合コン幹事になった時に合コンを成功させる方法

最終更新日:2015年5月24日

近年は婚活という言葉も一般的になり、男女ともに出会いを求めてパーティや合コンに参加することをオープンにすることも当たり前となってきました。

パーティならば大勢の人に一度に出会えるものの、一人ずつと話す時間も短くどんな人がいるかも分かりません。

一方で合コンであれば一度に会える人数は短いもの、知り合い同士が企画するため安心できると言えるでしょう。

ここでは自分が合コンの幹事となった時に成功させるポイントについてご紹介します。

1.好みが似ている女性を集める

合コンは何人ずつでやるという決まりはありません。

しかしあまりに大人数であると話にまとまりがなくなったり、全員と話すことが難しくなるため3-4人ずつが理想です。

女性側の幹事としてできることは、できるだけ好みが似ている女性を集めることです。

好みというのは男性や普段の趣味という意味ではなく、お店や心地いいと思う場所の雰囲気という意味です。

というのも騒がしい場所が好きという女性と、静かな個室でないと落ち着かないという女性、お酒は全く飲めないという女性の3人が女性側のメンバーであった場合、こちらの希望を男性側に伝えることが難しくなります。

結果自分の好みに合わない場所で心地よくないと黙ってしまったり、盛り上がるにかける合コンとなってしまっては相手側にも申し訳ないですし、幹事としても気を使って疲れてしまいます。

女性3人がそれぞれお酒を飲める量は違うものの全員落ち着いた場所でゆっくり話したいという好みが一致すれば、男性側にも女性側の好みとしての場所を個室のあるお店、騒がしくない場所などと伝えることができます。

好みが必ずしも同じでなくてもいいですが、できるだけ好みを把握している女性に声をかけるかそれぞれがイメージしていることが大きく外れることのない様に事前に話す機会を設けておくことが理想だと言えます。


2.支払いや料理などは事前に決めておく

次に合コン幹事としてできることはこちらの希望を伝えながら、事前に決めることができる部分は男性側の幹事と決めてしまうことです。

当日は幹事とは言えど自分も参加者とお話したり料理やお酒を楽しみたいところです。

その為当日に楽しむために、事前に決めることができることは決めてしまいましょう。

女性側の希望を確認したら予算や場所、料理のジャンルなどを考慮してこちらからもいくつかよさそうな場所を選び、男性側の幹事に伝えましょう。

男性側からよさそうな会場の提案があれば、女性側の希望を考慮してその中から選ぶのもいいでしょう。

この時男性側の幹事が友達であっても、「そういうのは無理」や「女性は絶対~じゃないといや」等といった上から押し付ける様に感じさせる発言は慎む方が良いでしょう。

男性の幹事があなたを面倒、エラそうと感じてしまっては当日のメンバー全員の意見としてとらえられてしまい、事前のイメージが悪くなってしまいます。

「できれば場所は~だとありがたい」「~のジャンルでもいいかな?」等、希望を押し付けずできるだけ相手の許可を求める形で女性の意見を代表して伝えることが理想であると言えます。

当日の料理や飲み物もできるだけコースや飲み放題に決めておき、男性に大目に負担してもらうのであればそれも事前に話しておくとスムーズです。

支払いの際に完全割り勘にするのか、それとも男性が大目に負担するか等決めることに時間をさく必要がないと言えます。

参加メンバー全員で当日決めるには時間がかかる為、幹事同士にある程度任せてもらい2人で事前に決めてしまうことが理想であると言えます。


3.当日は自然な流れに任せて

準備ではいろいろと忙しい幹事ですが、当日も幹事がすべて決めないといけないわけではありません。

例えば席替えをするかどうか、連絡先を交換するかどうかはあまり考えすぎて、全体の雰囲気ばかりを気にしていると自分が楽しむ余裕がなくなってしまいます。

細かい所は当日の全体の雰囲気やみんなの意見で決めましょう。

また幹事だからとりわけないといけない、ドリンクのオーダーもこまめになどと気にする必要はあまりありません。

その場合は始まる際に料理は気にせずに自由に召し上がってください、ドリンクも気が付いた人から、等と一声かけておくと全員が気を遣わずにカジュアルに楽しむことができます。

当日は全員が集まれば自己紹介から始めるのが無難です。

1人ずつが自分のことを話す形でもいいですし、話しにくければ幹事がそれぞれのメンバーを簡単に紹介していく形でもいいでしょう。

そしてお料理やお酒が運ばれてきたら、自由に楽しみましょう。

席替えも3対3程度の人数であれば無理に席替えをしなくても全員で話せる程度の人数なのでなくても大丈夫です。

または改まって席替えとして時間を取らなくても、誰かがお手洗いに立った際に少しずつ席を詰めて結果自然に席が変わる様にするのもいいでしょう。

当日は幹事であっても楽しむことが一番ですが、しかし相手側の様子やこちら側の意見を伝えることができるのは幹事だけです。

さりげなく全体の様子を見ながらメンバーに目を配ることも忘れずにいましょう。

合コン幹事になって成功させよう

合コンの幹事になった時に合コンを成功させるには気配りが大切です。

幹事であっても全員が楽しめる様に事前に決めることができることは事前に決めておく、当日は全員を聞きながら決めると割り切って自分も楽しみましょう。

幹事であるからと気負わずに、流れに任せることも大切です。