初節句のお祝いに贈ると喜ばれるプレゼント

最終更新日:2016年5月26日

誕生した赤ちゃんが始めて迎える節句のことを「初節句」といい、子どものこれからの健やかな成長とともに厄除けを行う行事を意味します。

男の子では5月5日が端午の節句、女の子では3月3日が桃の節句になります。

そんなめでたい初節句にあげるお祝いはどんなものが喜ばれるのでしょうか?

1.現金

親や兄弟などの親戚や、親しい友人には初節句のお祝い金として渡すケースも多くなります。

金額としては祖父母で5万~30万、親戚で1万~3万円、友人で3,000円~5,000円という相場です。

祖父母がひときわ金額が高いですが、これには理由があり男の子であればこいのぼりや五月人形、女の子であれば雛人形の購入資金となります。

昔は母方の祖父母が用意するというのが風習としてありましたが、今ではそれほど気にしなくても良いでしょう。

こいのぼりや五月人形、雛人形は初節句前から自宅に飾るものなので、購入の期間も含め遅くても1ヶ月前には渡したいものですね。

現金はもらう側にとってはいくらあっても困らないものというのが正直なところです。

子育てにはお金がどんどんかかりますからね。

もらう側にとってもお返しの金額を決めやすいという利点があります。

ただ親戚や友人からの頂く金額が多すぎてもお返しが大変なので、相手に負担をかけない程度の金額を考えてお祝いしましょう。


2.玩具

子どもにとっては一番嬉しいプレゼントではないでしょうか?もらってすぐ使えるものであれば、今の手持ちのおもちゃと被らないようリサーチするとよいですね。

そしてできれば少し成長して先々使えるプレゼントをもらうと、長く使えるので頂いたほうも大助かりです。

玩具としては男の子であれば、プラレールは大人気です。

プラレールは様々なパーツがあるので電車と線路が一式になっているスターターセットのようなものが良いでしょう。

また小さい子でもつめるビックサイズのブロックや、車などの乗り物も喜ばれます。

女の子であれば、自分でお世話してあげる人形や、ままごとセットなどが良いでしょう。

最近は知育玩具も人気ですよね、また木製のおもちゃも大変人気で積み木などで子どもの名前を彫ってくれるサービスをしているお店もありますよ。


3.絵本

子どもに絵本を読み聞かせると言葉の覚えが早くなったり、その後学力が高い子どもに成長するなんていうデータもあります。

1歳前後の子どもにはカラフルで文字が少なく、手でいじってもやぶけない材質の絵本がオススメです。

触るとカシャカシャと音のなる布絵本や、わらべ歌などを聞くことができる音のなる絵本も子ども心をくすぐります。

今度のしつけに必要な、歯磨きの絵本や、お着替えの絵本もいざ子どもに教えようというときのお母さんの強い味方になりますよ。


4.衣類

子どもはすぐ汚すのでいくらあっても足りないものが服です。

プレゼントであれば少し先に着れるサイズのほうが良いでしょう。

日常使いの服はもちろんのこと、ちょっとお呼ばれに着ていけるような服や、コートなど値段がはるものは自分で買うのはもったいないなと思ってそれほど枚数は揃っていないので、頂くととってもありがたいです。

また1歳であればちょうど歩き出す時期なので、ファーストシューズをプレゼントすると記念にもなりますね。

1歳前後で着れるのがサイズで言うと80、2歳前後で着れるのが90というのが目安です。

ただ子どもによって成長がだいぶ違いますし、メーカーによっても異なります。

一度お母さんにいつものサイズや好きなメーカーなどを聞いておくと安心ですね。


5.商品金

子どもにとっても少し味気ないものでも、親御さんにとっては嬉しい贈り物ですよね。

ものを頂くのは嬉しいですが、実際自分で好きなものを選びたいというのも正直な気持ちです。

商品券は地域によって使えないものもありますので、できるだけ相手先の地域に合わせたものを選びましょう。

JCBギフトカードや百貨店商品券は比較的使えるお店が多い商品券ですよ。


6.三輪車

少し使用するのは先ですが、いづれは購入したいものです。

玩具に比べると少し高価なものなので、自分たちで買うよりはお祝いで頂いた方がうれしいところですよね。

1歳では自分では動かすことはできませんが、子どもが乗って親が後ろから押してあげると乗ることができますし、子どもの成長はあっという間なので気づけば乗れるようになっています。

ただ場所をとるものなので、相手の住まいの大きさを把握してから選びましょう。


7.食べ物

食べたら無くなるのでもらっても困らないものですよね。

1歳前後だとまだ離乳食の段階なので大人と同じものは食べられないので、子ども食べられるものがよいですね。

果物は子どもが大好きなので一番食べ物も中ではオススメです。

少し上等なお米だと子どもはもちろん大人もおいしく食べられます。

ただ食べ物はアレルギーがある場合があるので、アレルギーの有無は事前に確認しておくと良いでしょう。

初節句をみんなで祝おう

初めての節句は両親にとって喜ばしい行事の一つです。

そんな嬉しい席に少しでも喜んでもらえるような、心のこもったお祝いの参考にして下さいね。