嫌われる女性
   

同性に嫌われる女性の特徴5パターン!自己中心的性格なら要注意!

女性の特徴最終更新日:2016年2月21日

いくら男性から人気があっても
同性から嫌われてしまったのでは幸せな人生は送れません。

「同性からも異性からも人気がある」これが魅力的で幸福な女性の要素ではないでしょうか。

同性から嫌われる女性にはいくつかの特徴があります。
どういうタイプの女性が同性から嫌われてしまうのでしょうか。

ここではその代表的な例を5つ紹介します。
自分は当てはまっていないか、チェックしてみてください。

1.男性に媚びることが多い

同性に嫌われる女性の代表が「男性に媚びる」というタイプです。

男に媚びる女性ほど同性から見て鼻持ちならないものはありません。

露骨に男性に色目を使ったり気に入ってもらうために
男性をちやほやする女性は時に醜悪な印象さえ与えます。

「男性からはモテるけれど、同性からは敬遠されるタイプ」と言っていいでしょう。

2.女子会などの集まりで、グチが多い

女子会や、女性同士で飲食するときなどはできるだけ楽しく明るい話題で盛り上がりたいものです。

ところが場の雰囲気を読まずに陰気な話やマイナス思考の話、
仕事や人間関係のグチばかり話題にする女性が少なくありません。

場は当然シラケますし、食事やお酒も美味しくなくなってしまうでしょう。
そんな女性が好かれるはずがないのです。

3.いない人の悪口を言うのが大好き

いない人の悪口を言ってしまうのが、
多くの女性に共通する悪癖と言っていいでしょう。

たいていの女性がそうした話を口にした経験があるはず。
ですから、ある程度は許せます。

しかしそれがあまりに頻繁だと間違いなく嫌われます。
中にはそれが習慣になってしまっている女性もいますから、意識的に改善する必要があるでしょう。

4.詮索をすることが大好き

詮索好きというのも女性にありがちなタイプです。

こういうタイプは「他人の不幸は密の味」と思っていますから、
人のことをあれこれ詮索してより悪い状況だと喜ぶ傾向があります。

そしてそれを人に楽しげに披露する。
あるいは本人に対して直接「こうじゃないの? もしかして、こうかもよ」と、
悪い解釈を話すことも少なくありません。

要するに自分以外の人間はできるだけ
不幸でいてほしいという意識を持っているのです。

これは女性からも異性からも嫌われてしまう原因になります。

5.自慢話が多く、他人を見下す

自慢をするというのは自然な人間心理です。

しかしそれが多くしかも人を貶めるような発言をする女性は、
確実に同性から嫌われます。

常に人より高いところに立っていなければ気がすまないという女性は、
異性から見ても敬遠したくなるタイプと言っていいでしょう。

1つでも当てはまったら改善した方が良いかもしれません

同性から嫌われる女性のタイプを5つ紹介しました。

もし1つでも当てはまったら、要注意です。
意識して改善することをおすすめします。

同性から嫌われると、その噂が男性にまで広がっていってしまう危険性があります。

 

    「同性に嫌われる女性の特徴5パターン!自己中心的性格なら要注意!」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。