お見合いや結婚相談所で同時並行で男性と付き合うポイント5つ

結婚相談所最終更新日:2019年7月10日

結婚相談所などから複数の相手を紹介されて、同時期にいくつかのお付き合いが進行してしまうことは、案外よくあることです。

一般的な恋愛の時系列と並べると、お見合いでのこの時期は「まだ付き合う前」なのですが、やはり男性側にも感情がありますから、最低限の礼儀は守らなくてはなりません。

そこで今回は相手の男性を傷つけることなく、恋愛の同時進行を進める方法を5つご紹介します。

最初から相手の男性たちに同時進行を告げておく

もしあなたが同じタイミングで複数の男性とお付き合いすることになった場合には、最初から相手の男性たちにその状況を告白しておきましょう。

これは最低限のマナーです。

そしてできれば、相手の男性を紹介してもらう紹介所は一つに絞っておきましょう。

同じ紹介所なら「○○さんを紹介してもらったすぐ後に、また違う方を紹介されて」と言い訳ができますし「結婚相談所とはそういう感覚なんだな」と相手の男性たちに自然に思わせることもできます。

これは「私はまだあなたに落ちてはいません」ということと同義になります。

しかしその中でもお互いに話をすることは沢山ありますし、男性側は「この女性は、まだ自分の手中には収まりきっていないんだな」と思うことで、今まで以上に努力をすることも考えられます。

男性が先にアタックをして、女性がそのアタックを判別するということは、一般的な恋愛でも普通のことです。

同時進行するなら、きちんと線引きはしておく

同時進行自体は悪くはないのですが、その代わりにきちんと線引きをしておくことは大切です。

相手の男性に変に思わせぶりなことを言ったり、そういった相手の男性を勘違いさせてしまう行動をしたりするのは反則です。

あまり心理戦のような駆け引きをするのも危険です。

お互いに条件を照らし合わせてフェアなお付き合いをしているのですから、まだお互いに「審査段階」であると割り切ってお付き合いをしましょう。

あまり色っぽい関係になるようなことは、まだしてはいけません。

軽い口約束や相手に誤解を招くような表現もなるべくならば避け、しばらくは「お互いを知る」ということだけに専念してみましょう。

そしてこれは当たりまえのことですが、男性側からプロポーズをされた時は最後の決断の時だと考えて、重く受け止めましょう。

そして、そのプロポーズをOKするのか、もしくは断るのかをはっきりさせなくてはいけません。

同時進行でもどの相手にも手を抜かない

たとえ同時進行でお付き合いをしても、どの相手に対しても手を抜かないことが大切です。

同時進行はお見合いの場では許されることですが、一般的な恋愛では当然ながらご法度です。

お見合いでのこの状況は、一般的な恋愛でいうとまだ「友人」の段階ですが、結婚を前提と考えたお付き合いをしているわけですので決して遊びの恋愛ではありません。

ですから、決して男性に対して格をつけて接したり、手抜きをしてはいけません。

手抜きしなければいけないほど魅力を感じなくなったような男性には「お断り」をきちんと告げてお付き合いを終わらせましょう。

最後に残るのは一人ですが、断られた方はすぐに次の相手を探さなくてはならないからです。

相手の未来を考えた時にも、早めに絞ってあげた方が良いでしょう。

会っている男性の前で別の男性の話は絶対にしない

今会っている男性に対して、別の男性の話をするのは絶対にやめてください。

少しくらいなら大丈夫だろうと「この間〇〇さんが、こんなことをおっしゃってて」という話を違う男性にしてしまっては、その男性を深く傷つけてしまうことになります。

また、それに加えて「この女性は、自分の前でほかの男性の話をしてくるなんて、デリカシーのない女性なんだな」と思われてしまいます。

そうなると、相手のほうからお断りされてしまうことも十分に考えられます。

あなただって、相手の男性から違う女性の話をされたらイヤですよね。

女性としてのプライドが傷ついてしまいますし、相手の男性に対して「どうしてこの人は、私の気持ちを全く考えないようなことを言うんだろう」とマイナスなイメージを抱いてしまうことでしょう。

自分がされてイヤな気持ちになることは、相手の男性にも絶対にしないようにしましょう。

これはお見合いにおいてだけではなく、人間関係全般に関して守っておかなければならない大切なルールだということを覚えておいてください。

自分にとってベストな相手を見つけたら、早めにほかの人には「お断り」をする

あなたにとってベストな男性と巡り合うことができたら、できるかぎり早めにほかの男性たちにお断りをしましょう。

すでに「この人だ」という男性を見つけているにも関わらず「もったいないから」という理由でだらだらと他の男性との付き合いを続けていたり「この人以外にももっと良い男性と巡り合えるかも」と考えて、紹介所から新しい男性を紹介してもらう女性も、少なからずいます。

しかしこれは他の男性たちにとってはとても大きな迷惑になってしまいます。

結婚を真剣に考えている男性にとっては、時間はとても大切なものです。

これは、結婚に対して真剣に向き合っている女性であればあるほど、その男性たちの気持ちは痛いほどわかるはずです。

男性たちの貴重な時間を無駄にしてしまわないためにも、あなたが運命の男性と巡り合えたと思ったら、できるだけ早めにほかの男性とのお付き合いはやめてあげましょう。

もちろん、最初は相手の男性たちは傷つくことでしょう。

しかしその男性たちに勝ち目はないのにもかかわらず、あなたがどっちつかずの思わせぶりな態度をとっていると、男性たちはもっと困ってしまいます。

それに加えて、あなたの評価まで下がってしまう危険性もあります。

あなたがもったいぶってさまざまな男性に対して良い顔をしていることで、相手の男性たちはあなたに対して不信感を抱いてしまうこともありえます。

また、あなたが運命の相手だと考えている本命の男性も、あなたがなかなか自分に決めてくれないことにモヤモヤとしてしまい「この女性はきっとほかの男性のほうに気があるんだな」と思って身を引いてしまったり「この女性はとても優柔不断なタイプなのかな」と、あなたに対してネガティブなイメージを抱いてしまうこともあります。

そのようなことにならないためにも、できる限り早くダメと思った男性はお断りをすることが大切です。

傷つけない形で同時並行をしていこう

お見合いにはメリットもデメリットもあり、自由恋愛とは似ているようで異質なものです。

情に流されたり、情に訴えかけるような恋愛をお見合いの場に持ち込んではいけません。

結婚という共通点はお互いにあり、目の前にいる男性は同じ目的を成功させるために努力している仲間だと思うと、相手を必要以上に傷つけることが無くなるでしょう。

自由恋愛とはまた違った「決め事」があることを理解してパートナー探しを成功させましょう。

 

    「お見合いや結婚相談所で同時並行で男性と付き合うポイント5つ」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く