セクシーさを出す方法。露出なしで大人な色気を出そう

最終更新日:2016年5月2日

多くの女性はもう少し色っぽくなりたい、セクシーさを醸し出したいと感じているようです。

確かに、セクシーな女性は男性からの人気も高いですし、海外ドラマなどを見ているとセクシーな女性はカッコよさも兼ね備えていて憧れてしまいますよね。

今に色気がなくてもセクシーさは出せるものなのでしょうか。

そこで今回はセクシーさを出す方法をご紹介します。

1.恋をする

セクシーさを出すには、「恋をする」という方法があります。

その理由はずばり女性ホルモンの分泌にかかわってきます。

女性ホルモンが多く分泌されると、フェロモンが出たり、胸が少し這ったり、艶っぽさが出ると言われているようです。

なによりも恋をしている女性はキレイに見えるもの。

恋をするとメイクやファッションなどを変え・研究して相手に気に入ってもらえるように頑張るのが乙女です。

そのため、恋をしていれば「セクシーさを出したい」とさまざまな努力をしやすくなるのです。

女性ホルモンの分泌も重なって女性をより艶っぽくしてくれるのではないでしょうか。


2.ゆっくりした動き

セクシーさとかけ離れているのが「テキパキ動く」です。

例えば、キレのあるダンスよりも、ゆっくりとしたなめらかな動きのポールダンスの方がセクシーに見えるのがわかりやすいですよね。

そのためセクシーさを出したいと思うのなら、普段の動きのペースを少しゆっくりにしてみてはいかがでしょうか。

スマホをいじる指先や、水を飲むときや食べ物を食べる時など、動きをゆっくりにすることで、身体のラインが見えやすくなり男性がドキドキしてしまうとか。

このゆっくりした動作と同時に行ってほしいのは指先から足の先まで気を抜かないことです。

だらしなく足が開いていたりしてはセクシーからはかけ離れてしまいますし、セクシーは上品でないと「下品」と受け取られてしまいます。

このセクシーと下品は紙一重なもので、下品になってしまったら最後、男性は引いてしまうでしょう。

そのためあくまでも上品にこだわって動作をゆっくりにしてみましょう。


3.スキを作る

セクシーというのは、性的な魅力があるということで、ガードがガチガチに固い女性にはセクシーさを感じないように、「スキ」がセクシーさを出してくれるでしょう。

とはいえ、露出のし過ぎなどは「下品」になってしまうため避ける必要がありますが、ふと足を組み替えるしぐさだったり、シャツのボタンがあいているのに屈んでしまったり…。

スキをうまく作るのはかなりの上級者テクニックと言えますね。

初心者にもできるのはファッション。

例えば、トップスかボトムスのどちらかだけセクシーなものにする方法です。

どちらもだしてしまうと露出しすぎて下品になってしまいますが、胸を出して足を隠したり、脚を出して胸を隠したりと、ひとつの要素に絞ることで絶妙なバランスを保ってくれると言われています。


4.すべてを教えない

セクシーさはミステリアスな雰囲気を兼ね備えることがあります。

男性はチラリズムが好きとよく聞きますが「見えそうで見えない」「隠れ巨乳」「自分だけが知っている」などのシチュエーションに燃えるようです。

あのイギリス王室のウィリアム王子も「普段は地味な服を着ていたキャサリン王妃のファッションショーでのシースルーに一目ぼれした」と言われるように、男性は慎ましい女性が実は…というのが大好きです。

そのため、セクシーであるためにはすべてを話し過ぎず、ミステリアスな雰囲気を醸し出して男性に「見てみたい・知りたい」と思われることがコツなようです。

なので、飲み会などで自分の話をあまりしないようにしたり、わざとメガネをかけて素顔を隠してみたり、胸が大きいのに胸を出さずに不意にショルダーバッグで強調してみたりすることで男性の興味を引くことができるでしょう。


5.高い声で話さない

高い声=子供の声、というイメージがついています。

例えば日本のアイドル歌手の多くがキンキンした高い声で話していますが、彼女たちにセクシーさは感じないですよね。

セクシーな女性は割と低い声で大人の女性感がある人が多いようです。

でも、実際は20歳を超えていてもアイドルのような声で媚びる女性がかなり多く、セクシーとは程遠いので、セクシーさを出したいときはあえて低い声でできれば息の混じったハスキーな声で話してみるといいかもしれません。

参考にするなら海外ドラマの女性の声。

低くて魅力的な声・トーンで話しているので一度参考にしてみてもいいかもしれません。

また、話す時に声の低さだけでなく、いつもよりゆっくりめの口調で話すと唇の動きを男性に見せることができるのでセクシーさを醸し出せるでしょう。

セクシーになるためには大人な女性になろう

以上、5つをご紹介しました。

セクシーな女性になるためには大人な女性になる必要があるようです。

ただし、露出のしすぎやセクシーアピールが過激になると危険なので気をつけましょう。