レギンスが男ウケしない理由3つ。生足が見えず下着に見えてしまう

ファッション 自分磨き最終更新日:2014年11月26日

レギンスは女性にとって便利なファッションアイテムですが、男性にはイマイチ人気がありません。

レギンスをはかない女性はいないというくらい普及しているこのアイテムは、どうして男ウケが悪いのでしょうか。レギンスが男ウケしないのは、実はこういう理由があるのです。

1.下着のように見える

レギンスは履いていると下半身が温かいですし、これ一枚でなんとなくファッションも決まるというなかなか便利なアイテムです。しかし、イマイチ男ウケが悪いのが問題です。

ではどうして男性はこのレギンスがいやなのでしょうか。その理由の一つに、なんとなく下着のように見えてしまうという事があるのです。

女性から見るといったいどこが「下着?」と聞きたくもなりますが、男性には股引きのように見えるのです。男性自身もズボンの下にアンダーウェアを着用していますが、それと何となくイメージが被るという事もあるのでしょう。せっかくかわいいファッションの女性でも、下に股引きをはいているように見えてはがっくりしてしまいます。男性から見ると、レギンスなどははかなくてもいいアイテムだと思えるのです。

レギンスは下着のように見えてしまうという事が、レギンスが男ウケしない理由の一つといえるでしょう。

2.生足が見えない

レギンスが男ウケしない理由の一つに、レギンスを履いてしまうと生足が見えないという事があります。

女性のスカート姿、特にミニスカートは男性が大好きなファッションアイテムでありますが、せっかくミニスカートを履いてきてくれても、その下にレギンスを履いているようでは女性の生足を見る事ができません。

なんでそんな余計なものを履いているんだ!と思いたくもなってしまうのです。男性はひらひらしたファッションや程よい露出の服装が好きですが、レギンスはそれとは真逆のファッションです。

ひらひらしてもいませんし、露出を減らそうとするアイテムでもあります。そんなレギンスは、男性にとってはウケが悪いアイテムなのです。

スカートの下に生足がある、またはストッキングに包まれただけの足があると思っている男性は、レギンスを履いた姿を見てがっかりしてしまうのです。

3.みんながみんなレギンスを履いている

レギンスは女性の多くが一枚は持っているアイテムといえるでしょう。街中を見渡せば、あちらこちらにレギンスを履いた女性を見かけます。そういった中で、自分の連れの女性もレギンスを履いていると、みんなと同じファッションをしているだけという風に感じてしまうのです。レギンスが男ウケしないのは、そういう理由もあるのです。

レギンスは便利ですが、多くの女性が履いていますから、そんな中で個性を出すのは大変といえるでしょう。レギンスを履いていながらオリジナリティーにあふれるファッションというのは、なかなか難しいのです。

レギンスは便利なアイテムですが、気を付けなければ「みんな同じ」という印象を与えてしまいますので、着こなしで差をつけたいですね。

レギンスは女性にとっては便利でも男性にとっては邪魔な存在かも

以上、レギンスが男ウケしない理由を3つお伝えいたしました。女性にとっては便利で手放せないアイテムのレギンス、もう少し男性にもウケるようになるとよいですね。

 

    「レギンスが男ウケしない理由3つ。生足が見えず下着に見えてしまう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/19(土) 23:55

    なるほど、男性目線だとこうなのかもしれませんね。とても面白く興味深かったです。逆に気に入られたくない男性と会う時にはレギンスもよいかもしれないな、と思いました。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/06/09(土) 23:18

    女性にとってはストッキングやタイツより気軽に履けるし、おしゃれだと思うのですが、デートの時はあまり履かない方が良いのかもしれませんね。

この記事への感想を書く