BBクリームに下地は必要か。基本的には不要

最終更新日:2016年2月23日

日焼け止めや化粧下地の成分等たくさんの成分が入っているので、とても便利なのがBBクリームです。

そんなBBクリームですが、本当に化粧下地をつけなくてもいいのか疑問に思う人は多いです。

そこで、BBクリームを使う時に下地は必要かどうかについて紹介します。

1.基本的には不要

BBクリームに入っている化粧下地は、カバー力も高く、肌色を整えてくれるのでBBクリームだけでしっかりとなめらかな肌にしてくれます。

ですので基本的に化粧下地を用意する必要はありません。

もともとBBクリームは日焼け止めに美容液やファンデーション、コンシーラー等たくさんの成分が入っていてBBクリームだけで基本的なメイクが終わるのが特徴です。

BBクリームを初めて使った時に「こんなに楽なのに肌にしっかりと馴染んでしかも美容液成分や日焼け止めまで入っているなんてすごい」と感激する方はとても多いです。

今まで使ったことがない方は是非この便利さを体験してみることをオススメします。


2.夏は日焼け止め入りのを使った方がいい場合も

BBクリームに日焼け止めの成分が入っていますが、そんなに強いものではありませんので日差しの強い夏は日焼け止め入りの化粧下地を使った方が良い場合もあります。

特にすぐに肌が焼けてしまう場合は化粧下地の効果がある日焼け止めを使ったほうが無難です。

その上からBBクリームをつけるだけでしっかりと肌を日焼けから保護することができます。

また、汗からメイクを守ってくれるので化粧崩れをしにくくなるので化粧崩れ対策にもなります。

日焼け止め対策はしっかりとしておかないとシミやシワの原因になってしまいます。

日焼け止め入りの化粧下地とBBクリームの2本で肌を紫外線から守り、いつでも美しい肌でいましょう。


3.さらに美肌になりたい場合は

BBクリームの中に美容液が入っているので、基本的にはBBクリームをつけるだけで肌はキレイになります。

ですが、もっともっと肌をキレイにしたいという場合は、さらに美容液成分が豊富に入っている化粧下地をつけることをオススメします。

美容液成分が豊富に入っている化粧下地は、乾燥から肌をしっかりと守ってくれるので乾燥の多い季節でも美しい肌をキープすることができます。

特に乾燥の多い冬はどんなに肌に自信がある方でも念の為に化粧下地とBBクリームの両方をつけて肌を乾燥から保護してあげましょう。

美容液成分が多い化粧下地の中でも美容液成分が70%以上のものを選ぶのをオススメします。

美容液成分が低いものよりも肌の奥にまで美容成分が届きますので、メイクをしつつさらに美しいを実現することができます。


4.ひどいシミやクマができた場合は

BBクリームにはコンシーラーが入っているので大抵のシミやクマは隠すことができますが、ひどいシミやクマができた場合は、BBクリームだけで隠せない場合もあります。

どうしてもBBクリームだけで隠せそうにない場合は、イエローやグリーン、ブルー等コントロールカラータイプの化粧下地を先に塗ってからBBクリームをつけることでしっかりと隠すことができます。

自分にどの色が合うか分からないという方は、ドラッグストア等の美容担当の店員の方に聞いて自分に合う色を選びましょう。


5.オイリー肌の場合は

乾燥肌だとBBクリームの美容液成分が肌を潤してくれるのでBBクリーム一本ですむ場合が多いですが、オイリー肌の場合はBBクリームだけだとべたついてしまう場合があります。

オイリー肌の方は、皮脂を抑えるタイプの化粧下地をBBクリームの前につけることで1日中あぶらとり紙知らずのさらっとした肌でいることができます。

そしてオイリー肌そのものを化粧下地が改善してくれるので皮脂が毛穴につまりにくくなり、洗顔をしやすくなります。

特に夏は肌がテカりやすいので、BBクリームだけでは対処できない場合も多いです。

そういう時に使うと夏でもテカり知らずのキレイな肌でいることができます。


6.ニキビができやすい場合

ニキビができやすい場合は、薬用効果の高い化粧下地を使ってからBBクリームを使うことで日中でもニキビ対策をすることができます。

ニキビの上に直接BBクリームをつけてしまうと、余計にニキビがひどくなってしまいます。

ですので薬用効果の高い化粧下地でワンクッション置いてからBBクリームをつけるようにしましょう。

そうすることでそれ以上ニキビができにくくなります。

BBクリームだけで良いか下地を使うかを見極めよう

BBクリームはそれ一本でベースメイクがほとんどすんでしまうとても便利なクリームです。

ですので基本的には化粧下地は必要ありません。

ですが、日焼けや乾燥、ニキビ等BBクリームだけでは対策しきれない部分もあります。

そういう時は化粧下地を使うことで肌をキレイにみせることができるので使うことをオススメします。

日によってBBクリームだけでいい日か化粧下地を使う日かを見極めるのが上手なメイクのコツです。