つい嘘をついてしまうことをやめたいのであれば、自己中心的な考えを捨てる必要があります。

4.嘘をつかれる側になってみる

つい嘘をついてしまう癖を直す方法として、嘘をつかれる側になってみるといいでしょう。

嘘つきを改善するためには、自分の嘘がどれだけの人に迷惑をかけているのか、嘘をつかれた人間がどれほど悔しい思いをしているのかを知らなければなりません。

そのことを実行する方法が、自分が嘘をつかれる立場になることです。

嘘つきは自分は騙されたことがない場合が多く、相手の気持ちがわかりません。

そのため、一度騙される側に回り、嘘をつかれる気持ちを味わうといいでしょう。

このような方法が有効な理由としては、身をもって嘘の悪さを体感できることです。

嘘つきには罪悪感を感じていない場合もあり、自分は悪くないと考えている人もいます。

このような人が嘘を急にやめることは難しく、考え方を変えなければならないのです。

そのために必要なのが一度騙される側に回ることであり、身をもって体験してみると良いでしょう。

嘘をつくことがやめられないのであれば、一度自分が被害者になってみるという体験は重要であり、体験したからこそ嘘は悪いことだと理解するようになるでしょう。

嘘をついてしまう癖を直そう

つい嘘をついてしまう癖を直す方法としては、痛い目を見るのが一番です。

自分が被害者になってから気づくことも多く、嘘つきには、騙される側の気持ちがわかりません。

だからこそ、自己保身のために嘘をつき続けることができるのであり、平気で嘘をつくことができます。

このような状況を改善するには、やはり身をもって体感してみることが一番だといえます。

自分のついた嘘がどれほどの人に迷惑をかけているのか、結果として何が起きているのかを実感させ、反省させることが、嘘をやめるには必要なことです。

 

    この記事へのコメント

     

    現在のところ、まだコメントはありません。