コンサバの意味とは。コンサバの定義を知ろう

ファッション 自分磨き最終更新日:2018年2月28日

大人の女性のファッションで頻出のコンサバは、OLのワードローブでも非常に重要な要素ですよね。

しかし、コンサバをニュアンスで捉えることは出来ても、言葉にしたりはっきりと定義を理解している人は多くありません。

そこで今回はコンサバとはどういう意味なのかをご紹介します。

1.保守的で普遍的なスタイル

コンサバとは、保守的という意味のコンサバティブを略した言葉とされます。

保守的だという意味は、ビジネス用語でも用いられますが、特にファッションで用いられる言葉です。

かっちりとしたレディーススーツやワンピース、トレンチコートなどいつの時代にもある保守的で伝統的な服がコンサバの代表格です。

日本においては、80年代の神戸のお嬢様ファッション、バブル時代のニュートラファッションなど時代に合わせてコンサバの概念も変化していったようです。

様々な時代の要素を取り入れながらコンサバという言葉も多様な扱われ方をしてきましたが、特に近年は流行に左右されない限定的なものをコンサバと言うようになりました。

いつの時代も女子アナが着ているような、上品なニットのアンサンブルに膝丈のスカートというような普遍的でエレガントなスタイルを指します。

2.女性的でエレガント

コンサバは保守的な考えが強いので、女性らしさやエレガントさなどどの時代でも好まれる要素を持ちます。

もちろん、普遍的なファッションといえど、流行には大きく影響されます。

コンサバの一つである神戸のお嬢様ファッションの場合、女性的かつエレガントという大きいくくりだけでなく、千鳥格子柄やフリルや巻き髪といったメイクやキーアイテムとセットです。

普遍的と言われるコンサバもその時の流行とともにアレンジされるのです。

しかし、女性らしさやエレガントさは常に内包しています。

3.基本に流行をとりいれたスタイル

コンサバの基本はもはや洋服としての基本なので、それだけでは面白味のあまりないコーディネートになりがちです。

ですからコンサバは保守的で伝統的なスタイルでありながらも、そのときの流行を柔軟に取り入れてきたのです。

バブル時代であれば派手な色やデザインが流行りましたから、それをそのままスーツやワンピースといったベーシックなアイテムにも反映されました。

2000年代のコンサバはCanCamなどに代表されるフリルや膝丈のフレアスカートなどよりガーリーな要素を取り入れました。

このほかも、お水系と呼ばれるキャバ嬢ファッションが流行れば、コンサバファッションにも色っぽさのあるレースのカーディガンや短めのタイトスカートなどのデザインが出てきます。

保守的で伝統的なファッションといわれるコンサバが流行と融合するのは、なんだか矛盾しているようにも思えますよね。

しかし服の形そのものが変わるのではなく、特定の素材があしらわれることが多く、形はあまり変わらずに雰囲気やニュアンスが変わるという場合がほとんどです。

4.近年の流行りはコンサバ+カジュアル

近年のコンサバは、コンサバと流行のカジュアルファッションとの融合とされています。

カジュアルとコンサバというのも対極を成すような組合わせですが、実は相性は悪くありません。

例えばコンサバでエレガントなニットにデニムを合わせるコーディネートなどは過去にも見られました。

しかし、よりカジュアルに寄せたものが昨今のコンサバと言えます。

女性的なボディラインを少しぼかしたり、エレガントなアイテムを盛り込むといった具合です。

特にメンズライクなシルエットに少しレースやパールなどエレガントな素材をあしらうといったものが、最近流行のコンサバに多く見られる特徴ですね。

コンサバといえば形まで大きく変わることはあまりないのですが、昨今のカジュアルコーディネートの流行でシルエットも変わってきています。

5.流行りのコンサバは進化し続けるもの

コンサバと一言に言っても派生のファッションが様々あるので中々捉えづらいところもあります。

しかし、コンサバはあくまで伝統的なものです。

あくまで、まず先にファッション全体の流行があり、それを伝統的なニットやワンピースなどに取り入れて時代に合ったコンサバが出来上がるのです。

そのため、これからもコンサバは流行とともに進化し続けることが予測されます。

6.コンサバは本来流行り廃りがないスタイル

特に日本において、コンサバは保守と時代に合わせた進化という相反する要素があります。

しかし、本来は保守的で伝統的なスタイルですから流行り廃りはないのです。

ですが、日本においては特に、流行によってファッション全体が大きく変化するという特徴があります。

本来のコンサバファッションは流行に左右されませんが、ベージュのトレンチコートなど保守的なコンサバアイテム自体が流行になってしまう場合もあります。

そのため、残念なことに伝統的で保守的なスタイルも時に流行遅れだという判断をされてしまいがちです。

そのような判断をされて嫌な思いをしないよう、上手く流行を取り入れたコンサバファッションを楽しむ人も多くいます。

またベーシックなアイテムは、素材や質にこだわるほどに一過性のブームのアイテムと一目で違いが分かります。

伝統的なコンサバスタイルを愛する人は、流行に左右されないように質や素材にこだわるのがオススメです。

コンサバはいつの時代も女性をエレガントにするスタイル

今回は、コンサバとはどういう意味かをご説明してきました。

コンサバとは日本においては特に流行と融合することが多くみられますが、どのスタイルも女性的でエレガントに見せるという特徴があります。

一方で、いつの時代もベーシックなコンサバなファッションも常に愛されています。

流行と伝統を併せ持ち様々な顔をもつコンサバを、楽しみながら取り入れていきましょう。

 

    「コンサバの意味とは。コンサバの定義を知ろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く