電気が走るような恋をする方法とは。ビビっとくる恋をしよう

素敵な人と出会う最終更新日:2018年1月19日

ある程度の恋愛を経験すると「刺激的な恋愛がしたいな」「昔みたいに激しい恋がしたいな」と、電気が走るような恋に憧れを持つことがあるかもしれませんね。

ただ、どのようにしたら電気が走るような恋ができるのか、いまいち気持ちの持ち方や行動の仕方が分からないものです。

どんな方法を用いればそんな恋ができるのか、その方法をご紹介します。

1.理想を妥協せず片思いでも追いかける

人それぞれ「こんな人がいいな」という理想のタイプがあるでしょう。

外見や性格、相性など理想を持ちつつも、いざ相手と恋愛するとなると、必ずと言って良いほど妥協してしまうことがあります。

そんなあなたが電気が走るような恋をしたいのなら、理想の妥協をしないことです。

「これ以上の人は見つからない」「すべてが自分の理想通り」という人に巡り合ったら「私には無理」と距離を置いたり諦めたりするのではなく、片思いであっても追いかけることで、電気が走るような恋ができるでしょう。

妥協をしていない時点で、自分の中でのパーフェクトな男性に出会えているという喜びがあり、それだけで刺激的に感じるもの。

またその人の発する言葉や行動のひとつひとつに一喜一憂して「恋してる」という実感を強く持つことができます。

電気が走るような恋は、実は片思いの状態の時が一番感じやすいものです。

「自分に見合った人」を無難に選んで恋をするのではなく、妥協をしない理想的な男性に恋をすると、電気が走るような恋ができることでしょう。

2.行動範囲を広げて出会いの数を増やす

電気が走るような恋をするためには、それだけ思える相手に出会えないといけませんよね。

夢中になれる人、追いかけたくなる人に出会う必要があり、そのためには「身近な人だけ」と範囲を絞っては狭くなってしまいます。

出会いの数を増やす必要があるため、今以上に行動範囲を広くしてみることが大切でしょう。

「出会い」を目的とした合コンやパーティー以外にも、趣味の活動場所を増やしたり、交友関係を広げたりと、人と関わる機会をもっと増やしてみるのです。

関わる人が多くなればなるほどそこには出会いがあり、電気が走るような恋ができる相手を見つけることができるかもしれないのです。

大人になり社会人となると、家と職場のいき来が多くなり、出会いの場所は限られてくるもの。

そのままの生活では、いつまでも出会いが訪れず、電気が走るような恋をすることが難しくなってしまいます。

もっとフットワークを軽くして、あらゆる出会いに向かって行動してみると、夢中になれるような相手に出会えるかもしれません。

3.理性を捨てて危険な恋をする

電気が走るような恋の中には「刺激的な恋」が含まれますよね。

この刺激をスリルと捉えれば、危ない恋、禁じられた恋でも、電気が走るような恋ができる人もいるでしょう。

例えば、家庭がある男性との恋。

相手には奥さんがいたり子供がいたりといった状況での恋のため、苦しい思いや状況が多々あります。

しかしそこにはいつもスリルがあり、会えた時の喜びは独身の男性以上に感じられるため、満足感を得ることができるでしょう。

いつもは理性によって「この人に恋しちゃだめ」と歯止めをかけているかもしれませんが、どうしても電気が走るような恋をしたいという人は、既婚者との恋もありかもしれません。

しかしこの恋の場合には、常に危険とリスクが伴うため、後々くる代償や責任についての覚悟が必要な方法です。

4.慎重じゃなく大胆になる

大人になると客観的な見方ができたり、これまでの経験を活かすため、恋愛にも慎重になりがちです。

「この人と付き合ったらきっと○○だろう」とか「まだこの人のことを全て知れていないし」と、付き合う前から問題や慎重さがみられ、少しずつ探り探りで距離を縮めていく人が多いです。

ただ付き合う前にすべてを知ってしまえば、当然付き合った後の刺激は少なくなってしまいます。

電気が走るような恋をしたいのなら、あえて何も知らない状態で付き合ってみるのも良い方法でしょう。

付き合ってから「こんな面があるんだ」「こういう人なんだ」と知ることも、ひとつの刺激となります。

分からないことが多くある人と付き合い、会うたびに何かを得たり知れたりすることも刺激となります。

慎重になってしまいがちな恋ですが、大胆になることもたまには必要です。

傷つくことを恐れたり不安を抱くよりも、あえて付き合ってから相手を知ってみるという大胆さが、電気が走るような恋を生み出すこともあります。

電気が走るような恋をしよう

電気が走るような恋をすれば、きっと毎日がもっと楽しく感じるだろうと思う女性は多いでしょう。

安定や安心といった恋は、落ち着きがあり大人な恋愛として楽しむことができますが、激しい恋、刺激的な恋は、結婚してからでは味わえない可能性があります。

こうした方法を用いて、一度きりの人生で一回くらいは刺激的な恋をしてみてはいかがでしょうか。

行動範囲を増やしたり大胆になってみるなどして、味わったことのない恋をしてみると良いでしょう。

 

    「電気が走るような恋をする方法とは。ビビっとくる恋をしよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く