ミニスカートは何歳までOKか。年齢にあった服装をしよう

最終更新日:2015年7月21日

露出が多く、女性らしさが際立つ、ミニスカート。

このミニスカートが許されるのはいくつまでなのでしょうか?

その意見には個人差がありますが、一般的に耳にする、ミニスカートの対象年齢についてご紹介します。

1.チェックの制服風ミニスカートなら、20歳まで

アイドルグループの衣装のような、制服を模したミニスカートは、やはり高校生ぐらいの年齢か、大目に見ても20歳まで、という意見が多いようです。

それ以上の年齢だと、若作りが過ぎるという辛口評価を下されたり、コスプレのように見えて逆に卑猥な印象を与えたり。

普通に考えて、チェック柄は布地の模様の一種でしかないのですが、制服に多用されているということと、アイドルっぽいというイメージのせいで、対象年齢はかなり低くなるようです。

これが、全く同じ柄でも膝丈やそれ以上のスカートだと、上品だとかナチュラルだとかの印象になります。

同じ柄でも、長さひとつでいくつでもOKのアイテムに早変わりしてしまうのが、ファッションの難しさでもあり面白いところでもありますね。


2.ゆるふわ系のスカートなら、25歳まで

シフォンやチュールの、風が吹くとふんわりとめくれてしまうような軽い素材のミニスカートは、チェックのスカートよりは少しお姉さんでも違和感なく着られますが、やはり幼さが残る印象になるので、せいぜい25歳という声が聞かれます。

見た目がどうというよりも、25歳という年齢には、大人と子供の見えない境目が存在するため、あまりに愛らしさを前面に出したファッションには、見る人も抵抗を覚えるようです。

また、そのゆるふわな無防備さにも、年齢制限があると見る人が少なくありません。

ちょっとした動きによってうっかりパンツが見えてしまっても、25歳までなら許されますが、それ以上だと「もう大人なんだから……」と呆れられてしまうということでしょう。

確かにふんわりしたミニスカートは、ガーリーでキュートな印象ですが、実際に着ても恥ずかしくないのは、ギリギリのところで「ガール」と呼ばれても許される年齢まで、ということですね。


3.デニム系のミニスカートなら、30歳まで

数年おきに必ず流行する、永遠の定番・デニムのミニスカート。

このデニムのミニは、他のアイテムの合わせ方によっては、弾けるような若さを醸し出すことも、大人カジュアルを演出することも可能です。

そのため、対象年齢は30歳と、やや高めの設定になることが多いようです。

本当は30歳を超えても、上手にコーディネートをすれば見苦しくはないのですが、年齢が上になればなるほど周囲が気にするのが、「無理している」という印象。

特に、生足でのミニスカートは、その脚がどれほど美しくても、妙齢の女性の場合は「寒くないの?」と言われてしまったりします。

若さとは不思議なもので、露出が多くても寒そうには見えないものですが、一定の年齢を超えると、その「若さ」という魔法が解けてしまって、一気に現実的な見方をされてしまうものです。

30歳を超えてもデニムのミニを履きたい場合は、レギンスなどを合わせるべきなのかもしれません。


4.ドレスやスーツ系のミニスカートなら45歳くらいまで

年齢制限が生じやすいミニスカートですが、例外もいくつかあります。

それは、フォーマルな席での華やかなドレスと、ビシッと決まった、オフィスに映えるタイトスカートです。

高級素材のミニドレスなら、メイクやヘアスタイルを間違わなければ年齢が高くても華やかで素敵です。

また、スーツ系のタイトスカートは、新人くらいの若い子よりも、むしろある程度のキャリアを積んだ、「できる女性」によく似合います。

このドレスとタイトスカート、両方に共通して言えることは、ストッキング着用が基本となることと、ハイヒールが似合うということです。

ハイヒールは大人の女性の必須アイテムですから、熟女と言われる年齢でもカッコ良く決められるということですね。


5.見た目が若ければいくつでも

これまでご紹介した年齢制限なんて関係なく、見た目に違和感が無ければ、いくつになってもミニスカートはOKだという意見も数多く聞かれます。

その条件としては、ちゃんと自己管理されていて、きゅっと引き締まった太ももとお尻を持っていること。

年齢を重ねるにつれて、どうしても下半身の脂肪が重力に負けてしまい、お尻が垂れてきてしまう女性が多いですが、その重力に逆らって、シェイプアップを怠らずに若々しいスタイルを保てれば、いくつになってもミニスカートはカッコ良く着こなせるものです。

こんな徹底したスタイル維持に成功している女性であれば、何歳であろうが、ミニスカートは許されるということでしょう。

ミニスカートの対象年齢を知ってTPOに合った服装をしよう

世間で言われている、ミニスカートの対象年齢についてご紹介しました。

そうは言っても、ファッションは自分が着たいものを着るのが第一ですから、周囲にどう思われても構わない。

というポリシーをお持ちであれば、いくつになっても好きな服装をした方が人生を楽しめます。

ですが、周囲の目が気になって、ミニスカートを着るか着まいかお悩みなら、今回お話しした内容を参考にしてみて下さい。