少ない洋服を着回すコツ。上手に服を着回そう

最終更新日:2015年8月25日

通勤時や、職場で制服が用意されていないなど、私服で過ごさなければいけない・人に毎日接しなければいけないという人もいらっしゃるでしょう。

特に女性の場合は特に気になりますよね。

けれどそんなに服ばかり買っていられないですし、買っても収納に困ってしまいます。

今回はそんな時に役立つ、少ない洋服で着回しするためのコツをご紹介します。

1.シンプルなデザインの服を揃える

少ない枚数で着まわそうとするのであれば、シンプルなデザインが1番です。

柄ものは避けた方が良いでしょう。

例えば柄物でストライプをチョイスした場合、ボトムスは無地でなければ合いません。

ストライプにドット柄や花柄など組み合わせてる人はあまり見かけませんよね?

柄物を持ってくるなら無地、若しくはあたりさわりない折柄となるので着回しできる事が少なくなります。

また柄物は一見して派手なため、印象に強く残ります。

こういった点でも、あれ?この前着てた物?という印象に残りやすいので、無地が同一色での派手ではない折柄などを選ぶと良いでしょう。


2.無難なかたちの服

トップスにしてもアウターにしてもボトムスでも、形が重要で、あまりに斬新な形だと時代の流れにその時は乗ってはいますが、ゆくゆくは廃る事も多いのが現状。

しかし、ある程度の種類は必要です。

例えばボトムスであれば、クロップド・短パン・レギパン・ミニスカートといったジャンルをひと通り持っていれば理想です。

アウターはショートコート・ダウンジャケット・ロングコート・トレンチがあれば、だいたい着回しが可能です。

トップスはTシャツやブラウス、キャミなど、少し多めの方が良いかと思います。


3.薄手のニット系を重視する

夏場にも着たいし、冬場でも着たいなら、薄手のニット系はオススメです。

トップスでの話になりますが、薄手のニットであれば、ノースリーブのものや、タンクトップのようなもの、半袖風なものでも、冬場にアウターの下に着る事ができます。

また、大人なデザインのものであれば、ちょっとしたパーティでも着る事ができ、首元にファーを巻けばお洒落になります。

またブラウスはオールシーズン使えます。

ワイシャツのような襟のものであれば、スタイリッシュに着こなす事もでき、仕事やプライベートでも重宝します。


4.アクセサリーを活用

前記でもお話しましたが、ファーあ、ネックレスなどの首元の装飾によっても、ベースは同じ服でも、印象や見た目に変化をつける事ができます。

また、付け襟をしても良いですし、女性の人でもネクタイをすると、できる女性・かっこいい女性に見えます。

女性用ネクタイはできれば、細目のものが良いです。

男性が普段しているネクタイだと、重く見えてうまくまとまりません。

細目のネクタイは種類が少ないですが、男性服のところで販売されているので、1度覗いてみてはいかがでしょう?


5.カラーバリエーション

同じ色だけに拘らず、少なくても4色のバリエーションがあると良いかと思います。

白・黒・グレー・ベージュ。

この4色は着こなす上で、合わせやすい色なので、この色合いさえあれば、組み合わせの幅も広がります。

また、寒そう・暑そうといったイメージはあまりなく、すたりもなくずっと着れる色合いです。

気を付けたいのは黒。

これは干し方などによって色褪せしますので、色褪せしたものほどみっともないものはないですし、また合わせづらくなってしまうので長く大事に着るのであれば、裏返して陰干しか室内干しをした方が良いかと思います。


6.トップスとボトムスの割合は同じ必要はない

トップスは多めに持っていた方が良いですが、ボトムスはトップスと同じ数ほど必要はありません。

ボトムスは収納にも場所を取りますし、かさ張ります。

また、人は見る時はだいたいパッと上(顔など)を見る事が多いので、ボトムスにはさほど目がいく事がありません。

しかし、お洒落を追及している人は上から下まで見るとは思いますが、トップスが日々違えば、間隔を空けて1週間に2階同じボトムスだとしても組み合わせが違えば、違うボトムスのような錯覚も出てきます。


7.1枚1枚を大切に

少ない洋服を着まわすには保管方法なども関係します。

大事に扱う事でいつまでもキレイに長く着る事ができます。

そして、服を買う時は気に入って買うものですよね?その1枚をたった1年で駄目にしてしまっては、もったいないです。

お洒落着専用の洗剤で手洗いするなど、気遣う事も大事です。


8.少ない洋服だからこそ良いものを買う

数少ない洋服だからこそ、良い物を買う。

安いものを買えば、「衝動買の銭失い」という言葉があるように、すぐ駄目になってしまいます。

高いものがバーゲンで安くなっているものに関しては別ですが、良いものを買えばそれなりに長く愛用できます。

素材や縫製もやはり違うので、色落ちなどもせず型崩れもしません。

少ない洋服で着回そう

多くの洋服を持っていれば毎日違う服装を楽しめますが、ファッションやお洒落というものは、数少なくても如何にうまく組み合わせれるか、自分に合わせられるかです。

少なくても色々な着回しができればお洒落ですし、シンプルな組み合わせほど、スタイリッシュに決まる。

またカジュアルにも崩す事も可能ですし、アクセサリーでガーリーな仕上がりにもなります。

今ある服でどれだけの組み合わせができるのか1度確認してみてはいかがでしょうか?

もし、2パターンしかできないようであれば、4パターンはいけるような服を今後は選んで購入してみましょう。