透明感ある肌を作るベースメイク術。ポイントを抑えよう

メイク最終更新日:2016年2月23日

透明感のある肌はどの女性にとっても憧れの肌です。

肌に透明感があると、それだけでキレイに、若々しく、そして輝いて見えるから不思議です。

では透明感のある肌を作るベースメイクのポイントをいくつか紹介したいと思います。

1.リキッドもしくはクリームファンデーションを使う

まず透明感のある肌にするには、保湿が第一です。

保湿効果のある化粧水でたっぷり肌を保湿させたら、続けて美容液、乳液、そして日焼け止め等を塗ります。

ベースメイクでは出来ればパウダーファンデーションは避けるのが無難です。

固形のパウダーは液状のリキッドやクリームとは違い、どうしてもマットな仕上がりになってしまいます。

透明感のある肌に欠かせないのは“艶感”なので、艶感を演出する為にもリキッドやクリームファンデーションを使用する事をオススメします。

ファンデーションの選び方としては、なるべく暗い色ではなく少し明るめの色を選ぶ事で、より透明感のある肌を演出する事が出来ます。

もし脂性肌であればサラっとしたリキッドタイプを、脂性肌でなければリキッドよりもコクのあるクリームタイプを選ぶと良いでしょう。

ファンデーションをつける時には、よれない様に気をつけて指の腹やスポンジの角を使って毛穴を埋め込む様にポンポンとつける事でキメの整った肌に仕上げる事が出来ます。

2.コントロールカラーでくすみのない肌に

透明感のある肌に仕上げる為には、くすみは厳禁です。

もし元々の肌に色むらがあったり、シミ、クマ等があると、全体的にくすんだ様に見えてしまうので透明感を演出出来ません。

そんな時はファンデーションを塗る前にコントロールカラーで下地を作って色補正をしましょう。

色選びとしては、元々の肌がイエローベースの場合はイエローを、肌がブルーベースの場合はオレンジを選んでみて下さい。

そしてもし肌荒れによる肌の赤みやニキビ跡が気になっている場合にはグリーンをオススメします。

顔のパーツで色や悩みが分かれている人はその色や悩みに合わせたコントロールカラーをミックスして使用する事も出来ます。

コントロールカラーでくすみを補正したら、透明感のある肌に一歩近づけますし、化粧下地を塗った事で上に塗るファンデーションのノリも良くなる筈です。

3.隠し切れないくすみはコンシーラーで徹底的に隠す

透明感のある肌に仕上げるには、くすみは厳禁と前述で述べましたが、コントロールカラーで補正してもまだ部分的にくすみが消えない場合があると思います。

特に目の下のクマはなかなか消えない頑固なくすみの代表格です。

その場合はコンシーラーを利用する事をオススメしますが、コンシーラーにも固形タイプとリキッドタイプがあります。

透明感のある肌は艶がある事が前提なので、出来れば乾燥しやすい質感のコンシーラーは避け、かつカバー力に優れたコンシーラーであれば、くすみを撃退しながら艶のある肌に出来るので理想的です。

この条件をクリアさせる為と言って高級メーカーの物を無理して購入する必要はなく、最近ではプチプラコスメでも優秀な商品が販売されているので、幅広く自分に肌質に合うコンシーラーを探すと良いと思います。

クマによるくすみもない肌は透明感のある肌にグッと近付きます。

この過程は妥協なくしっかりカバーさせる事を心掛けて下さい。

4.青みのある色を最後につける

透明感のある肌にするには、青みのある色が効果的です。

元々の肌がくすんでいたり、赤みがある人は下地のコントロールカラーを塗っているので、その場合は仕上げとしてファンデーションを塗った後の最後に青みのあるお粉やチークをブラシに取って、ふわっとTゾーンや頬につける事で透明感のある肌を演出する事が出来ます。

この方法はプロのメイクアップアーチストが実践している方法なのですが、女優さんやモデルさんをメイクする時に最後の仕上げとしてブルーやパープルの色のお粉やチークを使用して透明感を演出します。

このたった一手間で仕上がりの印象が大きく変わるそうです。

一般的にはお粉と言えばラメの入ったもの、チークと言えばピンクみや赤み、オレンジみのものと思いがちですが、お粉もチークもその役割だけでなく透明感を演出する為の色も存在するのです。

慣れないと最初に見た時にビックリするかもしれませんし決して選ばない色かもしれませんが、青みのある色は透明感と深く関係しているので、実はとても活躍する使える色なのです。

しかし付けすぎると今度は血色が悪く見えてしまうので、あくまでふわっと軽く付けるのがポイントです。

透明感ある肌を作るのはベースメイク

このように、透明感のある肌を作るには、いかにベースメイクに気をつけるかが大切です。

逆にどんなに肌のくすんだ人でも、しっかり自分の肌色や肌質を見極め、ベースメイクで作り込むかでいかようにも透明感のある肌を演出する事が可能なのです。

「私は透明感のある肌とは無縁だ」「私にはそんなメイクは出来ない」と諦めてしまっては勿体ないです。
透明感のある肌になれば、今の自分よりももっと美しくキレイに、若々しく、そして輝いて見せる事が出来るのです。

 

    「透明感ある肌を作るベースメイク術。ポイントを抑えよう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/09(水) 09:06

    イエローのコントロールカラーは肌色が明るく見えおすすめです。透明感のある肌の女性は清潔感も感じられるし、ベースメイクは丁寧に!!を心掛けたいと思いました。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/05/23(水) 17:04

    肌のくすみがずっと気になっていましたが、青みのあるものを上から乗せるメイクの仕方は知りませんでした。透明感は諦めていたのですが少し希望が見えました。

  3. 3. miiko2018/05/23(水) 17:04

    肌のくすみがずっと気になっていましたが、青みのあるものを上から乗せるメイクの仕方は知りませんでした。透明感は諦めていたのですが少し希望が見えました。

この記事への感想を書く