BBクリームの効果的な使い方

最終更新日:2016年2月23日

BBクリームといえば一本で様々なベースメイクの役割を果たしてくれる朝の忙しい時間のメイクに楽ちんなうれしいアイテムですよね。

でもBBクリームってベースメイク・ファンデーションとして顔に塗る以外に使用方法は思いつかないですよね。

そこで今回はBBクリームの効果的な使用法をご紹介します。

1.重ね塗りで気になる部分をカバー

BBクリームといえば、日焼け止め・化粧下地・ファンデーションの代わりとして一本で仕上げる方が多いようですが、コンシーラーの代わりとしても使うことができるようです。

やり方は簡単。

目の下のくまや気になる影などに二度塗りするだけです。

二度塗りすると独特の色むらが解消され、影を薄くしてくれるので自然にキレイにしてくれます。

ただし、濃いシミなどに対してはコンシーラーと比べるとカバー力が劣ってしまいます。

ですが、多少の影くらいならカバーできるため、コンシーラーを使うよりも簡単に落としやすく、肌にもいい素材ですので一度試してみてはいかがでしょうか。


2.仕上げにパウダーはする

BBクリームはファンデーションの機能も果たしてくれますし、仕上がりはさらさらとしてパウダーはいらないように思いますが、汗や皮脂で落ちてしまいやすいのでパウダーをするとキープ力があがると言われています。

またBBクリームだけだと艶が出過ぎたりするためマッドな印象にしたいかたはパウダーを肌に乗せましょう。

また、ラメいりのパウダーを乗せれば艶をいかして明るい印象を演出することができます。

BBクリームだけで安心せずにしっかりとパウダーは常にカバンに忍ばせておくといいかもしれませんね。


3.日焼け止めと併用

BBクリームには日焼け止めの効果も備わっていますが、BBクリームは皮脂や汗で崩れやすく、紫外線の多く暑い夏の時期では少々不安が残ってしまいます。

ですのでBBクリームを塗る前に日焼け止めクリームを塗ることをオススメします。

日焼け止めクリームでしっかりと日焼け防止をした後にBBクリームでさらに日焼けを防ぎましょう。

BBクリームは意外と崩れやすいので日焼け止めクリームの下地でしっかりと土台を作ってあげるとその効果を発揮しやすくなるかもしれません。


4.CCクリームと併用する

CCクリームとはBBクリームの後に各化粧品メーカーさんが発売をした色補正・肌の色をカモフラージュする効果があって肌をナチュラルにトーンアップしてくれる効果のあるクリームだそうです。

BBクリームが肌の欠点をカバーするのに比べて、CCクリームは色補正でナチュラルに見せることに特化しているようです。

またCCクリームはBBクリームの後にBBクリームをお手本にして開発されたBBクリームの改訂版ですので、保湿効果や美容効果がBBクリームよりも優れたものが多いと言われています。

そこで、試してみてほしいのがこのCCクリームとの併用です。

BBクリームでカバーしたいくまなどの欠点を重点的にカバーし、明るさを出したいところやBBクリームと肌の色をなじませて整えナチュラルに見せるためにCCクリームを使用するとより自然な肌になります。

つまりはBBクリームでカバーした部分を自然に見せてくれるのでCCクリームはBBクリームの効果をアップしてくれると言えるでしょう。


5.コンシーラーとして使用する

BBクリーム一本では不安だったり、すでにお気に入りのファンデーションがある場合はBBクリームをコンシーラーとして使うだけでもOK。

BBクリームはカバー力もあるので少しのくまやシミをカバーしてくれますし、小鼻のくすみや法令線などのシワの影もカバーでしてくれるだけでなく、BBクリームの多くはコンシーラーと違って毛穴に詰まりにくく、オーガニックの物などは肌に負担をかけにくいだけでなく、肌に良い物もあるのでコンシーラーの代わりに使ってみてはいかがでしょうか?シミやシワ、くすみなどを起こしている部分は肌トラブルが起きている証拠ですのでそこに負担をかけてしまうと悪化してしまうので、この機会にコンシーラーを肌に優しいオーガニックBBクリームに変えてみてはいかがでしょうか。


6.まずはお肌の調子を

BBクリームの効果が最大限に生かされるためにはお肌のコンディションがいいことが条件。

お肌の調子がお肌が乾燥しているとBBクリームがうまく乗らずムラになってしまったり、皮脂がおおく分泌されているとBBクリームが落ちやすくなってしまったりとBBクリームの効果がうまく発揮することができません。

ですので、正しい洗顔・クレンジング方法でお肌を傷つけないようスキンケアをし、保湿をしっかりとおこないましょう。

そうしてお肌の調子を整えればBBクリームも効果を発揮してくれます。

肌に合ったBBクリームを選ぼう

以上、6つをご紹介しました。

BBクリームはお肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

最近では素材にこだわったオーガニックのものも出ているので敏感肌の方にもオススメです。