8月のハワイに適した服装のポイントとは

日々の生活最終更新日:2018年4月29日

暖かい気候とゆったりとした時を満喫出来るハワイは、日本人に人気のリゾート地です。

美しい海岸もあり、水着で海水浴を楽しむのもハワイの醍醐味です常夏のイメージはありますが、8月のハワイはどんな服装でいけばいいのでしょうか。

1.8月のハワイは快適で動きやすい服装で

8月のハワイの服装として、快適で動きやすいのが大切なポイントです。

8月のハワイは最高気温が31℃、最低気温が20℃程度なので真夏の東京と大きな差はありません。

暑いところで動き回るのにかっちりとした服装では体力が奪われてしまいます。

日本とは違って湿度は低いのでからっとはしていますから、快適な暑さではありますね。

それでもやはり暑いため、汗をしっかり吸いとって乾きやすい素材を選ぶと良いでしょう。

オススメは乾きやすい麻素材です。

綿も悪くはありませんが、やや乾きにくく、屋外から室内に移動すると温度の差が大きいため汗が冷たくなり体も冷えてしまいます。

とはいえ綿はよく汗を吸いとってくれますから、インナーに使うのがオススメです。

快適さを考えると、汗を乾かす効果の高い化繊や新素材を使ったTシャツやインナーもオススメです。

日照時間も長くゆったりと観光することが出来るため、快適で動きやすい服装をするのがポイントになります。

2.8月のハワイは海水浴が楽しめる服装

8月のハワイにいくときの服装のポイントとして、海水浴が楽しめる服装を選ぶのが大切です。

沢山ある美しいビーチは、ハワイ旅行の醍醐味でもあり大きな魅力です。

到着する前には水着になるつもりはなくても、現地の開放的な雰囲気と美しい海岸、そして暑さからTシャツのまま海に入ったり、急遽水着を買うという人も多いです。

そのため、予定はなくても海を楽しめる水着や着替えを持っていくのがオススメです。

買い物だけが目的で旅行する場合を除いて、海水浴を楽しめる格好をチョイスしましょう。

水着に抵抗のある人もハワイはゆったりとした雰囲気で、ビーチもたくさんあるので日本よりも水着になるハードルも低くなりますよ。

とはいえ、店内に入るとき、ショッピングや食事などはさすがに水着1枚という訳にはいきません。

やはり一日中ビーチにいるという訳ではないので、水着の上からさっと羽織れるパーカーやワンピースを持っていきましょう。

紫外線が気になる場合は日焼け対策はもちろんのこと、着替えをちゃんと用意してTシャツで楽しむというのもオススメです。

3.8月のハワイは日射しを遮るアイテムを必ず取り入れる

8月のハワイにいく時の服装のポイントとして、日射しを遮るアイテムを必ず取り入れることが大切です。

8月のハワイは日射しが強いのはもちろんのこと、湿度が低くてからっとしています。

そのため紫外線だけでなく乾燥もあり、皮膚により大きなダメージを与えるのです。

皮膚が乾燥していると紫外線の影響を受けやすくなり、いくら日焼け止めをしたとしても紫外線を防ぎきるのは難しいと言えます。

そのため、日焼け止めのみならず直射日光から肌を守るパーカーやカーディガンなど羽織れるものを必ず用意していきましょう。

しかし、開放的な雰囲気の中で露出度の高いファッションを楽しむのもハワイならではの魅力ですよね。

せっかくリゾートなのに、パーカーやカーディガンを着たままというのも少し勿体ない気もします。

そういった場合は、コンパクトに畳んで持ち運びが楽な大判のスカーフやショールなどもオススメです。

せっかくの楽しい旅行で肌にダメージを与えて後悔することがないよう、しっかりと紫外線対策をしてください。

4.8月のハワイには目を守るUVカットサングラス

8月のハワイにいく時の服装として、目を守るサングラスを取り入れるのもポイントです。

サングラスはファッションアイテムとして日本で浸透していますが、抵抗があるという人も少なくありません。

しかし、本来サングラスは太陽から目を守るためのアイテムです。

日射しの非常に強い8月のハワイにいくなら、目を守るためにしっかりとサングラスを取り入れましょう。

気が進まない人は現地で安いサングラスを買ってもかまいませんが、必ずUVカット効果のあるサングラスを選んでください。

これがただのレンズだとかえって目にダメージを与えてしまい本末転倒です。

どうしてもサングラスは嫌だという人は、UVカット効果のあるコンタクトレンズを使用してください。

とはいえビーチにいくと砂が目に入ることもありますから、安全性を考えるとUVカット効果のあるサングラスがオススメです。

5.歩きやすい靴

8月のハワイにいく時の服装のポイントとして、歩きやすい靴を用意するのが大切です。

オシャレ重視でブランドもののサンダルやミュールだけだと、歩き疲れるだけでなくビーチで靴を痛めてしまうこともあります。

一切海岸にいく予定がない場合を除き、ビーチ用の靴も用意するのがオススメですよ。

また、長時間歩いたり観光するならスニーカーも持っていくと重宝します。

スニーカーなら足の甲を日焼けから守ることもできますね。

靴や足を痛めないために、目的に合った歩きやすい靴を用意しましょう。

8月のハワイでは快適さと日射し対策を意識しよう

今回は8月のハワイにいく時の服装のポイントをご紹介しました。

気温自体は意外にも東京とあまり変わりはありませんが、日射しは非常に強いので気を付ける必要があります。

また、観光で体力を消耗しないように快適に過ごす工夫も大切になります。

楽しいハワイ旅行にするためにも、快適さと日射し対策を万全にしましょう。

, ,  

    「8月のハワイに適した服装のポイントとは」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。