夢に階段が出てきた時の意味や深層心理【夢占い】

最終更新日:2016年9月18日

どこにでもある「階段」。

自分の足で確実に、今とは別の階へ行く事ができます。

そして夢は深層心理を表すと言われています。

もしあなたの夢に階段が現れた場合は、どのような心の状態なのでしょうか。

階段を登る、というイメージは、その通り次の階(レベル)に向かっているという事です。

明るい階段を楽しく駆け上がる時・暗い階段を怯えながら降りる時では、到達する階は全く違うものでしょう。

では、階段が夢に出てきた時具体的にどのような深層心理なのかご紹介します。

1.目標に向かって楽しく進んでいる

例えば夢の階段が、明るく広く、あなたが足取りも軽く登って行くものならば、あなたの心は「今の努力を楽しんでいる」事でしょう。

次のステップに向けて、体は少し疲れていても、心は楽しくて仕方ないはずです。

ただ、盲目に頑張りすぎている可能性もありますので、無理はせずに一歩一歩確実に進んでいくための気づきの夢かもしれません。


2.目標に向かうためには問題がある

登りたいのに、あまりにも段が大きくて登れない、暗くて怖い、というようなイメージで登る事ができない時は、心が今「問題がある」と感じているはずです。

がんばらなきゃと分かっているけれども、何か理由があってまだ登る決心がつかないようです。

いま問題を解決しておく事で、あとは楽に登ることができるかもしれません。


3.自分自身や、大事な何かを探している

階段を降り続けている。

そんなイメージの時は、自分や大事な何かを探しているようです。

それを置いて登ってきてしまったのか、実はずっと探していたものなのか。

あまりにずっと降りているようなら、今は見つかるタイミングではないかもしれません。

もし、どこかの階にたどりついたなら、もうすぐ探しものは見つかるでしょう。


4.何かを探す事を怖がっている

階段を降りたい。

でも動けない。

そんなイメージの時は、他の階にたどり着く事が怖いと感じているのではないでしょうか。

心は本当の自分自身や欲しかったものに気づいているのかも。

勇気を出して、探しものをちゃんと認識すれば、一歩が踏み出せるかもしれません。


5.人生の転機を迎えている

階段にある、踊り場。

登るのか、降りるのか、そこで立ち止まって考えているイメージの夢は、人生の転機を心が察知しているのではないでしょうか。

立ち止まっていては、何も変わりません。

自分を信じて、一歩踏み出してはどうでしょうか。

登るのが良いか、降りるのが良いか、それはあなた次第です。


6.トラブルを察知している

不安定な階段、今にも崩れそう。

というイメージの時、心は、目の前に迫っているトラブルを察知している可能性があります。

それは怖いものかもしれませんし、崩れることで新しい道が拓けるかもしれません。

でもこの夢を見たおかげで、何かが起こっても、落ち着いて対処ができるのではないでしょうか。


7.会いたがっている誰かがいる

階段で人に会う。

相手が連絡を取りたがっているかもしれません。

もしくは、あなたの心がふと気になって、会いたいと思っているのかも。

その人が、もしかしたらあなたが次の階にたどり着くキーになるかもしれません。

懐かしい人なら、あなたから連絡を取ってみてはどうでしょうか。


8.今、逃げたい事がある

緊急事態に使う、非常階段。

それを全力で逃げているなら、その通り、全て放り出して逃げたい事があるのでしょう。

ただ、非常階段が使えない、降りる事ができないというイメージの場合、心は「逃げたいけれども逃げられない」「逃げたくない」と思っているかもしれません。

その強い心を大事に守って、次の階にたどり着いてください。

9.現状が長引く

続いていく螺旋階段は、階段の中でも唯一、現状維持のイメージです。

しばらく今の状況が続くのではないでしょうか。

登っている降りているという事よりも、そこにいるあなたが辛い感情を抱いているのか、逆に楽しい感情を抱いているのかという、感じ方が大きく関わってきそうです。

10.「運命」を感じている

階段は、主に今の状況が変化する、変化させるという時のイメージですが、階段にいるわけではなく遠巻きに眺めているような場合、現状を客観的に見ている、と言えるでしょう。

見ているあなたの感情がマイナスならば、すこし気をつけたほうが良いかもしれません。

しかし、運命に気が付きどうしていくかは、あなた次第ではないでしょうか。

階段の夢を見た時の意味を知っておこう

夢は、自分の深い部分にある感情を、見せて教えてくれます。

階段の夢といっても意味は様々で、特に夢の中のあなたの感情で、大きく変わります。

登る事、降りる事が直接、良い悪いというわけではありません。

忙しい日常では、なかなかじっくり心の声を聴くような事は難しいですが、夢を機会に、あなたの「ほんとの気持ち」を考えてみるのも良いかもしれませんね。