遠距離恋愛で寂しい時の気を紛らわす方法

最終更新日:2015年2月3日

週末、休日こそ彼氏と会えることが、忙しい日々の支え。
でも、遠距離恋愛の二人にはなかなかデートのプランを立てるのでさえ難しいものです。

忙しい彼氏と会えない一人ぼっちのひととき。
ふと、寂しいな、とつい呟いてしまうあなたに1人でも充実した時間の過ごし方をご紹介します。

1.ブログで遠距離恋愛対策やデートプランを見つける

彼氏がいない休日、どうしても「私、今ひとりだ」と感じてしまいがち。
でも、そんなことはありません。

あなたと同じく遠距離恋愛を経験している女性は全国にたくさんいます。
どのぐらいの人たちがいるのか、ちょっとブログを覗いてみましょう。

ランキングサイトで遠距離恋愛の項目を探せば、あらゆるシチュエーションの遠距離恋愛進行中、もしくは遠距離恋愛の末、見事にゴールインした方々のブログを読むことが出来ます。
もちろん、悩み多き仲間の本音も知ることが出来ます。

ブログを読みながら、同感したり、私だったらどうするかな、などと感情移入してしまうことも。

また、ブロガーさんたちの最近のデート事情は、次回のデートプランや誕生日、バレンタインデーのプレゼントの傾向と対策にも。
寂しいな、と感じるあなたの悩み解決のヒントになるかもしれません。
そして、あなたのブログを開設すれば、またそれに共感する人との交流が生まれることもあります。

2.イベント参加で思い切って外出してみる

1人だとどうしても家に籠もりがち。
テレビ観たり、漫画や雑誌読みながらお菓子摘んでしまったり。

これが続いてはいざ彼と会った時に可愛いあなたでいられますか?いつも生き生き溌剌としているあなたを作るには、外に出て、たくさんの人の目に当たることが肝心です。
思い切って外出しましょう。

金曜日の夜から日曜日まで、様々な場所でイベントを行っています。
公営の公園ではフリーマーケットや蚤の市、地元自治体主催や、日本に住む各国の人々のフェスティバルなども開催され、無料で参加することができます。

文化交流などの趣旨イベントは、事前にボランティアスタッフも募集しています。
最初はひとりで行っても、帰りは複数の友達が出来るかもしれません。

平日の顔とちょっと違う自分を見つけられるチャンスの可能性も。
また、イベントでのエピソードが、次の彼との電話やデートでの話題作りの助けになるかもしれません。

3.不得意分野にチャレンジする

遠距離恋愛中の女性で一番多い週末の過ごし方は、「趣味を楽しむ」ことです。
でもずっと続けていた趣味、実はちょっと飽きてきた、時間を潰すためになんとなくやってる、というところが本音のようです。

それらに代わって新しい何かがすぐ見つかる、興味が持てそうなことがすぐ見つかれば話は早いですが、なかなか難しいものです。
そこで発想の転換、わざと「不得意分野」に挑んでみるのはどうでしょうか。

例えば、外食は好きだけれど、本格イタリアンやフランス料理を自分で作るとなると敷居が高いと思いがち。
でも、料理学校で基礎から教われば、独学で失敗続きだった苦手料理も以外と簡単に作れるようになります。

料理プラス、ちょっと本格派を狙って目標のハードルをあげれば、マスターするまでの工程も長くなり、その間にいろんな関連分野に興味を持ちはじめます。
資格取得なども念頭に置くとますます張り合いが出ると思います。

どうしても馴染めなかったら、次の趣味へと移りましょう。
それでもいいのです。
肝心なのは「始めること」です。
遠距離恋愛で一人を持て余すよりは、様々な場所でいろんなことを吸収することが「寂しい」と感じさせないポイントなのです。

4.仲間を集めてパーティー

同じ家で過ごす休日なら、仲間や家族と一緒にホームパーティーで過ごすのも楽しいものです。
家に友達を呼んでパーティーをするのは、結構事前の準備、掃除や料理が面倒だと思いがちです。

しかし、持ち寄りパーティー、場所を提供する代わりに料理をや飲み物を持ってきてもらってワイワイ楽しむのも抜群の気分転換になります。
女子会なら話題に恋愛話が持ち上がること間違いなし。

仲間からのアドバイスで慰めになることもあります。
自宅のパーティーならskypeやネット電話で彼も強制参加させてしまいましょう。

仲の良い仲間の協力で、遠くにいる二人の距離が近づくチャンスを作ってもらいましょう。

5.一人の時間ならではの余暇を作る

彼との時間を望むばかり、どうしても一人の時間を持て余してしまうことが多くなる遠距離恋愛。
でも、ひとりなのは彼も一緒。
彼はどう過ごしているのでしょうか。

忙しい平日に出来ない楽しみを見つけて時間をやり過ごしているかもしれません。
隣同士で暮らしていても、結婚して始終一緒にいても、時々「ひとりになりたいな」と思うことはあると思います。

そのためには、ひとりでいるからこそ出来ることを日頃から習慣にしていると良いと思います。
例えば、図書館へ行って調べ物をしたり、隣町までちょっと安い買い出しに出かけたり、美味しいものを食べに行ったり。

もちろん1人より二人の方が楽しいこともありますが、「ひとりに馴れる」ことは、彼氏べったりの自分から解放されて、新しいあなたの顔を作るきっかけになると思います。
そして、次に彼と会うときは、もっともっと新鮮な気持ちで接し会える心の余裕が出来ると思います。

遠距離恋愛だからこそ、普段は外を向いて行動する

遠距離恋愛は確かに恋をする女性には辛い時期です。
ですから、敢えてひとりの精神状態を外へ向けることで、見えなかった自分や彼との「本当の距離」が見えてくることがあります。

あなたの遠距離恋愛があなたの将来にとって実りの多い期間になりますように。