料理の「ひとまわし」ってどの位の量なの?実は調味料によって少し変わる

料理最終更新日:2018年1月10日

よく、料理のレシピで「ひとまわし」という言葉を見ますよね。

ですが「ひとまわしってどのくらい?」と悩んだ事があるという人は多いのではないでしょうか。

ここでは、料理レシピの「ひとまわし」とはどの位かという事についてご紹介します。

1.その言葉の通り、鍋やフライパンに醤油等をひとまわし入れる事

料理レシピの「ひとまわし」がどの位の量になるのか分からないから不安で料理をする事ができないという声はよく聞かれます。

「ひとまわし」は、醤油等の調味料をその鍋やフライパンの幅に合わせてひとまわし入れる事を言います。

「さっと」等書いていない場合はひとまわしする速さは特に気にする必要はありません。

速すぎず遅すぎず、普通の速さで入れるようにしましょう。

また、ひとまわし入れる事で鍋やフライパン全体に調味料が早く馴染むという効果があります。

2.基本的にひとまわしは大さじ1杯程度

鍋やフライパンによってひとまわしの量は若干違いますが、基本的に大さじ1杯程度である事が多いです。

ですので、ひとまわし入れるのが不安な場合はまず大きな鍋やフライパンの場合は大さじ1杯入れて味を確かめてみましょう。

また、料理を作り慣れていくと大さじ1杯等のハッキリした表現よりも「ひとまわし」の方が自分で味を自由に決める事ができるので便利という事もあります。

この言葉に慣れたら、それが料理上手になったという事です。

3.醤油やお酢、油等使う調味料によって若干量が違う

ひとまわしと一言で言っても、醤油やお酢、油等使う調味料によって量が違います。

とはいえ、基本的に大さじ1杯から多少上下する程度です。

その鍋やフライパンによって若干違いますが、大さじ1杯弱、または大さじ1杯強と覚えておきましょう。

また、ひとまわしをするスピードによっても量が違います。

こう書いてしまうと余計混乱し、料理が怖くなるという人はいます。

ですが、大きく味を左右する醤油以外ならそれほど神経質になる必要はありません。

普通のスピードでその鍋やフライパンに合わせてひとまわし入れる事でレシピ通り美味しい料理になります。

少々多かった、もしくは少なかったという場合は次から気をつけるようにしましょう。

特に複雑な料理の場合、多少の失敗してしまう事もあります。

ですが、料理は失敗をしなければ成長をする事はありません。

ですので、たくさん失敗をしましょう。

たくさん失敗をするなかで「ひとまわし」をいつの間にか上手に使いこなせるようになります。

3.ふたまわしという言葉もある

料理によってはしっかりと味を付けるため、もしくは他の目的のために「ふたまわし」という言葉もあります。

「ふたまわし?どのくらい?」と混乱してしまう人もいますが、慌てる必要はありません。

「ひとまわし」が約大さじ1杯なのですから、ふたまわしは約大さじ2杯程度です。

初めての料理の場合で、醤油等濃い味の調味料を入れる場合は、まず大さじ2杯入れてみましょう。

そしてそれで美味しくなったら、次からは計らなくてもふたまわし入れてみましょう。

また、逆に味が濃くなってしまった場合はできるなら少々の水で薄める、もしくは次作る時は大さじ1杯入れ、味を整えるようにしましょう。

5.ひとまわしを使いこなせるようになるには

「ひとまわし」を使いこなせるようになると料理上手になった感じがしますよね。

ですので、早くひとまわしを使いこなせるようになりたいという人は多いです。

料理上手になるにはやはり色々な料理を毎日作る事が大切です。

毎日色々な料理を作り続けていくうちに自然と「この料理は多分このくらい調味料を入れたら大丈夫」と分かるようになります。

これが分かるようになると「この場合はひとまわし入れたら美味しくなる」と自分で味を美味しく整える事ができるようになります。

ここまで料理が上手くなるには料理を作り続けていく事が必要不可欠です。

今まで全く料理をした事が無いという人は、いきなり「ひとまわし」が出てくるレシピを使うのはやめましょう。

ここをとりあえずの最終目標にするようにしましょう。

まずは火を使わなくてもできる簡単な料理からチャレンジをして毎日料理をする事に慣れる事から始めましょう。

そこから火や包丁を使う料理に慣れていくようにしましょう。

今は料理初心者向けのサイトや本がたくさんあります。

それを参考に慣れていく事で調味料の使い方が分かるようになります。

そして、その頃には「ひとまわし」という言葉が怖くなくなります。

ひとまわしがどれくらいかを確認しておこう

料理レシピの「ひとまわし」とはどの位かという事についてご紹介しました。

その鍋やフライパン、調味料について若干違いますが、基本的にひとまわしは大さじ1杯です。

ですので、あまりひとまわしという言葉を見慣れない場合や不安な場合はまず大さじ1杯を計って入れてみるようにしましょう。

また、料理に慣れていくうちにひとまわしを上手に使いこなせるようになります。

一度使いこなせるようになればどんな料理でも美味しく作れるようになります。

 

    「料理の「ひとまわし」ってどの位の量なの?実は調味料によって少し変わる」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。