存在感が薄いのをなんとかしたい時どうすれば良いか。存在感を出す行動をしよう

人の特徴最終更新日:2018年4月28日

「ひょっとして、自分って存在感が薄い?」と悩んだ事がある人はいませんか?

存在感が薄いとなかなか多くの人に認識されずに意見を言えない等多くの悩みを抱える事になってしまいます。

ここでは、存在感が薄いことが悩みな時の対処法についてご紹介します。

1.話しやすい人に話しかける

存在感を出すためには人に話しかける事が大切です。

勇気を出して人と会話をしなければ存在感が薄いままです。

そして話しかけてもらえるのを待つだけではいけません。

ですので、話しやすそうな人に話しかけてみましょう。

特に人の話を普段から良く聞いている人は話しかけてもらう事が好きという人が多いです。

最初はよく人の話を聞いている優しい人に話しかけてみましょう。

人に話しかける勇気が無いという人は多いです。

同じ悩みを抱えているのは自分だけではありません。

そして、話しかけて欲しいと思っている人もとても多いです。

人と話す事が大好きで自分から話しかける人も、存在感が薄くて悩んでいる人もそれは一緒です。

ですので、自分から勇気を出して話しかけてみましょう。

きっと喜んであなたと会話をしてくれるでしょう。

そして会話をする回数が増える度に段々あなたに存在感が出てきます。

今、存在感がある人も最初から存在感があったわけでは無いという人が多いです。

色々な努力をして存在感を出しています。

努力無しでは存在感を出す事はできません。

努力をして人と話す事ができるようになったら色々な人と自然と会話ができるようになります。

そして、いつの間にかあなたは多くの人の間でいなくてはならない人になるでしょう。

2.姿勢を良くする

黙っていても存在感がある人、それはとても姿勢がいい人です。

姿勢がいい人はとても美しいです。

ですので、黙ったままでも存在感を出す事ができます。

猫背でだらっとした姿勢の人は目立たないので存在感が薄い事がとても多いです。

ただ、姿勢が良くても話しかけにくい雰囲気のままでは存在感があるというよりもただの気難しい人になってしまいます。

ですので、姿勢を良くする事と同時に笑顔も心がけるようにしましょう。

姿勢が良くいつもニコニコと感じがいい人は思わず自分から話しかけてみたくなります。

そんな素敵な人になる事で自然と存在感が出てきます。

3.自分の意見はしっかりと言う

存在感がある人は、例え皆の意見とは正反対だったとしても自分の意見はハッキリと言います。

そして、理路整然とどうして自分がこう思うのかを言う事ができます。

そして人を自然と説得する事もとても上手です。

ですので、存在感がある人たった一人の意見でその場の結論が正反対に代わるという事もあります。

ただ、無理に全体の意見を決める事はありません。

自分の意見をしっかりと言いますが、引いた時がいいと思う時はしっかりと引きます。

自分の意見を押し通した方がいい時とそうでない時をきちんと見分け、その場に応じた対応力があるのも存在感がある人の大きな特徴です。

存在感がある人になりたいなら、最終的にはここを目指すようにしましょう。

ただ、今まで全く自分の意見を言う事がなかった人が最初からこうなるのは難しいです。

ですので、まずはどんな事でも自分がどうしてこう思うのか短くても、拙い言葉だったとしても自分で言うようにしましょう。

人の言葉ではなく、自分の言葉で話す事が大切です。

自分できちんと考えた言葉はどんな言葉でも多くの人の心のどこかに残るからです。

最初に自分の意見を言えるようになったら、後はその回数を増やしていきましょう。

それを積み重ねるうちに人の意見も聞き自分の中に取り入れる余裕が出てきます。

余裕が出てくる頃にはあなたは存在感がしっかりとある人になるでしょう。

4.自分のために努力をして実力を付ける

存在感のある人は、自分のしたい事を堂々としている人です。

「皆がしているから」「これをしないと乗り遅れる」と誰かに合わせる事はありません。

無理して人に合わせるよりも自分のしたい事をした方がいいと自然に考える事ができます。

そして、孤独も恐れません。

それを自然とできるので、存在感があります。

また、自分のしたい事をするためには実力が無いといけないという事も分かっています。

ですので、自分のために努力を常にしています。

努力をして実力を付ける事で周りの人を説得しています。

それをたった一人でする事ができるので、多くの人から存在感が認められているのです。

ですので、存在感を出したいなら努力をしてしっかりと実力を付けるようにしましょう。

実力があればどんな時でも存在感を出す事ができるでしょう。

存在感が薄い理由を知ろう

存在感が薄いことが悩みな時の対処法についてご紹介しました。

存在感がある人は、努力をしている人でもあります。

常に誰かに話しかける努力、人に自分の実力を知ってもらうための努力をしています。

努力をせずに簡単に存在感を出す事はできません。

ですので、存在感が薄い事を自覚しているなら存在感を出すための努力をするようにしましょう。

毎日少しずつでも努力を重ねる事でいつか存在感をしっかりと出せる人になる事ができます。

 

    「存在感が薄いのをなんとかしたい時どうすれば良いか。存在感を出す行動をしよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く