美人な女性

美人と言われる女性の顔の特徴は?ポイントはバランス

最終更新日:2014年10月9日

「美人」とは基本的に「顔のパーツが整っていて、なおかつ、そのパーツ配置が均等な人」のことを指します。

そのような顔立ちの人は個人的な好みは関係なく、誰から見ても美人と認められます。
では具体的に顔のパーツがどのようなものだと「美人」として認められるのでしょうか。


美人な女性

1.鼻が高い、もしくは鼻筋が通っている

昔から鼻が高いということは、美人の条件の1つだと言われてきました。
それは今でも変わっていないようです。

鼻が高いと知的でミステリアスな印象になるため、美人と言われるためには不可欠な要素です。

しかしそれ程鼻が高くなくても、美人に見られる場合もあります。
それは鼻の高さに関係なく「鼻筋がすっと通っている」と言う場合です。

鼻筋がすっとしている場合もまた顔全体に凛とした美しさを漂わせるので、鼻が高い人と同じくらい美人に見られます。

2.黒目がくっきりしている

黒目の部分がくっきりしていると、目力が強くなり、印象的な顔になります。

この目力が目元の美しさを左右します。
目力があり、目元に存在感がある人は人目を引き、魅力的に見えるものです。

今黒目部分をくっきりさせるコンタクトレンズが若い人に人気です。
そのようなものが流行するということは、やはり黒目は美しさの度合いを決めてしまうものなのでしょう。

3.まつ毛が長い

美人とはただ単に「美しい顔立ち」という条件だけでなく「フェミニンな魅力」も不可欠です。

そのために必要な条件は、「まつ毛が長いこと」です。

まつ毛が長い人は、美人に見られやすいのです。
なぜかというと長いまつ毛は目全体を大きくぱっちり見せてくれるからです。これによって顔全体に女性らしい愛くるしさが加わり、「美人でかわいい」という印象の顔立ちになります。

世の中の女性がまつ毛エクステや付けまつ毛・マスカラなどでまつ毛メイクに力を入れているのは、正にそのような顔になるためです。女性は皆無意識的に、まつ毛を長くすることで、目をぱっちり見せたいという願いがあるのです。

4.顔のパーツが左右対称に配置されている

よく美人のことを「均整のとれた顔立ち」と表現することがあります。この「均整」とは、顔のパーツ1つ1つが、バランス良く配置されていることであると言い換えることができます。

最も理想的な顔のパーツ配置は、左右対称であることです。
これは「顔に歪みがない」ということでもあり、健康的でポジティブな印象の美しさに繋がります。そのように左右対称になっているパーツ配置の顔は、文句なく美人の顔立ちであると言えます。

美人とはバランスが良い女性

美人と言われている顔の条件は、パーツ1つ1つのはっきりした美しさと、パーツが左右対称にバランス良く配置されていることです。
そこからわかることは美人に必要な条件とは、「全体バランスの良さ」と「調和」であるということがわかります。