デート後のお礼メールで脈ありか脈なしか判断するポイント

最終更新日:2016年2月23日

デート後に「脈ありか脈なしか」が気になる事は多いと思います。

思いを寄せる男性に好かれたい、今後発展させたいと願う女性からしてみれば、そのデートの為に服装を選んだし気合を入れて化粧をしたりと様々な努力をしたはずです。

結果がどうだったのかを判断する一つの方法は「デート後に来るメール」から脈あり・なしを読み取る方法です。
そこで、判断残量となるポイントをいくつかご紹介します。

1.具体的な内容が記載されているかどうか

その男性の性格などにもよりますが、お礼メールの内容が「今日は楽しかったよ、また遊ぼうね」と言った社交辞令的な内容の場合には期待感は低くなってきます。

必ず脈なしのサインであるとは言えませんが、仮に「また会いたい」と男性が思っていたとしたら何らかのアプローチがあることが多いです。ですので「次は何をしよう」とか「次の予定はいつにしよう」と言った具体的な内容の方の方が可能性は高くなります。

また、もし具体的な予定に関わる内容が無かったとしても、その日の内容に関して触れているような場合には脈ありのサインになる事もあります。

例えば、デート中に起こった出来事に対して「良かった」、「楽しかった」と言う内容があったり、デート中に知った女性の好みや趣味などに対して触れているようなものの場合、少なくとも男性側は女性に対して興味を持っている事が分かります。

会話の内容や出来事を忘れてしまっているような場合には、脈なしと判断して次の相手を探す事も必要かもしれません。

2.デート後のメールが来るタイミング

デート後にメールが来るタイミングによっても脈ありかどうかを判断するポイントがあります。

例えば駅で別れたような場合、脈ありであればその後すぐに連絡が来ることが多いです。

単純に「少しでも会話をした」とか「余韻を楽しみたい」と言った理由から来る行動ですが、逆に脈なしの場合にはしばらくして男性側が落ち着いた段階でメールが来ることが多くなります。

「あー、一応メールしておこうかな」という感じで”わざわざ”お礼メールを送るという事になると、あくまで自分の都合の良いタイミングで送ることが多いです。

その為、余韻も何もないタイミングでお礼メールが来ることが多くなります。
別れた後もしばらくメールが来ない、忘れた頃に来たという場合には脈なしの可能性が高いかもしれません。

3.メールの中に感情を表す表現があるかどうか

脈なしの場合、非常に当たり障りのない内容のメールが来ることが多いです。

男性側も次に繋げようと言う意欲が低いですので、「今日は楽しかったです。また遊びましょう」とか「今日はありがとうございました」という非常に機械的なメールになりやすいです。

逆に「今日は楽しかった。また会いたいと思った。」とか女性の事を褒めるような内容などがあった場合には十分に脈ありのサインと考えてOKでしょう。

服装が似合っていた、可愛かった、〇〇が楽しかった、また一緒に行きたい、(男性側の事に関して)どうだった?と言うような相手を意識する内容が含まれている場合には脈ありの可能性も高くなります。

確実に脈あり・なしを見抜くことは難しいと言えます。

しかし、より可能性が高い女性に対して男性が送る内容を知っておくことで、
少なくとも「チャンスを逃すリスク」は減らすことができます。

いくつかの内容を紹介しましたが、ポイントは「また会いたいと思っているかどうか」です。

ビジネスライクな社交辞令メールでは無く、ちゃんと自分の心境や考えが含まれているかどうかが判断の大きなポイントになると言えます。